米国 米国の主要規制テーマ

米国 TSCA PBT PIP(3:1)規制

米国 TSCA PBT5物質の内、PIP (3:1)について紹介する。

「リン酸トリス(イソプロピルフェニル)(以下、PIP (3:1)と省略する)」は、有害物質規制法(TSCA)の「第6条(化学物質及び混合物の優先度、リスク評価並びに規制)」の「(h)項(難分解性、生体蓄積性及び毒性を有する化学品)」に基づいて、連邦規則集(CFR)の40 CFR §751.407に規定されており、2021年3月8日以降の加工および商業的流通が禁止されている。なお、環境保護庁(EPA)は、2021年9月17日、この遵守期日を2022年3月8日に延長する最終規則を公布した。本最終規則は、同日に発行した。さらに、同年10月、遵守期日を2024年10月31日に再延長することを提案する規則を提案している。

PIP(3:1)構造式

PIP (3:1)の2021年3月以降の動向について下表に示す。

2021年3月 「ノーアクション保証(no action assurance)に関する覚書」の発行
期間:2021年3月8日~2021年9月4日(180日間)
5種類のPBT物質の最終規則に関する追加の意見募集*:
特に「成形品中に使用するための PIP (3:1)」および「PIP (3:1)を含有する成形品」の加工および流通の禁止に対する遵守期日に関して、最近、提起された問題の詳細に関する意見の募集
期間:2021年3月16日~2021年5月17日(60日間)
* 2021年3月16日付けの連邦官報(86 FR 14398)
2021年7月 「規制および規制緩和措置の2021年春の統合アジェンダ(Spring 2021 Unified Agenda of Regulatory and Deregulatory Actions)」を公表*:
「暫定最終規則(Interim Final Rule)」の公布は2021年9月を予定していることが判明
* 2021年7月30日付けの連邦官報(86 FR 41276)
2021年9月 「成形品中に使用するためのPIP (3:1)」及び「PIP (3:1)を含有する成形品」に関する最終規則(ウェブ掲載版/連邦官報掲載前版)を公表
「PIP (3:1)を含有する成形品およびそれらの成形品を製造するために使用されるPIP (3:1)の加工および商業的流通に適用される遵守期日」および「当該成形品の製造者、加工業者および流通業者に適用される記録保管要件の遵守期日」を2021年3月8日から2022年3月8日に延長する最終規則を公布および発効*
* 2021年9月17日付け連邦官報(86 FR 51823)
2021年10月 「成形品中に使用するためのPIP (3:1)」及び「PIP (3:1)を含有する成形品」に関する遵守期日を再延長する規則を公表
「PIP (3:1)を含有する成形品およびそれらの成形品を製造するために使用されるPIP (3:1)の加工および商業的流通に適用される遵守期日」および「当該成形品の製造者、加工業者および流通業者に適用される記録保管要件の遵守期日」を2022年3月8日から2024年10月31日まで延長することを提案する規則を公表
PIP (3:1)を含有する成形品の遵守期日の再延長に関する提案規則の意見公募を開始
意見公募を開始。意見提出期限は2021年12月27日

EPA、PIP(3:1)の遵守期日を延長する最終規則を公布および発効(2021年9月)

米国では2021年6月に、有害物質規制法(TSCA)の第6条(h)項に基づいて、PIP(3:1)を含む5種類の難分解性、生体蓄積性および毒性(PBT)を有する化学物質、および当該化学物質を含有する製品と成形品の製造、加工および商業的流通を禁止・制限する最終規則が公表されました。本規則は2月5日に施行され、PIP(3:1)およびPIP (3:1)含有製品/成形品は3月8日より適用が開始される予定であった。

しかし、環境保護庁(EPA)は、2021年9月17日付け連邦官報において、有害物質規制法(TSCA)の第6条(h)項(難分解性、生体蓄積性及び毒性を有する化学品)にもとづき、「PIP(3:1)を含有する成形品およびそれらの成形品を製造するために使用されるPIP(3:1)の加工および商業的流通に適用される遵守期日」ならびに「当該成形品の製造者、加工業者および流通業者に適用される記録保管要件の遵守期日」を2021年3月8日から2022年3月8日に延長する最終規則を公布した(同日、発効)。

