米国環境法体系ガイド(製品編)

膨大な法律や規則の情報から、日本の事業者に関連が大きい環境規制の要件を概説!

膨大な情報量を有する米国の環境法規制情報、その中から日本の事業者に関連が大きい事項を抽出し、要点をまとめ、体系的に編纂した「米国環境法体系ガイド2020(製品編)」を作成しました。

米国の法規制情報は、法律は合衆国法典、規則は連邦規則集へと収載され、その情報が蓄積・更新されていきます。お調べになったことがある方はご存じのことと思いますが、その情報量は他の国々と比べても圧倒的に多く、英語情報といえども要点を把握することは困難を極めます。

本ガイドは、そのような困りごとの一つの解決策となるべく作成されたもので、焦点は日本の事業者に関連が大きい事項の要点を示し、さらなる詳細情報へのガイドとなることを目的としております。以下、本ガイドのポイントです。

また、コンテンツの事例や、各章の詳細な御案内は、下記の紹介動画よりご確認いただけます。

本製品の目次

第1章 総論

1-1. 米国の行政区分と基礎データ

  • 基本情報
  • 地方行政区分

1-2. 政治体制

  • 概要
  • 行政府
  • 立法府
  • 司法府

1-3. 連邦と州の所管業務-環境分野

  • 州・地方自治体
  • 連邦・州・地方政府の関係性

1-4. 法体系と法形成過程-法律・規則

  • 法体系
  • 法形成過程

1-5. 経済の特徴

  • 概要

1-6. 司法制度

1-7. 米国の環境政策

1-8. 環境規制に関係する主な組織

  • 環境保護庁(EPA)
  • 労働省(DOL)
  • 保健福祉省(HHS)
  • 消費者製品安全委員会(CPSC)
  • エネルギー省(DOE)
  • 連邦取引委員会(FTC)
  • 運輸省(DOT)
  • 連邦自動車運輸安全局(FMCSA)
第2章 化学物質

2-1. 化学物質管理の現状と問題

2-2. 化学物質管理に関する規制体系

2-3. 一般化学品規制-有害物質規制法(TSCA)

  • 法令概要
  • 新規化学物質登録(PMN等)
  • 既存化学物質のリスク評価と規制化
  • 重要新規利用規則(SNUR)
  • 化学品データ報告(CDR)
  • その他要件

2-4. 殺生物性製品・活性物質規制-連邦殺虫剤・殺菌剤・殺鼠剤法(FIFRA)

  • 法令概要
  • 規制対象となる「農薬」とは?
  • 事業者にとって重要なFIFRAの要件は?
  • 農薬の登録
  • ラベル表示
  • 施設の登録・報告
  • その他要件

2-5. 食品・医薬品・化粧品規制-連邦食品・医薬品・化粧品法 (FFDCA)

  • 法令概要
  • 食品添加物・食品接触物質
  • 化粧品
  • 環境影響の考慮

2-6. 消費者製品に係わる化学物質規制-CPSA、FHSA、PPPA、FFA

  • 消費者製品安全法 (CPSA)
  • 法令概要
  • 連邦有害物質法(FHSA)
  • 法令概要
  • 可燃性織物法(FFA)
  • 法令概要
  • 毒物予防包装法(PPPA)
  • 法令概要

2-7. 発生源での有害化学物質低減-汚染防止法(PPA)

  • 法令概要

2-8. 緊急時対応とPRTR-緊急時対応計画及び住民の知る権利法 (EPCRA)

  • 法令概要
  • 地域の緊急時対応計画を作成するための報告
  • 施設での偶発的な有害物質放出の際の緊急時報告
  • 「地域住民の知る権利」報告
  • 有毒物質排出インベントリー(TRI)

2-9. GHS-労働安全衛生法、HCS/HazCom

  • 法令概要
  • 危険有害性周知規則の構造
  • HCSの有害性分類
  • 州の管轄及び計画

2-10. 危険物輸送規制-HMR

  • 法令概要
  • 危険有害物質とは?

2-11. オゾン層破壊物質-大気浄化法(CAA)

  • 法令概要
  • 規制対象物質となるクラス1およびクラス2物質とは?
  • モントリオール議定書と米国
  • クラス1規制物質の規制
  • クラス2規制物質の規制
  • クラス1およびクラス2規制物質含有製品の取引禁止
  • オゾン層破壊物質を使用する製品のラベル表示
  • 販売規制、排出規制、回収・リサイクル、廃棄
  • 機器の保守管理、漏えい修繕
  • 重要新規代替物質政策(SNAP)

2-12. 化学物質の輸出入に関する規制

2-13. 製品含有化学物質に関係する第三者評価・認証-EPEAT、GreenScreen

  • EPEAT
  • GreenScreen

2-14. 代表的な州の化学物質規制(カリフォルニア州)

