第16回 世界環境法規制ウェビナー 2020

全10講演を3週にわたりLIVE+見逃し配信
2020年10月8日(木)より配信開始!

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年の会場セミナーではなくウェビナー形式で実施します。

お申し込み期限は10月22日(木)最終講演日まで

初めての方へ「世界環境法規制ウェビナー」のご紹介

世界各国、直近1年間の環境法規制動向をまとめてご報告します。
今年で16回目を迎える歴史あるセミナーです。

弊社EnviX(エンヴィックス)は1994年の設立以来、環境法規制分野の調査研究活動を通して、企業の環境規制担当者、経営戦略担当者にとって真に価値のある情報を提供し続けております。社内研究員と海外パートナー自らが各国の情報を日々収集、評価、選別、翻訳まで一貫して担当することで、事業者の多様な個別調査依頼にも対応しております。

「世界環境法規制セミナー」は例年秋に開催する会場全日セミナーであり、各国の直近一年間の重要な動きを振り返り、さらに最新の規制動向を解説しております。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本年はウェビナー形式で開催。3週にわたり全10講演を予定しております。

今注目すべき重要規制とは?

世界全体の環境法規制の一年間の動きの中から特に重要な変化を、弊社研究員が日々の分析業務で蓄積した知見に基づき解説します。

世界各国の規制トレンドを総まとめ

講演を通して、各国の規制トレンドを包括的に把握できるよう構成しております。受講者にとって直接担当しない国・地域についても大いにご参考ください。

LIVE+見逃し(オンデマンド)配信

例年は終日セミナー形式ですが、本年はウェビナー形式で開催します。3週にわたり全10講演を予定。オンデマンド配信(録画)も提供します。

ご質問には講師が直接回答

ウェビナー開催形式を活かし、質疑応答の時間を設け、皆さまからの疑問、質問、意見についてその場で直接お答えします。

対象受講者層・お得な割引制度

メーカーを中心に、幅広い業種から好評をいただいております

セミナーでは製品系規制と工場系規制の両方を講演対象とします。電気電子機器、自動車・自動車部品、化学品、その他メーカーをはじめ、主にメーカーを対象としております。参加者の所属部署は設計開発部、製造部、海外事業部、品質保証部や環境部、本社部門を含め様々です。

その他、エネルギー、エンジニアリング、商社、シンクタンク、産業団体など幅広い業種から好評をいただいております。規制対象の拡大から、近年では重工業、印刷、食料品、建設のお客様も増えております。

講演内容の満足度調査(2019年実施アンケート)

(同一組織より)2名以上の参加でお得な割引制度

同一組織より累計2名以上お申し込みいただくと、お2人目以降の受講費用を半額といたします。お申し込み時期が異なる場合でも、既に同一組織からのお申し込みがあれば割引を適用します。是非とも社内でお誘い合わせの上お申し込みください。

2名以上参加でお得な割引制度

なお、弊社サービス「海外環境法規制モニタリング」をご契約のお客様は優待価格をご用意しております。詳しくは「開催概要・料金」をご覧ください。

お知らせ・更新情報

更新日 更新内容
2019年8月6日(木) 特設ページ(本ページ)公開、お申し込み受付を開始
8月12日(水) 弊社代表中里より「ウェビナー開催にあたってのご挨拶」を掲載
8月13日(木) コラム「世界におけるプラスチック規制の最新動向と今後の展望」公開
8月14日(金) コラム「厳格化する中国環境法規制 - 化学物質関連法規を例に」公開
8月21日(金) コラム「中国 改正版 固形廃棄物環境汚染防止法」公開
8月24日(月) コラム「米国の包装材含有有害物質規制 - モデル法とカリフォルニア州の例」公開
8月25日(火) コラム「ラテンアメリカにおける最近の環境規制動向 - 主に化学物質、廃棄物の規制」公開
9月1日(火) コラム「東南アジア地域の環境規制動向(1)ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシア、シンガポール」公開
9月2日(水) コラム「東南アジア地域の環境規制動向(2)タイ、ラオス、ミャンマー」公開
9月7日(月) コラム「インド 直近1年間での環境規制動向」公開
9月11日(金) コラム「英国、EU離脱(ブレグジット)後の環境法規制動向」公開
9月14日(月) コラム「日米欧の化学物質規制 1年間の注目動向」公開

講演プログラム

各講演時間について。本講演45分程度、質疑応答20分程度を予定していますが、講演回により前後します。

※ 講演プログラムは現時点で予定する内容であり、一部変更する場合がございます。予めご了承ください。

Day 1: 2020年10月8日(木)