今回の改正では、連邦規則集(CFR)の40 CFR Part 751の「§751.407 PIP (3:1)」を以下のように改正している。

  • (a)項「禁止」(2)「PIP(3:1)及びPIP(3:1)を含有する製品及び成形品の特定用途の段階的禁止」に(iii)を追加する
    (iii) 2022年3月8日以降、当該セクションの(a)項の(2)(ii)及び(b)項で規定されている場合を除いて、全ての者は、「成形品中に使用するためのPIP(3:1)」及び「PIP(3:1)を含有する成形品」の全ての加工及び商業的流通が禁止される。
  • (d)項「記録保管」の(4)を改正する
    (4) 当該セクションの(d)項の(1)の記録保管要件は、本セクションの(b)項の(1)(vi)及び(vii)に記述された活動には適用されない。また、当該セクションの(d)項の記録保管要件は、2022年3月8日まで「PIP (3:1)を含有する成形品」に適用しない。

また、EPAは、連邦官報(86 FR 51823)の「III. 当該最終規則の規定」の「B. 遵守期日の延長」で、当該最終規則に加えて、「特定のPIP(3:1)を含有する成形品」と「それらの成形品を製造するために使用されるPIP(3:1)」に対する追加の遵守期限の延長の必要性について利害関係者が意見を提出する機会を提供するために、近日中に別の「提案規則作成公示(NPRM)」を発布する計画であることも明らかにしている。
当時、EPAは、まだ、影響を受ける産業部門が2021年1月の最終規則における禁止事項を遵守するために最終的に必要とされる期間を決定するための十分な情報を得ていないため、当該追加の意見を求めるとしていた。

なお、EPAが、2021年9月3日に公表した「EPA Announces Plan for New Rulemaking on PBT Chemicals, Extends Existing Compliance Date to Protect Supply Chains」によると、EPAは、業界の意見提出者が、「サプライチェーン全体における成形品中の PIP (3:1)の具体的な用途の証拠書類」、「それらの用途の代替品を特定、試験、および適合させるために講じられた具体的なステップの証拠書類」、「更新を必要とする特定の認証の証拠書類」および「必要とされる時間の推定値」を提供することを期待しており、意見提出者からこれらの「より具体的な情報」が得られなければ、遵守期日を再度延長することはないだろうとしていた。

したがって、今回の最終規則発行による遵守期日の再延長にあたり、利害関係者から十分な具体性を伴った情報が提出されたものと考えられる。

EPA、PIP(3:1)を含有する成形品の遵守期日を2024年10月31日に再延長へ(2021年10月)

米国の環境保護庁(EPA)は、2021年10月21日に「リン酸トリス(イソプロピルフェニル)(PIP (3:1))」を含有する成形品の加工および商業的流通並びに当該成形品を製造するために使用されるPIP (3:1)に適用される遵守期日を、PIP (3:1)を含有する成形品の製造者、加工業者および流通業者への関連する記録の保管要件と共に、2024年10月31日まで延長することを提案する規則を公表した。当該提案規則については、連邦官報への掲載日から60日間の意見公募が実施される。

EPAは、何れかの産業部門が「2024年10月31日」を超える遵守期日が必要であると考える場合、連邦官報掲載前のウェブ掲載版の「III 当該提案規則の規定」の「B. 更なる遵守期日の提案について」で、更なる遵守期日の延長を立証する以下に示す具体的な情報および証拠書類を提供する意見を懇願している:

  • サプライチェーン全体の成形品中のPIP (3:1)の具体的な用途;
  • 検査された代替品の詳細および更新が必要となる具体的な認証を含む、当該用途のための代替品を特定、検査および認証取得するために必要とされる具体的な手順;
  • 代替品を特定、検査および認証取得するために必要とされる期間の推定値およびその証拠書類;および
  • 当該機器の実証された耐用年数および交換部品の保証について適用されるあらゆる規制要件の特定を含む、交換部品の具体的な必要性(need)の証拠書類