  • プロポジション65
  • グリーンケミストリー法とより安全な消費者向け製品規則
  • 包装材含有有害物質規則

2-15. よくある質問と回答

第3章 廃棄物

3-1. 廃棄物・リサイクルの現状と問題

  • 1. 有害廃棄物
  • 2. 一般廃棄物
  • 3. 米国連邦政府のE-Wasteへの取り組み

3-2. 廃棄物・リサイクルに関する法体系(RCRA)

  • 基本情報
  • 資源保全回復法(RCRA)概要
  • “Solid Waste” の定義に関する注意事項
  • 固形廃棄物の定義

3.3. 非有害廃棄物(州または地域固形廃棄物計画)

  • 廃棄物の分類イメージ
  • 非有害廃棄物の実施規則

3-4. 有害廃棄物規制に関する実施規則

  • 有害廃棄物の特定とリスト収載
  • 家庭廃棄物(household waste)
  • 有害廃棄物の発生者(Generator)
  • 発生者責任の遵守要件
  • 有害廃棄物の輸送者
  • 処理・保管・処分施設(TSDF)
  • 陸地処分(野積み)の制限
  • EPAの管理による許可プログラム:有害廃棄物許可プログラム
  • 州の有害廃棄物プログラム授権のための要件
  • ユニバーサル廃棄物管理の基準
  • ユニバーサル廃棄物
  • 混合廃棄物(mixed waste)
  • 罰則

3-5. 代表的な州の廃棄物・リサイクル規制(カリフォルニア州)

  • 有害廃棄物管理法
  • 廃電気電子機器リサイクル法
第4章 省エネルギー(機器)

4-0. 初めに

  • 連邦省エネ・プログラムの早わかり
  • エネルギースター・プログラムの早わかり
  • カリフォルニア州の省エネルギー規制の早わかり

4-1. 連邦省エネ・プログラム

  • 連邦省エネ・プログラムのこれまで、現在、そして今後
  • 連邦省エネ・プログラムに関する法規体系
  • 機器の省エネ・プログラムに関連する法典の目次と簡単な説明
  • 連邦省エネ・プログラムの概要説明

4-2. エネルギースター・プログラム

  • エネルギースター・プログラムの重要性
  • 対象機器カテゴリ
  • エネルギースター・パートナーのコミットメント(誓約事項)
  • 機器にエネルギースター・ラベルを付ける
  • 認証された機器の販売促進
  • 仕様策定・改正の基準とプロセス(How ENERGY STAR Specifications are Developed)
  • 機器の認証のプロセス(Certifying Products)
  • 機器の検証試験(Verification Testing of Products)
  • 最終仕様発行から仕様強制化までのタイムライン

4-3. カリフォルニア州の省エネルギー規制

  • 州の省エネ・節水規制と連邦の省エネ・プログラムの関係
  • 所轄官庁
  • 法規:機器の効率規則(Appliance Efficiency Regulations)
  • 規則策定及び改正
  • 各条項の概要
第5章 自動車

5-1. 自動車由来の環境汚染管理の現状と問題

5-2. 自動車に関する環境規制体系

5-3. 自動車の排ガス規制-大気浄化法(CAA)

  • 法令概要
  • 有害物質の排出基準を定める規則-参照ガイド
  • 自動車カテゴリ
  • Tier 3有害物質排出基準
  • クリーン燃料自動車の有害物質排出基準
  • カリフォルニア州の基準との関係
  • 温室効果ガス排出基準
  • 燃料規制の参照ガイド
  • 罰則

5-4. 自動車の燃費規制(CAFE基準)-連邦エネルギー政策・節約法(EPCA)

  • 法令概要
  • 燃費関連規則参照ガイド
  • 燃費規制-CAFE基準
  • 燃費ラベル
  • 罰則

5-5. 自動車用エアコン-大気浄化法(CAA)

  • 法令概要

5-6. 自動車 廃棄物

  • 有害廃棄物の範囲:アルミニウムの処理コーティングからの排水処理スラッジ
  • 自動車の廃棄物処理井

5-7. その他自動車に関連する環境規制

5-8. 代表的な州の自動車関連環境規制(カリフォルニア州)

  • 自動車の排ガス規制
  • 有害物質排出基準
  • 温室効果ガス(GHG)排出基準
  • ゼロ・エミッション自動車(ZEV)規制

5-9. よくある質問と回答

価格・お申込み

製品名 米国環境法体系ガイド(製品編)
発売・更新日 2020年10月7日
納品物 PDFファイル(全5章 A4判 約327頁)
価格

分冊での提供にも対応いたします。

  • A. 全5章一括購入 198,000円(税別)
  • B. 分冊版
    • B-1. 1章「総論」+任意の1章を選択して購入 140,000円(税別)
    • B-2. 1章「総論」+任意の2章を選択して購入 160,000円(税別)
    • B-3. 1章「総論」+任意の3章を選択して購入 180,000円(税別)
連絡先
contact@envix.co.jp
03-5928-0180(担当:石塚)