TSCA PBT5物質規則 解説ウェビナー・規則和訳

PIP (3:1)の最新規制動向を中心にPBT5物質規則解説ウェビナーを開催!
TSCA第6条(h)項他を追加した規則和訳改訂版を発売!

米国の「有害物質規制法(TSCA)」の「第6条(化学物質及び混合物の優先度、リスク評価並びに規制)」の「(h)項(難分解性、生体蓄積性及び毒性を有する化学品)」に基づいて、環境保護庁(EPA)は、2021年1月6日付けの連邦官報で、5種類の「難分解性、生体蓄積性および毒性(PBT)を有する化学物質(以下、「PBT物質」と省略する)」、「当該化学物質を含有する製品(product)および成形品(article)」の製造、加工および商業的流通を禁止および制限する最終規則を公表した。当該規則の公布日は2021年1月21日で、発効日は2021年2月5日である。

最終規則は、連邦規則集(CFR)の「40 CFR Part 751(有害物質規制法の第6条に基づくある化学物質及び混合物の規則)」の「Subpart E(難分解性、生体蓄積性及び毒性を有する化学品)」に規定されている。

Subpart Eに規定されている5種類のPBT物質を下表に示す。

40 CFR セクション名 化学名
§751.405 decaBDE デカブロモジフェニルエーテル
§751.407 PIP (3:1) リン酸トリス(イソプロピルフェニル)
§751.409 2,4,6-TTBP 2,4,6-トリ-tert-ブチルフェノール
§751.411 PCTP ペンタクロロチオフェノール
§751.413 HCBD ヘキサクロロブタジエン

上表中の「PIP (3:1)」について、EPAは産業界からの「成形品中に使用するための PIP (3:1)」および「PIP (3:1)を含有する成形品」の加工および商業的流通の禁止に対する遵守期日に関する問題の提起により、最終規則に関する追加の意見募集を実施した。その結果として、「PIP (3:1)を含有する成形品およびそれらの成形品を製造するために使用されるPIP (3:1)の加工および商業的流通に適用される遵守期日」および「当該成形品の製造者、加工業者および流通業者に適用される記録保管要件の遵守期日」を2021年3月8日から2022年3月8日に延長する最終規則を公布および発効するに至っている。

なお、EPAは、2021年10月21日に「リン酸トリス(イソプロピルフェニル)(PIP (3:1))」を含有する成形品の加工および商業的流通並びに当該成形品を製造するために使用されるPIP (3:1)に適用される遵守期日を、PIP (3:1)を含有する成形品の製造者、加工業者および流通業者への関連する記録の保管要件と共に、2024年10月31日まで延長することを提案する規則を公表した。

