米国 米国の主要規制テーマ

米国 連邦有害物質規制(TSCA)

EnviXは「米国 連邦有害物質規制(TSCA)」について、規制動向の調査報告書を作成・提供しております。「米国 連邦有害物質規制(その他)」も合わせてご確認ください。

基本情報・概要

法規・政策の名称(現地語名) 公布日・施行日等
有害物質規制法(TSCA)
Toxic Substances Control Act(TSCA)
この法律の§番号と通例使われているsection番号との対応については、製品版の報告書を参照されたい

  • TSCAワーク・プラン
    TSCA Work Plan
  • 化学物質データ報告(CDR)制度
    Chemical Data Reporting(CDR)
  • 重要新規利用規則(SNUR)
    Significant New Use Rules(SNUR)
  • 優先順位付け規則
    Procedures for Prioritization of Chemicals for Risk Evaluation Under the Toxic Substances Control Act
  • リスク評価規則
    Procedures for Chemical Risk Evaluation Under the Amended Toxic Substances Control Act
  • インベントリー規則
    TSCA Inventory Notification (Active-Inactive) Requirements
  • ナノマテリアル報告・記録保存規則
    Chemical Substances When Manufactured or Processed as Nanoscale Materials: TSCA Reporting and Recordkeeping Requirements
TSCAは1976年制定
最新改正は2016年6月22日(即日発効)

TSCAは有害物質の製造や輸入を規制する法律で、新化学物質を製造もしくは輸入する場合、または既存化学物質を重要新規利用のために製造もしくは輸入する場合の事前通知や許可取得義務のほか、化学物質の有害性情報提供義務などを定めている。

この法律は2016年6月22日に「21世紀のためのFrank R. Lautenberg化学物質安全法」によって改正された。これは1976年のTSCA制定以来40年ぶりの本格的な改正であり、有害物質規制に関する環境保護庁(EPA)の権限を強化するとともに、EPAによる既存化学物質のリスク評価等のアクションにこれまでになかった期限を設けるなどしている。

TSCAにもとづくEPAのおもな取組

化学物質の規制に関し、EPAはこれまでもTSCAにもとづいてさまざまな規制を進めてきた。これは基本的には改正TSCAにおいても変わることはない。TSCAにもとづくEPAのおもな取組は以下のとおりである。

  • TSCAワーク・プラン
    優先的にリスク評価を実施すべき化学物質をリストアップして、評価を順次実施していくプログラム。これまでに90物質がTSCAワーク・プランの対象物質としてリストアップされている。
  • 化学物質データ報告(CDR)制度
    既存化学物質リストである「TSCAインベントリー」に収載されている化学物質を一定量以上製造または輸入する者に対し、その化学物質についての情報を4年ごとにEPAに報告することを義務づけている制度。
  • 重要新規利用規則(SNUR
    TSCAのsection 5にもとづき、新規化学物質または既存化学物質をEPAの定める重要新規利用のために製造、輸入、または加工しようとする者に対し、その90日前までに重要新規利用届出(SNUN)の提出を義務づけるもので、化学物質ごとに必要に応じて定められる。EPAはしばしば、既存化学物質の規制強化のために、このSNURの制度を利用している。

 このほかにも「より安全な選択プログラム」や「ナノマテリアル報告・記録保存規則」などが挙げられる。

*

無料情報は以上となります(2018年12月1日最終更新)。本規制テーマに関する最新情報、中長期動向報告書のご要望、また個別調査等のご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

調査報告書について

EnviXでは「海外環境規制トレンド・レポート」にて本規制の動向調査報告書を提供しております。

製品名 海外環境規制トレンド・レポート
米国 連邦有害物質規制(TSCA)
動向調査報告書
発売・更新日 2018年12月
販売価格・納品物 MS Wordファイル(A4版 4~10頁程度)