1 10:30~11:15 +質疑応答
※ 終了時間は目安

中国 新規化学物質申請登録など、変容する化学物質規制

  • 直近1年間における化学物質規制の変化の概要
  • 改正版新規化学物質環境管理弁法の解説
  • VOC規制を例に、有害物質含有規制の厳格化について


講師:EnviX研究員、中国弁護士 ユウセイ
2013年入社。中国、香港、台湾地域担当。
中国弁護士資格を保有し、日系企業への中国法律解説、紛争解決や行政対応などの法律支援実績あり。中国における環境法規制の最新情報調査・コンサルティング業務に従事し、中国環境規制セミナーを多数実施。中国における環境法規制をまとめた「中国環境法体系ガイド概観編」、「工場系編」および「製品系編」を作成、更新。中国規制当局や工業団体への環境規制動向のヒアリング実績あり。

2 14:00~14:45 +質疑応答
※ 終了時間は目安

中国 改正版 固形廃棄物環境汚染防止法の解説

  • 2020年本法の改正要点
  • 各業界に対する影響
  • 改正法の罰則の強化


講師:EnviX研究員 チンケン
2019年入社。中国担当。中国における環境法規制のコンサルティング業務に従事し、省エネ、電気電子製品有害物質(RoHS)を含む海外の環境法規制の最新情報を顧客に提供。2019年、2020年には中国における環境法規制(製品系規制および工場系規制)をまとめた「中国環境法体系ガイド」を作成。また、中国当局への環境規制動向のヒアリング実績あり。

Day 2: 2020年10月13日(火)

3 10:30~11:15 +質疑応答
※ 終了時間は目安

米国の包装材含有有害物質規制、モデル法とカリフォルニア州の例

1989年に北東部知事連合(CONEG)により起草された包装材に含まれる重金属を規制するモデル法と、このモデル法にもとづき制定されたカリフォルニア州の法律を概説。最近提案された対象物質追加の提案の動きもまとめる。


講師:EnviX副主任研究員 馬場靖代
2002年入社。米国の州レベルの製品含有物質規制を主として担当し、カリフォルニア州のプロポジション65やグリーンケミストリー法の実施規則である「より安全な消費者向け製品」規則などについて調査やセミナーを行っている。

4 14:00~14:45 +質疑応答
※ 終了時間は目安

ラテンアメリカにおける最近の環境規制動向(主に化学物質、廃棄物の規制)

  • 化学物質の管理法案の動向
  • WEEEを含む廃棄物規制の動向


講師:EnviX副主任研究員 野西正一
ラテンアメリカ担当。メーカーにて35年間勤務。内、ほぼ20年間はラテンアメリカにおける海外事業、日本からの輸出、渉外活動(業界、ロビー活動含む)に従事。ブラジルに3年間、スペインに3年間出向。主担当業務は、

  • ラテンアメリカにおける環境法規制の最新情報調査・コンサルティング業務
  • ラテンアメリカ含め米国や中国、アジア地域における環境監査支援。主に海外工場における環境コンプライアンス遵守のための環境監査チェックリストの作成、現地工場ライン、倉庫など現場実査の支援並びに改善提案

Day 3: 2020年10月15日(木)

5 10:30~11:15 +質疑応答
※ 終了時間は目安

東南アジア地域の環境規制動向(1)
ベトナム、 インドネシア、 フィリピン、 マレーシア、 シンガポール

  • ベトナム:国家化学品インベントリの作成と新規化学物質管理に関する政令案
  • ベトナム:環境保護法の改正案と企業への影響
  • インドネシア:廃棄物関連規制の改正(有害廃棄物の保管、マニフェスト、特性試験)
  • インドネシア:特定廃棄物管理規制と企業への影響
  • フィリピン:家電製品と工場の省エネ規制
  • フィリピン:化学物質規制のまとめと今後の予定
  • シンガポール:資源持続可能性法およびその下位規則の解説
  • 東南アジアのプラスチック規制の現状


講師:ベトナム現地法人E&H Consulting Co., Ltd.代表、EnviX副主任研究員 青木健次
2012年入社。入社以来一貫して東南アジア地域における環境規制、化学物質規制に関する業務を担当。日系製造業を顧客として、東南アジア諸国の環境規制の新規公布・改正が与える影響についての各種調査、コンサルティング、講演を多数実施。また官公庁案件にも複数携わり、化学物質規制に関する包括的調査、労働安全に関するワークショップの開催などの案件をマネジメントしてきた。