米国TSCA PBT5物質 規則動向

弊社基幹サービス「海外環境法規制モニタリング」で配信しております米国TSCA PBT規則の一部情報をご紹介します(不定期更新)。

米国TSCA PBT規則に関する詳細情報をお求めの方は、本ページでご案内しておりますウェビナー受講、和訳を是非ともご利用ください。

2021年9月 米EPA、PIP (3:1)の遵守期日を延長する最終規則を公布および発効
米国の環境保護庁(EPA)は、2021年9月17日付け連邦官報(86 FR 51823)で、有害物質規制法(TSCA)の「第6条(化学物質及び混合物の優先度、リスク評価並びに規制)」の「(h)項(難分解性、生体蓄積性及び毒性を有する化学品)」に基づいて、「特定のリン酸トリス(イソプロピルフェニル)(以下、「PIP (3:1)」と省略する)を含有する成形品およびそれらの成形品を製造するために使用されるPIP (3:1)の加工および商業的流通に適用される遵守期日(compliance date)」および「当該成形品の製造者、加工業者および流通業者に適用される記録保管要件の遵守期日」を2021年3月8日から2022年3月8日に延長する最終規則を公布および発効した。
2021年10月 米EPA、PIP (3:1)を含有する成形品の遵守期日を2024年10月31日に再延長へ
米国の環境保護庁(EPA)は、2021年10月21日に「リン酸トリス(イソプロピルフェニル)(PIP (3:1))」を含有する成形品の加工および商業的流通並びに当該成形品を製造するために使用されるPIP (3:1)に適用される遵守期日を、PIP (3:1)を含有する成形品の製造者、加工業者および流通業者への関連する記録の保管要件と共に、2024年10月31日まで延長することを提案する規則を公表した。当該提案規則については、連邦官報への掲載日から60日間の意見公募が実施される。
2021年11月 米国EPA、水銀インベントリー報告規則に基づく報告対象者を改正する最終規則を公布
米国の環境保護庁(EPA)は、2021年11月8日付け連邦官報で、有害物質規制法(TSCA)第8条(b)項「(10) 水銀」の「(D) 報告」に基づいて、連邦規則集40 CFR Part 713(水銀の供給、使用及び取引のTSCAインベントリーのための報告要件)「§ 713.7(報告しなければならない者)」の(b)項を改正する最終規則を公布した。発効日は2021年12月8日である。具体的には、§713.7(b)項の「水銀添加製品を製造(輸入を含む)する全ての者」から免除されていた「(2) 水銀添加製品である部品(component)を含む製品の輸入のみに従事する者」が削除される。従って、該当者は、今後、水銀インベントリー報告規則に従って報告しなければならない。なお、TSCA第8条(b)項(10)は、米国が「水銀に関する水俣条約」を履行するための規定である。
米国EPA、TSCAに基づいて28種類の化学物質の重要新規利用規則の提案規則を公表
米国の環境保護庁(EPA)は、2021年11月17日付け連邦官報で、「有害物質規制法(TSCA)」の「第5条(製造及び加工の届出)」に基づいて、製造前届出の対象となった28種類の化学物質に対する「重要新規利用規則(SNUR)」の提案規則(SNUR Batch 21-2.F)を公表し、意見募集を開始した。意見提出期限は2021年12月17日である。また、新規利用が継続しているか否かを決定するための「締切日(cutoff date)」は、2021年11月17日が指定された。この日以降に重要新規利用のための化学物質の商業的製造または商業的加工を開始した者は、最終規則の発効日に当該活動を中止しなければならない。活動を再開するためには、これらの関係者が、まず適用される全てのSNUR届出要件を遵守しなければならず、EPAはTSCAの第5条に基づいて製造または加工の続行を許可する措置を講じる必要がある。
米国EPA、TSCAに基づいて5種類の化学物質の重要新規利用規則の最終規則を公布
米国の環境保護庁(EPA)は、2021年11月15日付け連邦官報で、有害物質規制法(TSCA)に基づいて、製造前届出の対象となった5種類の化学物質に対する重要新規利用規則(SNUR)の最終規則(SNUR Batch 20-10.B)を2021年11月29日に公布することを公表した。発効は2022年1月14日である。当該最終規則の5種類の化学物質は、連邦規則40 CFR Part 721(化学物質の重要新規利用)Subpart E(特定の化学物質の重要新規利用)の§ 721.11561から§ 721.11565に規定される。また、EPAは、当該最終規則を2021年11月15日にWTO/TBT(G/TBT/N/USA/1660/Add.1)通報した。当該最終規則による法的措置は、当該最終規則によって重要新規利用として指定される活動に対して、これらの5種類の化学物質の何れかの製造(輸入を含む)または加工を開始する少なくとも90日前にEPAに届出することを関係者に要求している。
2021年12月 米国EPA、TSCAに基づいて24種類の化学物質の重要新規利用規則の提案規則を公表
米国の環境保護庁(EPA)は、2021年11月15日付け連邦官報で、有害物質規制法(TSCA)に基づいて、製造前届出の対象となった5種類の化学物質に対する重要新規利用規則(SNUR)の最終規則(SNUR Batch 20-10.B)を2021年11月29日に公布することを公表した。発効は2022年1月14日である。当該最終規則の5種類の化学物質は、連邦規則40 CFR Part 721(化学物質の重要新規利用)Subpart E(特定の化学物質の重要新規利用)の§ 721.11561から§ 721.11565に規定される。また、EPAは、当該最終規則を2021年11月15日にWTO/TBT(G/TBT/N/USA/1660/Add.1)通報した。当該最終規則による法的措置は、当該最終規則によって重要新規利用として指定される活動に対して、これらの5種類の化学物質の何れかの製造(輸入を含む)または加工を開始する少なくとも90日前にEPAに届出することを関係者に要求している。
米国EPA、TSCAに基づいて45種類の化学物質の重要新規利用規則の最終規則を公布
米国の環境保護庁(EPA)は、2021年12月10日付け連邦官報(86 FR 70385)で、有害物質規制法(TSCA)に基づいて、製造前届出の対象となった45種類の化学物質に対する重要新規利用規則(SNUR)の最終規則(SNUR Batch 20-2.5e)を2021年12月27日に公布し、2022年2月8日に発効することを公表した。当該最終規則の45種類の化学物質は、連邦規則集(CFR)の「40 CFR Part 721(化学物質の重要新規利用)」の「Subpart E(特定の化学物質の重要新規利用)」の「§721.11401~§721.11403」および「§721.11514~§721.11555」に規定される。また、EPAは、当該最終規則を2021年12月14日にWTO/TBT(G/TBT/N/USA/1651/Add.1)通報した。
米国EPA、法律に基づくTSCA料金の初の調整を発表
米国の環境保護庁(EPA)は、2021年11月23日に「有害物質規制法(TSCA)」に基づく料金要件の変更を発表した。EPAは、TSCAの「第26条 管理(Administration)」の「(b) 料金(Fees)」の「(4) 料金の金額および調整;払い戻し」の(F)に基づいて、3年毎に料金を調整しなければならない。当該要件に応じて、調整は2022年1月1日に発効し、全てのTSCA料金に適用される。EPAは、「40 CFR § 700.45(料金支払い)」の「(d) 2022会計年度以降の料金」に記述されている公式に従って当該料金を調整する。2018年10月17日付け連邦官報(83 FR 52694)で公布された最終規則の公式と一致して、料金は18.9%と算出されるインフレ率で増額する。インフレ率は、2021年9月の生産者物価指数(PPI)である「348.8」を2019年1月のPPIである「293.4」で除して算出された。PPIの数値は、セントルイス連邦準備銀行のウェブサイトから抜粋した。