また、EPAは、「当該情報が遵守期日の延長を評価する際に使用することに対して適切な種類の情報であるか否か」および「適用すべきその他の考慮事項があるか否か」に関する意見を要請している。

EPA、PIP (3:1)を含有する成形品の遵守期日の再延長に関する提案規則の意見公募を開始(2021年10月)

米国の環境保護庁(EPA)は、2021年10月28日付け連邦官報(86 FR 59684)で、「リン酸トリス(イソプロピルフェニル)(PIP (3:1))」を含有する成形品の加工および商業的流通並びに当該成形品を製造するために使用されるPIP (3:1)に適用される遵守期日を、PIP (3:1)を含有する成形品の製造者、加工業者および流通業者への関連する記録の保管要件と共に、2024年10月31日まで延長することを提案する規則を公表し、意見公募を開始した。意見提出期限は2021年12月27日である。

参考:Regulation of Persistent, Bioaccumulative, and Toxic Chemicals Under TSCA Section 6(h); Phenol, Isopropylated Phosphate (3:1); Further Compliance Date Extension(2021年10月28日付け連邦官報:86 FR 59684)

EPA、PIP (3:1)を含有する成形品の遵守期日の再延長に関する提案規則をOMBに提出(2022年2月)

米国環境保護庁(EPA)は、2022年2月15日に「リン酸トリス(イソプロピルフェニル)(PIP (3:1))を含有する成形品」および「当該成形品を製造するために使用されるPIP (3:1)」の加工および商業的流通の禁止の適用期日を2024年10月31日に再延長する規則を、正式公表前の最終段階である省庁間審査のために行政管理予算局(OMB)に提出した。

上記の提案規則については、2021年10月28日から12月27日までの期間で意見募集を実施していた。期限までに40件のコメントが提出された。業界団体は、適用期日を成形品の商業的流通日ではなく、製造日とすることを求めている。

EnviXではPBT規則和訳の更新、解説ウェビナーの定期開催を行っております。詳細は下記ページよりご覧ください。
TSCA PBT規則和訳&解説ウェビナー

なお、弊社Youtubeチャンネルでは米国 TSCA(有害物質規制法)基礎講座(無料版)を公開しております。

セミナー・イベント情報

当社主催の米国関連セミナーをご紹介します。

規制テーマ セミナー・イベント名称 開催日
全般 世界環境法規制ウェビナー2023
EU、北米、中国、東南アジア、ラテンアメリカにおける環境規制の最新動向を総まとめする年に1度のウェビナーです。全4日間13講演、2023年10月17~26日開催。2023年12月末までオンデマンド受講可、視聴回数制限なし。
2023年10月17日
世界環境法規制ウェビナー2022(全10講演)
各国の1年間の主要規制動向を総まとめする、年に一度の弊社人気企画です。今回は第18回開催となります。規制担当者の研修・キャッチアップ、事業戦略・計画立案のための情報ソースとしてご活用ください!
2022年10月6日
無料ウェビナー ESG & コロナ時代の海外環境コンプライアンスを考える(終了) 2020年12月17日
化学物質 受付中 無料Webラジオ 化学物質法規制トレンド情報「ケミ☆トーク」
世界各国の化学物質法規制分野に特化したトレンド情報を真面目に楽しくお届けする、とことんマニアックなWebラジオ番組です。
2024年3月8日
米国TSCA PFASデータ報告規則 解説ウェビナー
約1,500件のPFAS(混合物、成形品を含む)を過去12年間に輸入・製造した事業者へデータ報告義務を規定、罰則あり。メーカーの観点で対応要件について詳細解説を行います。さらに解説レポート、最終規則和訳資料、公式ガイダンス和訳資料をただ今発売中!
2024年2月14日
プラスチック添加剤規制 最新動向報告ウェビナー/解説レポート(オンデマンド配信)
国際、欧州、北米、アジアの製造/輸出入/使用の禁止・制限が進められている化学物質について規制別/添加剤別・規制状況を報告・解説します。
2023年7月21日
PFAS規制 最新動向報告ウェビナー(オンデマンド配信)
EU REACH規則に基づくユニバーサルPFAS制限提案、米国メイン州での製品含有PFASの規制強化など、今年上期の再注目テーマであるPFAS規制動向について、弊社第4回となる報告ウェビナーを開催/解説レポートを発売します。 またPFAS規制に係る国際条例/各国・地域の法令について、初学者向けの基礎解説ガイドを順次発売します。
2023年5月30日
ビスフェノール類規制動向解説ウェビナー(オンデマンド配信)
米国、EUを中心に160種~のビスフェノール類に関する規制動向を解説!
2022年11月25日
TSCA PBT5物質規則 解説ウェビナー(オンデマンド配信)
5種類のPBT物質について、Subpart Eに関わるTSCAの条文(第3条および第6条)、PBT物質の選定根拠、PBT物質の最終規則公布までの経緯、各PBT物質の規定の内容などについて解説。
2021年12月7日

