マレーシアマレーシアの環境法・環境規制動向

EnviXはマレーシアの環境規制動向を調査・研究し、環境コンプライアンスや経営・市場戦略に役立つ情報サービスを提供しております。 本ページに記載のない情報も、お気軽にお問い合わせください。

関連製品・サービス

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド マレーシア環境法体系ガイド 2017年3月1日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
廃電気電子機器 法規和訳 マレーシア 環境保全(特定廃棄物)規則2005
2005年8月15日施行。本規則はマレーシアにおける特定廃棄物管理に関する基礎資料となる。
2007年3月4日
自動車全般 - 海外エコカー政策モニタリング
エコカーに関連する政策や、政策に影響を及ぼす規制などの情報を中心に情報を提供するサービスです。新着情報メール配信とデータベースでの情報提供で、タイムリーな動向の把握と理解の促進をお手伝いします。
常時更新
水インフラ市場 - 水ビジネスジャーナル
日本で唯一の水ビジネス専門情報サービスです。Veolia、Suez、GEをはじめとする海外水企業、世界の水ビジネス市場・水政策についての動向は当サービスをご利用いただくことで迅速かつ簡潔に把握できます。
常時更新

環境規制・環境市場の最新動向

マレーシアの環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。

海外環境法規制モニタリング

なお、下表は同サービスで配信した情報の内、件数を大幅に削減した不定期更新のサンプルです。本サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(サンプルにつき本文は非掲載)
2019年11月 労働(職業)安全衛生 マレーシア マレーシア、労働環境における騒音曝露管理に関する産業実務規範を公開
2019年8月 環境政策全般 マレーシア マレーシア、公害管理および省エネに関するそれぞれの法案を検討中
2019年6月 環境政策全般 マレーシア マレーシア、環境質法の全面改正となる「環境保護法案」を公開し、意見募集を実施
2019年4月 労働(職業)安全衛生 マレーシア マレーシア、国家労働安全衛生政策を発表
2019年3月 労働(職業)安全衛生 マレーシア マレーシア、職場での騒音曝露に関する規則を公布――リスクアセスメントや聴覚検査の実施などを規定
2019年2月 環境政策全般 マレーシア マレーシアMESTECC、環境やエネルギー分野での73のイニシアチブを発表
2019年1月 廃棄物 マレーシア マレーシア、改正された廃プラスチック輸入許可の申請の承認はいまだゼロ
2018年12月 廃棄物 マレーシア マレーシア、BOTスキームによる廃棄物発電プロジェクトを推進
2018年11月 廃棄物 マレーシア マレーシア、建設固形廃棄物の管理を定める規則を公布
2018年10月 廃棄物 マレーシア マレーシア、廃プラスチックの輸入への課税を提案
2018年9月 労働(職業)安全衛生 マレーシア マレーシア、労働安全衛生に関する2つの規則の順守状況の検査結果を公表
2018年8月 廃棄物 マレーシア マレーシア、環境汚染の疑いで3社の廃プラスチック処理工場を閉鎖
2018年4月 製品設計・ラベル マレーシア マレーシア、家電製品のMEPS順守のためのガイドラインを公開
2018年3月 電池 マレーシア マレーシア、二次電池の安全基準に関するガイドラインを公表
2018年2月 製品設計・ラベル マレーシア マレーシア、家電製品のMEPS規制の実施により総額8億5000万リンギットの電気代を節約
2018年1月 自動車全般 マレーシア マレーシア、2022年までに低燃費車(EEV)の割合は80%になる見込み
2017年11月 自動車全般 マレーシア マレーシア、ELV政策の導入に向けた検討は最終段階に
2017年11月 生態系・生物多様性 マレーシア マレーシア、生物多様性の保全を目的とした「生物資源の取得と利益配分に関する法律」を公布
2017年10月 水質汚染・水資源管理 マレーシア マレーシア・ジョホール州、水質汚染対策規制の改善を中央政府に要請
2017年8月 企業の環境管理 マレーシア マレーシア、企業から賄賂を受け取った容疑で環境局の職員を逮捕
2017年7月 製品設計・ラベル マレーシア マレーシア、ナノテク使用製品に対する認証の強制化を予定
2017年4月 企業の環境管理 マレーシア マレーシアDOE、環境保全には当局の取り締まりより自主的コンプライアンスが効果的として企業の取組み促す
2017年4月 労働(職業)安全衛生 マレーシア マレーシア、労働安全衛生担当官が不足――最低でもあと9000人は必要
2017年3月 製品設計・ラベル マレーシア マレーシア運輸局、基準を満たしていない再生タイヤ工場を強制捜査
2017年3月 水質汚染・水資源管理 マレーシア マレーシア、地下水を新たな水源として検討を進める
2016年9月 廃棄物 マレーシア マレーシアで廃棄物分別に対する人々の積極的な姿勢が現れはじめる
2016年8月 自動車全般 マレーシア マレーシア、関税命令を一部改正し、対象自動車の除外規定を追加する
2016年8月 化学物質 マレーシア マレーシア、毒物法の規制対象物質の一部を改正する命令を公布
2016年5月 製品設計・ラベル マレーシア マレーシア、節水性能を示す水効率ラベルに関するガイドラインの改定第6版を公開
2016年4月 生態系・生物多様性 マレーシア マレーシア、生態系の保護を目指した包括的な生物多様性法案を検討中
2016年4月 労働(職業)安全衛生 マレーシア マレーシア、TPP協定の内容に従い2017年4月までに9つの労働法令の見直しを予定
2016年4月 その他 マレーシア マレーシア、電気製品適合証明書の取得における発行から5年を経過した試験報告書の適用を一部認める通知を公布
2016年2月 廃棄物 マレーシア マレーシア、家庭廃棄物の3R進まず――国内の廃棄物のリサイクル率はわずかに15%
2016年2月 生態系・生物多様性 マレーシア マレーシア、「国家生物多様性政策2016-2025」を発表――全17の個別目標を掲げる
2015年12月 労働(職業)安全衛生 マレーシア マレーシア・ジョホール州、2020年までに労働事故件数1000人当たり2.5件を目標に設定
2015年10月 化学物質 マレーシア マレーシア、水俣条約の規制対象である水銀に関する輸入規制を公布
2015年9月 製品設計・ラベル マレーシア マレーシア、家電製品のMEPS実施を案内する通知を公布
2015年7月 その他 マレーシア マレーシア、通信モジュールやワイヤレス機能を有する各種機器の輸入要件に関する命令を公布
2015年7月 化学物質 マレーシア マレーシア、危険物輸送の試験方法および判定基準のマニュアルに関する規格を改正
2015年7月 自動車全般 マレーシア マレーシア、バイクの排ガス基準に関する規則案を公開――2016年1月1日からの新基準への移行を予定
2015年3月 省エネ全般 マレーシア マレーシア・サラワク州の大学、グリーンビルディング・インデックスでプラチナ認証を獲得
2015年3月 廃電気電子機器 マレーシア マレーシア、廃電気電子機器規則案の動向――環境局は2018年の施行を目指す
2014年11月 化学物質 マレーシア マレーシア国立労働安全衛生研究所、ナノテクに関する規制枠組みの構築を政府に要求
2014年9月 その他 マレーシア マレーシア首相、プトラジャヤのグリーンシティへの移行を目指す
2014年9月 労働(職業)安全衛生 マレーシア マレーシア国内の電子機器産業で働く移民労働者の3分の1が強制労働を強いられているとの報告
2014年6月 大気汚染 マレーシア マレーシア、固定排出源由来の大気汚染防止に関する上位規則を改正
2014年3月 自動車全般 マレーシア マレーシア、B5バイオディーゼル燃料の使用を2014年7月から全国的に義務化
2014年3月 化学物質 マレーシア マレーシア、食品接触用陶磁器(セラミクス)に関する規則案をTBT通報
2014年2月 省エネ全般 マレーシア マレーシア政府、国家エネルギー効率行動計画(NEEAP)案を発表
2013年12月 廃電気電子機器 マレーシア マレーシア、廃電気電子機器の処分に関する政策の必要性が高まる