PIP (3:1)規制 最新動向

PIP(3:1)構造式

「リン酸トリス(イソプロピルフェニル)(以下、PIP (3:1)と省略する)」は、有害物質規制法(TSCA)の「第6条(化学物質及び混合物の優先度、リスク評価並びに規制)」の「(h)項(難分解性、生体蓄積性及び毒性を有する化学品)」に基づいて、連邦規則集(CFR)の40 CFR §751.407に規定されており、2021年3月8日以降の加工および商業的流通が禁止されている。

しかし、環境保護庁(EPA)は、2021年9月17日付け連邦官報において、有害物質規制法(TSCA)の第6条(h)項(難分解性、生体蓄積性及び毒性を有する化学品)にもとづき、「PIP(3:1)を含有する成形品およびそれらの成形品を製造するために使用されるPIP(3:1)の加工および商業的流通に適用される遵守期日」ならびに「当該成形品の製造者、加工業者および流通業者に適用される記録保管要件の遵守期日」を2021年3月8日から2022年3月8日に延長する最終規則を公布した(同日、発効)。

さらに、EPAは、2021年10月28日に「リン酸トリス(イソプロピルフェニル)(PIP (3:1))」を含有する成形品の加工および商業的流通並びに当該成形品を製造するために使用されるPIP (3:1)に適用される遵守期日を、PIP (3:1)を含有する成形品の製造者、加工業者および流通業者への関連する記録の保管要件と共に、2024年10月31日まで延長することを提案する規則を公表し、意見公募を開始した。意見提出期限は2021年12月27日である。

PIP (3:1)規制動向については下記ページでまとめております。
米国 TSCA PBT PIP (3:1)