全開催履歴は下記リンクよりご覧ください。
セミナー・イベント一覧

毎年好評をいただいております「世界環境法規制セミナー(毎年秋頃開催)」に加え、不定期で専門セミナーを企画しております。セミナー開催情報は当サイトと合わせ、海外環境規制メルマガ(無料)でもご案内しております。 海外環境規制メルマガ(無料)

最新動向

米国の環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。
海外環境法規制モニタリング

下記に、本サービスで配信中の記事タイトルを抜粋して紹介しております(不定期更新)。有償サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(タイトル・記事全文は有料版で配信しております
2023年12月11日 水質汚染・水資源管理 米国 米国EPA、第一種飲料水規則の鉛および銅に関する規則を…
2023年11月26日 化学物質 米国 米国EPA、PBT規則のPIP (3:1)/decaBDEの…
2023年8月22日 省エネ全般 米国 米国:CA州、2025年建物の省エネコードに関し、8月…
2023年6月19日 化学物質 米国 米国EPA、2023年春の規制措置の統合アジェンダを公表、T…
2023年6月5日 化学物質 米国 米ワシントン州SPWAプログラム、Cycle 1の優先消費…
2023年1月16日 化学物質 米国 米国EPA、2022年秋の規制措置の統合アジェンダを公表、T…
2022年12月18日 化学物質 米国 米国EPA、TSCAに基づいて32種類の化学物質の重要新…
2022年12月13日 化学物質 米国 米ワシントン州消費者向け製品含有化学物質規制法、最初の優先製品…
2022年10月11日 化学物質 米国 米国EPA、TSCAに基づいて24種類の化学物質の重要…
2022年9月20日 化学物質 米国 米国EPA、8種類の化学物質の現行の重要新規利用規則を改…
2022年7月25日 化学物質 米国 米国EPA、2022年春の規制措置の統合アジェンダを公表、T…
2022年3月20日 化学物質 米国 米国EPA、PIP(3:1)の遵守期日を更に…
2022年3月16日 水質汚染・水資源管理 米国 米EPA、飲料水中の鉛除去支援として2000万ド…
2021年12月29日 化学物質 米国 米国EPA、2021年秋の規制措置の統合アジェンダを公表、P…
2021年12月22日 水質汚染・水資源管理 米国 米EPA、改正鉛・銅規則を発効、規制の枠組みを強化す…
2021年12月6日 化学物質 米国 米国EPA、TSCAに基づいて24種類の化学物質の重要…
2021年10月29日 化学物質 米国 米国EPA、PIP (3:1)を含有する成形品の遵守期日の再…
2021年10月25日 化学物質 米国 米国EPA、PIP(3:1)を含有する成形品の遵守期日を2…
2021年9月19日 化学物質 米国 米国EPA、PIP (3:1)の遵守期日を延長する…
2021年6月21日 化学物質 米国 米EPA、2021年春の規制アジェンダ公表 TSCA-PB…
2021年5月31日 水インフラ市場 米国 米エネルギー省、最大約7億円の連邦資金を投入し、水イ…
2021年3月17日 化学物質 米国 米国EPA、TSCAの第6条(h)に基づく5種類のPBT物質…
2021年2月10日 環境政策全般 米国 米EPA、大統領令にもとづき過去4年間の規制ア…
2021年1月9日 化学物質 米国 米国EPA、TSCAの第6条(h)に基づく5種類の…
2020年7月1日 化学物質 米国 米政府、2020年春の規制アジェン…
2019年7月9日 化学物質 米国 米EPA、改正TSCA section 6(h)にもとづ…
2014年12月16日 土壌汚染と浄化責任 米国 米Black & Veatch、テネシー州のスーパ…
2013年10月9日 クリーンエネルギー推進 米国 これから10年間に米国内の天然ガスの受給の流れの大逆転…
2012年6月29日 地球環境 米国 米連邦控訴裁、大気浄化法にもとづくEPAの…