報告書は下記の構成をとります。

  • バックグラウンド情報:規制の基礎情報や経緯を要約
  • 最近の動向:直近 6ヶ月~1年間の動向を時系列で記載
  • 今後の展開とスケジュール:改正動向など、信頼性の高い情報を客観的に報告・解説
  • エンヴィックスの見解と展望:弊社研究員の見解・総括

なお、本報告書は単品販売に対応しておりません。弊社情報サービス「海外環境規制トレンド・レポート」にて、

  • 年間契約(年間2回発行)
  • 単号販売
  • 地域別セット販売
  • 選択式販売(規制テーマ別報告書10点より)

の販売形態で提供しております。詳しくは下記より製品案内を御覧ください。
海外環境規制トレンド・レポート

お問い合わせ ご注文・お問い合わせはWEBフォームより承ります。

ご急ぎの際はお電話(03-5928-0180)もご利用ください。平日10~17時受付。
担当:行徳

最新動向

米国の環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。

海外環境法規制モニタリング

なお、下表は同サービスで配信した「米国 連邦有害物質規制(TSCA)」に関する情報の内、件数を大幅に削減した不定期更新のサンプルです。本サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(サンプルにつき本文は非掲載)
2019年6月 化学物質 米国 米政府の2019年春の規制アジェンダ、化学物質関連の主要事項
2019年6月 化学物質 米国 米の化学メーカー、2種類のフタル酸エステルのリスク評価をEPAに依頼
2019年5月 化学物質 米国 米連邦控訴裁、TSCAインベントリー収載物質のCBI保護が過剰ではないかとの環境NGOの訴えを一部認める
2019年5月 化学物質 米国 米TSCAインベントリーのイナクティブ指定、2019年8月5日に発効へ
2019年5月 化学物質 米国 米EPA、PMNやSNUNの届出内容を公開へ――CBI関連に注意が必要
2019年4月 化学物質 米国 米加州DTSC、連邦規則の公布を受け塩化メチレンを含む塗膜剥離製品の要件を明確にするステートメントを公表
2019年4月 化学物質 米国 米EPA、新規13化学物質について同意命令なしのSNURを公布
2019年4月 化学物質 米国 米EPA、アクティブ物質の名称についてのCBI保護請求の審査手順等を定める規則案を公表
2019年4月 化学物質 米国 米EPA、CDR規則を改正する規則案を公表
2019年3月 環境政策全般 米国 米2020会計年度予算教書発表、EPA予算は前年度比31%減
2019年2月 化学物質 米国 米EPA、PFAS行動計画を公表
2019年2月 労働(職業)安全衛生 米国 全米科学アカデミー、DODのTCE職業曝露限界等の設定方法を吟味へ
2019年2月 環境政策全般 米国 米EPAの2019会計年度歳出予算確定、前年度から微増の総額88億ドル
2019年1月 化学物質 米国 米EPA、CBI保護対象物質の一意識別子のリストを初公表
2019年1月 化学物質 米国 米EPAのTSCA関連規制、2019年の見通し
2018年11月 化学物質 米国 米EPA、改正TSCAにもとづく初のリスク評価案を公表
2018年10月 化学物質 米国 米EPA、TSCAにもとづくリスク評価の次期対象物質群の選定方法を公表
2018年8月 化学物質 米国 米EPA監察局、CDRに改善の余地ありとの報告書を公表
2018年7月 化学物質 米国 米EPA、TSCA改正2周年に際し規則・ガイダンス類を制定・公表
2018年7月 有害廃棄物 米国 米国の有害廃棄物電子マニフェスト・システム、2018年6月30日に運用開始
2018年6月 化学物質 米国 米EPAによるNMPとTCEの規制、大幅に遅れる見込み
2018年6月 化学物質 米国 米EPA、早期アクション対象となるPBT物質5種の曝露評価等についてピアレビュー会合を開催
2018年5月 化学物質 米国 米EPA、塗膜剥離剤として使用する塩化メチレンの規制、最終規則化へ
2018年5月 環境政策全般 米国 米EPA、規制の科学的透明性を強化する規則案を公表
2018年3月 企業の環境管理 米国 米のMind the Storeキャンペーン、2018年の重点目標