PBT5物質規則 解説ウェビナー

本ウェビナーでは、5種類のPBT物質について、「PIP (3:1)」の最新規制動向および今後の予定を中心として、Subpart Eに関わるTSCAの条文(第3条および第6条)、PBT物質の選定根拠、PBT物質の最終規則公布までの経緯、各PBT物質の規定の内容などについて解説する。

開催概要

名称 TSCA PBT5物質 解説ウェビナー(第1回)録画視聴
TSCA第6条(h)項に基づくPBT規則の解説 – PIP (3:1)の最新規制動向を中心として
提供内容
  •  1名分の講演録画視聴権限
    • 2021年12月7日(火)収録(約140分)
    • お申込みより1ヶ月間有効、期間内の再生回数は無制限
    • 動画ファイルのダウンロード取得、講師質問は不可
  • 講演資料(PDF形式)
    • 組織内に限り共有可
価格

1名につき日本円 30,000円(税別)

» ご請求・支払い方法について

受講者特典 事前質問を受け付けます(質問方法はお申込み後に案内)。
視聴・資料受領方法

視聴方法;
本ウェビナーは「Zoom.us」で配信します。事前に「ウェビナー参加要領(Zoom.us)・免責事項」をご覧の上お申し込みください。

講演資料の配布方法:

  • (前日17時までにお申込みされた方)前日18時までにメール送付します。
  • (前日17時以降にお申込みされた方)順次送付いたしますが、LIVE配信終了後となる可能性がありますので、予めご了承ください。
お申込み・お問い合わせ お申し込みは本ページ下部の専用フォームより承ります。
お問い合わせはこちら(担当:奥田、中川)。

講演プログラム・講師紹介

講演プログラム
  1. 当社紹介
  2. 米国(連邦)における法体系
  3. TSCAの概要
  4. TSCAの第3条(定義)および第6条(化学物質及び混合物の優先度、リスク評価並びに規制)の概要
    • 第3条:製造、加工、商業的流通
    • 第6条
  5. PBT物質の選定根拠および最終規則公布までの経緯
  6. 40 CFR Part 751の概要
    • 構成
    • 用語の定義
  7. PIP (3:1)に関わる規定、最新規制動向および今後の予定
    • 2021年3月以降から現時点までの動向
    • 規定内容
    • 今後の予定
  8. PIP (3:1)以外のPBT物質の規定および今後の予定
    • 規定内容:decaBDE/ HCBD/ 2,4,6-TTBP/ PCTP
    • 今後の予定
  9. PBT物質の他国/地域における規制への影響

※講演プログラムは予告なく変更となる可能性があります。予めご了承ください。

講師紹介

エンヴィックス主任研究員 岡尾 正之

1984年に山梨大学大学院応用化学専攻修了。
同年、富士ゼロックス入社。入社後、37年間に亘って、化学物質の有害性評価および法規制調査に従事し、2021年8月に退社。在籍中は、中国、オーストラリア、ニュージーランドおよび台湾における化学物質の最新法規制動向の外部セミナーの講師実績あり。
2021年9月にエンヴィックスに入社。
「海外環境法規制モニタリング」では、米国および欧州連合の化学物質分野の記事作成を担当。特にPFASを含む有害物質の規制の記事作成に注力。また、「海外環境規制トレンドレポート」における「米国および欧州連合のPFAS」、「国際条約」および「国際がん研究機関」の執筆も担当。

PBT5物質規則 和訳

弊社では米国TSCA PBT5物質に係わる規則の日本語版和訳を販売しております。直近版を購入された方へはお求めやすい価格で更新版をご提供します。

改訂履歴:

  • 第2版 2021年10月22日(金)更新版発売
  • 第1版 2021年2月1日(月)初版発売

第2版和訳 目次

赤字:第2版での追加・改訂箇所

有害物質規制法(TSCA: Toxic Substances Control Act)

