会社概要・代表メッセージ

「お客様の経営戦略策定に真に役立つ環境・エネルギー規則関連情報」を提供する情報サービス会社として進化して参ります。

EnviXの会社情報、アクセス情報、代表メッセージです。
情報製品のご検討にあたり、当社(東京都豊島区)にお越しの上で実際の製品を手にとってご覧いただくことも可能です。お問い合わせフォームよりお申込みください。

代表メッセージ


エンヴィックスは1994年の設立以来、「環境とエネルギー分野を中心に、経営戦略策定に際し、信頼される情報を提供できるグローバルネットワーク企業」を目指して奮闘してまいりました。そして2018年現在、アフリカなど一部の国や地域を除き、ほぼ世界全地域にパートナーを擁し、現地の情報を入手し日本語でお客様にご提供できる態勢を整えてまいりました。

当社は、パートナーとして環境・エネルギー分野の専門家だけでなく、外国政府の規制策定に携わる高官からもサポートをいただいており、そうしたパートナーの数は年々増えております。また、海外の企業で働く傍ら、現地の貴重な情報を収集・選別し送ってくださるパートナーもいらっしゃいます。

今後も当社は、「お客様の経営戦略策定に真に役立つ環境・エネルギー規制&市場関連情報」を提供する情報サービス会社として進化して参ります。

2016年はじめにはタイ・バンコクにジョイントベンチャー企業を設立し、現地の情報収集・発信拠点として、また環境監査を含む環境規制コンサルティングサービスのみならず土壌浄化に係るエンジニアリングサービスを提供する拠点として、事業を展開しています。今後は、中国やベトナムでも拠点の整備拡大を計画しており、順次具体化してゆきます。

最後に当社は、「信頼される環境法規制情報」とは、現在だけでなく今後いっそう重要性を帯びると思われる規制動向や先進企業の環境戦略情報を継続的、かつ体系的に提供することであると理解し、情報の収集・作成に当たっております。そのために、常に次のことが肝要であると認識し、それらをさらに強化してゆく所存です。

  • 海外の様々な言語に対応でき、文化・政治にも深い理解と知見を有する国内スタッフを育成すること
  • 海外パートナーの拡充、特に政府の規制官やスタッフとの連携体制を強化すること
  • 既に提供しているトレンドレポートや各国別の環境法体系ガイドなど、膨大な情報を体系的に整備した情報製品の開発を強化すること
  • お客様の海外工場などの環境監査支援や国内外でのセミナー開催等を通じて、お客様のニーズの広くかつ適確に把握すること
代表プロフィール:
中里純啓(なかざと よしひろ)。アメリカ経営大学院(Thunderbird School)で国際経営修士取得。AMEC日本法人で海外環境政策や環境市場調査を多数実施。1994年にエンヴィックス社を創設、現在に至る。

会社概要

社名 エンヴィックス有限会社(EnviX, Ltd.)
» 会社パンフレット(PDFファイル、21MB)
設立 1994年3月10日
所在地・連絡先 〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目32番9号 西島ビル4階
TEL : 03-5928-0180
FAX : 03-5928-0184
代表者名 中里 純啓(Yoshihiro Nakazato)
資本金 7,600,000円
従業員数 14名
主要取引先(敬称略) 国内電気電子機器メーカー
国内自動車メーカー、自動車部品メーカー
水処理機器メーカー、重工業メーカー
産業組織(JEITA、JBMIA、電池工業会、電力中央研究所等)
主要取引金融機関 三井住友銀行、巣鴨信用金庫、大東京信用組合
主要業務 海外の環境法規制に関するリサーチ&コンサルティング
関連企業 » EnviX Asia Company Limited(タイ)

所在地・アクセス

JR山手線大塚駅南口(都電荒川線大塚駅)より徒歩2分。駅南口を出て右へ。ホテルベルクラシック東京前、コンビニエンスストア・ローソンがあるビルの4階です(印刷用地図画面)。

なお、当社へお越しいただければ、当社研究員の解説を交えつつ情報製品の実物をご覧いただけます。「お問い合わせフォーム」よりご予約ください。