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
米国の環境法・環境規制動向

米国の化学物質規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド 米国環境法体系ガイド 概観
煩雑な米国の法体系の整理を目的として作成されており、米国で環境規制に関わる代表的な法律を取りまとめた資料です。
2022年4月15日
法体系ガイド 米国環境法体系ガイド 工場編
米国の工場系環境法規をまとめた、事業者必携のガイドです。
2021年9月13日
法体系ガイド 米国環境法体系ガイド 製品編
膨大な法律や規則の情報から、日本の事業者に関連が大きい環境規制の要件を概説!
2020年10月6日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
化学物質 法規和訳 米国 TSCA PBT5物質に係わる規則 和訳
米国TSCA PBT5物質に係わる規則の日本語版和訳を販売しております。直近版をを購入された方へはお求めやすい価格で更新版をご提供します。
2021年10月11日
報告書 PFAS規制解説レポート
欧米のPFAS規制対応のための情報源としてご活用ください。各PFASの規制内容については、解説に必要な範囲で原文および和訳の対照表(必要に応じて草案を含む)を記載。
2021年10月11日

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。
海外環境規制トレンド・レポート

下表は米国の化学物質規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称)
化学物質 米国 緊急対処計画および地域住民の知る権利法(EPCRA)
米国 汚染防止法(PPA)
米国 有害物質排出目録(TRI)
米国 TSCA(有害物質規制法)
米国 TSCA PBT規則
米国 TSCA PBT PIP(3:1)規制
米国 PFAS規制(有害物質規制)
米国 PFOA 規制動向
米国 PFOS 規制動向
米国 プロポジション65
米国 RoHS 製品含有有害物質規制に関する州法規
米国 有害物質規制-消費者製品、分類・表示、殺虫剤・殺菌剤等

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査

コラム・無料記事

米国に関連するコラム・無料記事(不定期更新)の一覧です。

規制テーマ コラム・無料記事 更新日
化学物質 米メイン州、製品含有PFASのCUU決定に関する提案を要請
DEPはPFAS汚染防止法のもと、「現在避けられない用途(CUU)」を特定する規則策定プロセスを2024年初旬に開始する。
2024年2月7日
米国EPA、TRI報告対象のPFASに関して報告義務を強化する最終規則を公布
当該最終規則の発効日は2023年11月30日で、2024年1月1日からはじまる報告年(報告期日:2025年7月1日)から適用される。
2023年12月4日
米NY州、特定の難燃剤含む電気電子機器などの消費者製品の販売や提供を禁止する法律が成立
NY州は15.5平方インチ以上の住宅用電子ディスプレイの筐体やスタンドにおける難燃剤の使用を禁止する米国で初めての州となり、2021年3月より同じ内容の禁止を実施しているEUを追いかけるものとなりました。
2022年2月7日
EPA、PIP(3:1) 遵守期日再延長に関する提案規則の意見公募を開始
意見提出期限は2021年12月27日。
2021年10月29日
EPA、PIP(3:1)の遵守期日を2024年10月31日に再延長へ
2021年10月21日公表。当該提案規則については、連邦官報への掲載日から60日間の意見公募が実施される。
2021年10月26日
米EPA、FIFRA違反で約699万ドルの罰金を科す 2020年11月20日
米国 危険有害物質規則(HMR)の改正を公示、国際規定に調整
改正内容は主にIMDGコードやICAO技術指針、国連危険物輸送モデル規則などの危険物輸送に係わる国際規定の更新と整合性を取るものとなっている。
2020年6月1日
米EPA、CBI保護請求に不備があった場合の請求者への通知を取りやめ 2019年8月1日