  • 第3条 定義(Section 3. Definitions)
    (3) 商業(commerce)
    (5) 商業的に流通する/商業的流通(distribute in commerce/ distribution in commerce)
    (9) 製造(manufacture)
    (13) 加工(process)
    (14) 加工業者(processor)
  • 第6条 化学物質及び混合物の優先度、リスク評価並びに規制(Section 6. Prioritization, risk evaluation, and regulation of chemical substances and mixtures)
    (h) 難分解性、生体蓄積性及び毒性を有する化学品(Chemicals that are persistent, bioaccumulative, and toxic)

連邦規則集(CFR: Code of Federal Regulations)
Title 40 環境保護(Protection of Environment)
Chapter I 環境保護庁(Environmental Protection Agency)
Subchapter R 有害物質規制法(Toxic Substances Control Act)
Part 751 有害物質規制法の第6条に基づく特定の化学物質及び混合物の規則(Regulation of Certain Chemical Substances and Mixtures Under Section 6 of the Toxic Substances Control Act)

  • サブパートA 一般規定(Subpart A – General Provisions)
    § 751.1 目的(Purpose.)
    § 751.5 定義(Definitions.)
    § 751.7 輸出及び輸入(Exports and imports.)
    § 751.9 施行 (執行)及び査察(Enforcement and inspections.)
  • サブパートE 難分解性、生体蓄積性及び毒性を有する化学品(Subpart E – Persistent, ioaccumulative, and Toxic Chemicals)
    § 751.401 総則(General.)
    § 751.403 定義(Definitions.)
    § 751.405 DecaBDE.
    § 751.407 PIP (3:1).
    § 751.409 2,4,6-TTBP.
    § 751.411 PCTP.
    § 751.413 HCBD.
製品名 TSCA PBT規則和訳(第2版)
米国TSCA PBT5物質に係わる規則 和訳
発売・更新日 2021年10月22日(金)
納品物 PDFファイル(A4判 18頁)
販売価格

20,000円(税別)
» ご請求・支払い方法について

直近版(第1版・2021年2月1日)を購入された方
申込み時にクーポンコードをご利用ください。10,000円(税別)でご提供します。クーポンコードは10月19日(火)正午、10月22日(金)正午に対象者へメールにて配布します。

ご注文・お問い合わせ お申し込みは本ページ下部の専用フォームより承ります。
お問い合わせはこちら(担当:奥田、中川)。

お申し込み・ご注文フォーム

1. お客様の情報
必須氏名
必須氏名(カナ)
必須会社名・組織名

個人名義でのお申込みは受付できません。

必須所属部署・役職
必須メールアドレス(半角)

所属組織の個人アドレスをご記入ください。
グループメール(ML)、フリーメールはお受けできません。

電話番号(半角) - -
必須同意事項
2. ご注文内容・請求書送付方法
必須ご注文内容(複数可)

ウェビナーを2名以上でお申し込みされる方は「ご意見・ご要望」欄に人数、希望者全員分の氏名とメールアドレスをご連絡ください(1名毎に受講費を申し受けます)。

クーポンコード(複数可)

クーポンコードをお持ちの方はお忘れなくご記入ください。

  • クーポンコードは直近版の和訳を購入された方に限り送付しております。前記に該当しない方への送付・公開はいたしません。
  • クーポンコードによる割引には適用範囲がございます。
    • 和訳製品の場合、弊社がクーポンコードを直接送付した会社・組織に所属する方によるお申し込みに限り割引を適用します。
  • クーポンコードが無記入の場合、その適用対象者であっても申込事後の割引はいたしかねます。
必須請求書送付方法(複数可)

郵送希望の方へ、請求書記載の宛名と郵送先が異なる場合は、郵送先情報を下記の「ご意見・ご要望」欄にお書き添えください。

必須請求書記載住所・宛名
〒   -   (半角数字)

海外からお申し込みの方へ、当社から別途ご連絡します。上記へはダミーの住所をご記入ください。

3. 連絡事項
連絡事項、ご意見・ご要望

下記の場合に記入をお願いします。

  • ウェビナーに2名以上でお申し込み(合計人数、全員の氏名とメールアドレスを記載)。
  • 請求書への記載情報と郵送先が異なる。

フォーム送信後、入力内容確認メールが自動送信されます。必ず内容をご確認ください。