特に関心度の高い製品・サービス
申込受付中 PFAS規制 最新動向ウェビナー・レポート 2022年7月15日(金)配信・発売
EnviXでは国際的に規制の強化が進んでいる「ペル/ポリフルオロアルキル物質(PFAS)」について、国際条約、北米地域および欧州地域における最新および今後の動向を報告するウェビナーの定期開催、解説レポートを定期更新しております。
申込受付中 Webラジオ 化学物質法規制トレンド情報「ケミ☆トーク」 毎月上旬放送
世界各国の化学物質法規制分野に特化してトレンド情報をお届けする、とことんマニアックなWebラジオ番組です。2022年2月より毎月1回、Zoomでのライブ放送を予定しております。放送スケジュールは「海外環境規制メルマガ(無料)」でお知らせ。
サンプル提供中 海外環境法規制モニタリング
世界中から日々膨大に発信される規制情報を専門家が選定・翻訳しお届け。経営リスク管理と業務効率改善の両立に貢献します。契約更新率97%を誇る当社基幹サービスです。
その他 規制情報を一部を無料でご提供! EnviXからのお知らせをお受け取りください。
海外環境法規制メルマガ
twitterアカウント | facebookページ | LinkedInページ | Youtubeチャンネル

日付 更新区分 内容
2022年6月1日 コラム・無料記事 中国 中国 携帯機器用電池の安全技術規則を定めた強制国家標準改正案
一部の用語・定義の改正に加えて、試験条件、一般安全要求、電池の電気安全試験、電池の環境安全試験など規定内容の大幅な改正が提案されています。
2022年5月25日 コラム・無料記事 インド インド 2016年廃電気電子機器(管理)、新規則案の意見募集を実施
インド環境森林気候変動省は2022年5月20日、現行の2016年廃電気電子機器(管理)規則を廃止して、置き換わる新しい規則案を発表し、60日間の意見募集(2022年7月19日迄)を実施している。
2022年5月25日 コラム・無料記事 フランス 仏 AGEC法・気候‐レジリエンス法に関する重要施行令
浪費防止及び循環型経済に関する2020年2月10日の法律n° 2020-105、気候変動への対策とその影響に対するレジリエンスの強化に関する2021年8月22日の法律n° 2021-1104の施行令について概要をまとめ。
2022年5月9日 コラム・無料記事 インド インド、タイヤおよびリチウムイオン・バッテリーを省エネラベル制度の任意対象製品に追加
ラベル制度は対象製品の新規追加や基準値の強化などが実施されているため、自社の製品がいつの間にか対象となっていたり、定められた性能基準を順守できていないといったことが危惧されます。
2022年3月7日 コラム・無料記事 欧州連合(EU) EU電池規則案 電池パスポート対象拡大等提案の委員会報告書草案
報告書草案は欧州委員会提案に対する議会からの修正案をまとめたもので、新たな電池分類を導入し一部要件の対象に含めるよう提案している他、電池パスポートの対象拡大やカーボンフットプリント要件の適用開始の6か月の前倒し、リサイクル効率目標・材料リカバリー目標の引き上げなども提案している。
2022年3月3日 コラム・無料記事 欧州連合(EU) EU RoHS指令見直しに向けてのイニシアティブ公表
意見提出期限は2022年3月14日、この発議の法制化予定は2022年第4四半期。
2022年2月17日 コラム・無料記事 中国 中国応急管理部、2次元コードに対応した新たな危険化学品登録システムの運用を開始
2022年2月16日、中国応急管理部は、2次元コードの作成に対応した新たな危険化学品登録システムである「危険化学品登録総合サービスシステム」の運用開始について発表した。
2022年2月7日 コラム・無料記事 米国 米NY州、特定の難燃剤含む電気電子機器などの消費者製品の販売や提供を禁止する法律が成立
NY州は15.5平方インチ以上の住宅用電子ディスプレイの筐体やスタンドにおける難燃剤の使用を禁止する米国で初めての州となり、2021年3月より同じ内容の禁止を実施しているEUを追いかけるものとなりました。
2022年2月3日 コラム・無料記事 中国 中国 危険化学品安全情報コード(二次元コード)草案を発表
中国応急管理部、2021年12月14日に意見募集稿を公表。対象となる化学品には二次元コードの貼付が必須に。
2022年1月5日 コラム・無料記事 ドイツ ドイツ新政権の環境・エネルギー政策
新政権では気候変動対策、デジタル化、格差是正の3つを重点分野に位置づけていますが、特に気候変動対策については前政権のメルケル首相と比較して、より積極的な姿勢を示しております。
2021年12月7日 コラム・無料記事 欧州連合(EU) 欧州委員会、プラスチックパッケージ政策を含む2022年作業計画を公開
6つの主要分野における32の政策的イニシアチブから構成。1つ目の主要分野「欧州グリーンディール」にはプラスチック関連の提案が盛り込まれる。