2018年2月 化学物質 米国 米EPA、TSCAにもとづく化学物質リスク評価について2018年の年次計画を公表
2017年10月 環境政策全般 米国 米環境保護庁、2018-2022会計年度の戦略計画案を公表
2017年9月 化学物質 米国 米マサチューセッツ大の研究所、人工ナノマテリアルのファクトシートを公表
2017年8月 化学物質 米国 米EPAの2017年規制アジェンダ、TSCA関連規制の概要
2017年8月 化学物質 米国 米EPA、ナノマテリアル報告・記録保存規則のガイダンス文書を公表
2017年6月 化学物質 米国 米EPA、複合木材製品のホルムアルデヒド排出基準を定める最終規則の遵守期日を延期
2017年6月 化学物質 米国 米EPAの新規化学物質等審査、2017年7月末までに滞貨一掃へ
2017年5月 化学物質 米国 米の化学物質輸入陳述手続きの改正が発効――電子的方法も可に
2017年5月 環境政策全般 米国 米トランプ政権、2018会計年度予算教書を議会に提出――環境保護庁予算は30%減
2017年4月 化学物質 米国 米EPA、TSCAにもとづく2件の請願を拒否――TBBPAとCPA類の試験命令に関して
2017年3月 化学物質 米国 米EPAによるPFAS類対策の取組と、適用される法律
2017年2月 化学物質 米国 米国の有害化学物質規制、TSCA改正後も州が先導の見込み――NGOが分析予測
2017年2月 化学物質 米国 米で電子的方法によるTSCA適合性陳述書提出を可能にする規則、発効日が延期
2017年2月 化学物質 米国 米の改正TSCAにもとづく10物質のリスク評価、全使用状況下での評価をおこなうか否かでステークホルダー間の意見が対立
2017年1月 化学物質 米国 米EPA、蒸気脱脂へのトリクロロエチレンの使用を禁止する規則案を公表
2016年12月 化学物質 米国 米EPA、スプレー式脱脂剤や染み抜き剤へのトリクロロエチレンの使用を禁止する規則案を公表
2016年11月 化学物質 米国 米の政権交代が改正TSCAの施行などにおよぼす影響――NGOからは懸念の声も
2016年10月 化学物質 米国 米議会にアスベスト禁止法案と食品容器へのBPA使用禁止法案
2016年10月 化学物質 米国 米EPA、改正TSCAにもとづく早期アクションの対象となるPBT物質5種類を公表
2016年10月 化学物質 米国 米EPA、CDR規則違反の日系企業と和解
2016年7月 化学物質 米国 米EPA、化学物質の重要新規利用の規制等を改正へ
2016年6月 化学物質 米国 米のTSCA改正、両院合意法案が議会を通過
2016年5月 化学物質 米国 米のCDR関連の取り締まり、ここ数年の傾向――CDR報告受付開始を前に
2016年5月 化学物質 米国 米EPA、55種類の化学物質のSNURを公布
2016年3月 化学物質 米国 米のTSCA改正、企業はいまから準備を

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
米国の環境法・環境規制動向

米国の化学物質規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 - 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
化学物質 報告書 米国 改正TSCAの概要と施行計画 2016年9月3日

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。

海外環境規制トレンド・レポート

下表は米国の化学物質規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称) 更新日
化学物質 米国 プロポジション65 2018年12月1日
米国 連邦有害物質規制(TSCA) 2018年12月1日
米国 連邦有害物質規制(その他) 2018年12月1日
米国 製品に含まれる有害物質の規制に関する州法規 2018年12月1日
米国 連邦有害物質規制(ナノマテリアル規制) 2016年12月1日
米国 グリーンケミストリー法 2015年12月1日

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査