6 14:00~14:45 +質疑応答
※ 終了時間は目安

東南アジア地域の環境規制動向(2)
タイ、 ミャンマー、 ラオス

  • タイにおける環境規制の最新動向(最近1年間の動向をを中心に)
  • ミャンマー、ラオスの環境規制最新動向


講師:タイ現地法人Green & Blue Planet Solutions Co., Ltd. 梅山研一
エンヴィックス入社以来、10年以上にわたってアジアを中心に環境法令のリサーチ&コンサルティング業務に従事。2016年からタイ現地法人にて、日系製造業を中心に環境コンプライアンスのためのコンサルティングサポートを提供。タイ環境法規制データベース開発。公害防止管理者(水質1種)。

Day 4: 2020年10月20日(火)

7 10:30~11:15 +質疑応答
※ 終了時間は目安

世界におけるプラスチック規制の最新動向

  • 各国での使い捨てプラスチックの禁止・制限規制の最新動向
  • プラスチック規制対策が進む欧州での制度面での取組み、特に循環型経済政策との絡みなどを解説
  • 国際的な産業組織やNGO、そして先進企業のプラスチック問題への取組み
  • 生分解性プラスチックの代替品の開発など技術開発に向けた取組み


講師:EnviX主任研究員・代表取締役 中里純啓
大手石油会社及び米国系シンクタンクでの約20年の勤務を経て、エネルギー及び環境分野の政策や市場及び技術開発に関して培った専門知識や経験をベースとして、1994年にエンヴィックスを設立。
世界全体における環境法規制の動向の把握に努め、顧客からの質問や調査依頼に応え調査・コンサルティング業務に従事するとともに、業界団体向けセミナーや主催セミナーでの講演も多数実施。海外で創設した環境コンサルティング会社(JV)の経営面でのサポートなども行っている。

8 14:00~14:45 +質疑応答
※ 終了時間は目安

インドにおける直近1年間での環境規制動向(化学物質規制を中心に)

  • 化学品の管理および安全に関する規則案の紹介
  • 廃電池管理規則案の紹介
  • 製品省エネ・強制登録制度の動向


講師:EnviX研究員 山之内健吾
2015年入社。南アジア・中南米地域担当。インドにおける環境法規制の最新情報調査・コンサルティング業務に従事し、業界団体向けセミナーや主催セミナーを多数実施。2018年にはインドにおける環境法規制(製品系規制および工場系規制)をまとめた「インド環境法体系ガイド」を作成。また、現地コーディネータと伴にインド当局への環境規制動向のヒアリング実績あり。

Day 5: 2020年10月22日(木)

9 10:30~11:15 +質疑応答
※ 終了時間は目安

英国、ブレグジット後の環境法規制動向

  • 化学物質などの製品関連規制
  • 工場関連規制など


講師:EnviX上席研究員 村松悦三
主にEU、ドイツ、フランス、スウェーデン、ロシアを担当。EUにおける環境法規制の最新情報調査・コンサルティング業務などに従事。また製品関連の個別テーマ調査なども実施。

10 14:00~14:45 +質疑応答
※ 終了時間は目安

日米欧の化学物質規制 1年間の注目動向

  • POPs条約、PIC条約、バーゼル条約、水俣条約等の国内法化の動き
  • PFAS関連規制(例:REACH規則とPOPs規則でのPFAS関連物質の扱い)
  • 新規規制化物質について日米欧の規制化種別の比較


講師:EnviX研究員 石塚竹生
2016年入社。化学物質規制を中心に業務に従事。EUおよび米国、オセアニアにおける環境法規制の最新情報調査・コンサルティング業務に従事し、セミナー講演も多数実施。2017年にはオーストラリア、2018年にはEU、そして2020年(10月完成予定)には米国における環境法規制(製品系規制)をまとめた「環境法体系ガイド」を作成。オーストラリアや米国カリフォルニア州等では、当局への環境規制動向のヒアリング実績あり。2020年からは国内環境法規制モニタリングサービスを担当。

開催概要・料金

受講料

一般価格
1名のみ参加 ¥30,000(税別)
同一組織より複数名で参加 お2人目より¥15,000(税別)
複数名値引は後日追加申し込みの場合も適用します。是非ともお誘い合わせの上でご参加ください。