2021年10月29日 コラム・無料記事 米国 EPA、PIP(3:1) 遵守期日再延長に関する提案規則の意見公募を開始
意見提出期限は2021年12月27日。
2021年10月26日 コラム・無料記事 米国 EPA、PIP(3:1)の遵守期日を2024年10月31日に再延長へ
2021年10月21日公表。当該提案規則については、連邦官報への掲載日から60日間の意見公募が実施される。
2021年9月6日 コラム・無料記事 ドイツ ドイツ、サプライチェーンに対する企業の注意義務に関する法律を公布
自社はもちろんのこと、サプライチェーンの環境管理にまで配慮することが現在は求められる時代となりました。
2021年8月16日 コラム・無料記事 アジア諸国のPFOA規制動向
POPs条約での決定を受けて、世界各国でPFOAに対する規制が強化されつつある。アジア諸国の規制動向をまとめる。
2021年8月9日 コラム・無料記事 欧州連合(EU) 欧州気候法が成立、EUの2050年目標を法文化し、2030年目標を強化
EU域内の正味排出量を2030年までに1990年比で最低55%減らすことを拘束力ある2030年目標とし、2050年までにEU全体としての排出量を正味ゼロ、その後はマイナス排出を目指すことを規定した。
2021年7月5日 コラム・無料記事 オランダ オランダ 衣料品生産者に対する拡大製品責任(EPR)を2023年に導入へ
世界中でEPR制度はますます広がっており、その国でビジネスを展開するメーカーにとっては大きな負担になることが予想されます。
2021年7月5日 コラム・無料記事 ベトナム ベトナム 2020年環境保護法に基づく廃棄製品・包装材のリサイクル規制
新しい環境保護法のポイントの一つが、廃棄製品・包装材のリサイクルに関する規制です。従来の規制と比べて対象製品の範囲が拡大され、特に包装廃棄物が追加されています。
2021年6月24日 コラム・無料記事 バングラデシュ バングラデシュ WEEE規則(E-waste規則)を公布
本規則はE-waste関連規定に加え、特定有害物質の使用制限の要件も定める。日本語版和訳を7月下旬発売予定。
2021年6月18日 コラム・無料記事 日本 日本 2050年カーボンニュートラル達成に向け法改正
改正地球温暖化対策推進法が成立・公布
2021年6月9日 コラム・無料記事 日本 日本 サーキュラー・エコノミーの実現に向け、資源循環体制の強化へ
2021年3月9日、「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律案」が可決された。
2021年6月2日 コラム・無料記事 オランダ地方裁、シェル社にCO2排出削減命令(無料レポート配布)
本件は日本国内でも大きく報道されています。今回の判決は下級裁判所によるものにすぎませんが、注目すべきは製造者が消費者による排出まで責任を負うとする内容です。
2021年6月2日 コラム・無料記事 タイ タイ WEEE法案の最新版を公表 2021年内の成立を目指す
タイでは拡大生産者責任の原則に基づくWEEE法案がかねてから議論されており、今回の意見募集は2018年以来の実施となる。当局は、2021年内の法案成立を目指している。
2021年5月31日 コラム・無料記事 中国 中国強制国家標準 高効率規制 モーター等のエネルギー効率強化
2021年6月1日施行。IE3を満たしていないモーター等の製造・販売および調達に影響します。
2021年5月10日 コラム・無料記事 ベトナム ベトナム 再エネ電力直接売買の試験的実施案 申請方法と選定条件
この試験プログラムに選定された企業は、太陽光または風力発電事業者と直接的に取引することが可能となり、すでに韓国サムスンはベトナム政府に対して関心を表明している。

規制動向の情報収集にお困りですか?
リスク管理強化と業務効率化に貢献するソリューションをご提案します!

EnviXは世界各国の環境法規の公布・改正動向を調査・分析し、情報提供サービス「海外環境法規制モニタリング」で定期的に配信しております。その中でも環境関連法規の公布情報および改正情報などは、原典URLを付して、重点的にウォッチしております。
海外環境法規制モニタリング

下記に、本サービスで配信中の記事タイトルを抜粋して紹介しております(不定期更新)。是非とも導入をご検討ください。

海外拠点の環境リスク管理には自主監査が有効!
EnviXは適切な監査体制の導入を支援します!

企業の海外拠点に係る環境法規は多岐に亘り、ますます複雑化しています。現地担当者の知識不足が原因で、意図せずコンプライアンス違反を引き起こし、罰金や操業停止にまで至る事例が多発しています。こうした環境リスクの管理ツールとして「環境監査(自主監査)チェックシート」の導入を提案しております。
環境監査(自主監査)チェックシート

下記に「海外環境法規制モニタリング」より、違反・罰則に関する記事のタイトルを抜粋して掲載しております。合わせて導入をご検討ください。