海外環境法規制モニタリングサービスご契約企業様向けご優待価格
1名より¥15,000(税別)
上記サービスを直接契約いただいている企業・組織に限り適用します。

提供内容

お申込者1名につき、下記の内容を提供いたします。

  • 全講演のLIVE配信視聴 + 質疑応答参加
    10月8日(木)以降のお申し込みの場合、お申し込み翌日以降よりLIVE視聴いただけます。
    質疑応答について、質問内容は講演内容に直接関わるものに限ります。
  • 全講演の見逃し配信(オンデマンド)視聴
    お好きな時間に録画を視聴いただけます。
  • 全講演資料のダウンロード
    参加者専用ページより期間中いつでも取得できます(PDFファイル)。

※ 講演毎に視聴参加者を変更することはできません。
※ その他、ご利用に際しての諸条件につきましては、お申し込みフォーム内の利用規約をご確認ください。

お申し込み方法・期限

ウェビナー形式につき国内外を問わず参加いただけます。
本ページの「Webフォーム」よりお申し込みください。
個人名義でのお申込み、弊社事業と競合関係にある組織からのお申込みはお断りすることがあります。視聴環境につきましては本項下段をご覧ください。

お申し込み期限は最終講演日の2020年10月22日(木)18時まで
見逃し(オンデマンド)配信の視聴期限は全講演につき最終講演日から2週間。

お支払い方法について

弊社より請求書を郵送後、銀行振込でお支払いいただきます(振込手数料はお客様負担)
海外の事業者の場合、請求書送付方法について別途ご連絡します。

振込期限はお申し込み月の月末締め・翌々月末払いとしております。変更のご要望はお申込みフォームの「連絡事項」より承ります。

動画配信ツールと視聴環境について

全講演「Zoom.us」で配信します。一部のお客様より、特に「Internet Explorer」をご利用の場合に、LIVE視聴ができない(オンデマンド視聴は可)との報告を多く受けております。「Zoom.us」の利用方法、動作環境について事前に確認された上でお申し込みください。お客様都合によるキャンセルはお受けしませんので、予めご了承ください。

LIVE配信と見逃し配信(オンデマンド)の視聴方法、その他お客様よりよくいただく質問についてFAQを掲載しております。

オンデマンド(見逃し)視聴のテスト用動画をご用意しております。下記リンク先のWebフォームにて登録後に再生開始します。
見逃し配信(オンデマンド)視聴テスト環境

参加規約・免責事項

当社はウェビナーおよび録画視聴の利用者を特定することができます。以下に記載する行為に該当する利用者について、当社は当該利用者の視聴を中止し、正規の受講費を請求することがあります。

  • 申し込み以外の人物による視聴。他の利用者に成りすましての視聴。
  • お申込み件数を上回る複数の機器を用いた不正な視聴。
  • ウェビナーおよび録画のコピー、配布、再配信など、当社の知的財産権を侵害する行為。
  • 当社が案内したウェビナー視聴方法および録画視聴方法を、利用者が所属する組織の内外を問わず公開・流布する行為。
  • その他、当社が不適切と判断する行為。

お申込みに際しては、以下の事項に同意いただきます。

  • 個人名義でのお申込み、当社の事業上で競合関係にある組織に所属する方のお申し込みをお断りすることがあります。
  • ウェビナーおよび録画視聴環境は利用者自身でご用意いただきます。利用者の視聴機器、通信環境、ソフトウェア、その他の利用に関わる一切について当社は責任を負いません。
  • 当社の事由により予定した講演の80%を中止・延期し、かつ振替講演を行うことができない場合、当社は利用者から受領済みの受講費の全額を30日以内に指定口座へ返金します。

お申し込みフォーム

赤色で示した箇所は必須入力項目となります。

お申し込み期限は最終講演日の2020年10月22日(木)18時まで。

お申込代表者の情報
 ― 
 ― 
お申込内容


請求書送付先住所

弊社よりお申し込みを確認後、請求書を郵送します。
海外事業者の場合は請求書送付方法について別途ご連絡します。
銀行振込(25日締め翌月末払い)としております。お支払い方法の変更等に関するご要望は下記「連絡事項」より承ります。

〒  
 ― 

連絡事項
お支払い方法の変更等に関するご要望、その他のお問い合わせや連絡事項はこちらにご記入ください。
同意事項

送信ボタン

送信ボタン押下後に、下記2点を必ずご確認ください。
完了画面が正しく表示されましたか?
自動返信メールがご指定のメールアドレス宛に送信されましたか?

問題が解消しない場合はこちらへご連絡ください。
Tel: 03-5928-0180, Mail: contact@envix.co.jp(担当:山之内)