主要規制の中長期動向

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。

海外環境規制トレンド・レポート

下表はマレーシアの主要規制テーマに関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称) 更新日
廃電気電子機器 マレーシア WEEE規制 2015年12月1日
廃棄物 マレーシア 廃棄物規制 2018年12月1日
企業の環境管理 マレーシア 工場の環境規制 2016年6月1日

環境法体系

マレーシアに製品輸出されている企業様、あるいはマレーシアで生産活動に従事されている企業様を対象とし、環境政策全般や主な環境法規制とその枠組みを解説する法体系ガイドを販売しております。

マレーシア環境法体系ガイド

参考として、マレーシア環境法体系の基本概要を記載します。

行政権は、首相率いる内閣に付与されており、二院制の議会は上院(ドゥワン・ネガラ)と下院(ドゥワン・ラキヤット)から成る。13の州はそれぞれ州憲法、州議会と、メンテリ・ブサール(州首相)が率いる州政府を有する。国家元首は、9人の世襲制君主スルタンにより選出されたヤン・ディ・ペルトゥアン・アゴン(最高位統治者、国王)である。典型的な連邦制組織と同様、多くの分野で各州が権限を保持しているが、連邦政府は与党の政策や財政措置により、各州に対して統制権を行使することができる。

マレーシアの環境法令の基礎となる法律は、1974年に制定され、1975年に施行した1974 環境質法(Environmental Quality Act 1974、以下、EQA)」である。

この環境基本法となるEQAが1974年に制定されて以降、マレーシアの産業汚染に対する環境規制は、EQAの下で指定された個別の環境規制分野について策定された規則・命令の他、数々のガイドラインで構成されている。

また1977年以降、EQAの条項の下、これらの規則類の具体的な内容(排出基準やその他細目)が相次いで制定されてきた。具体的には、その下位規則として大気浄化規則、産業排水規則、指定廃棄物規則などが制定されるに至った。

化学物質管理については、現在は労働安全衛生法及びその下位規則が主で、これらはあくまで、労働者の保護を目的として有害化学物質を適切に管理するというものである。このような現状ではあるものの、マレーシア政府は現在、化学物質による環境及び人の健康へのリスクを最小限にするためのアプローチを模索中である(例としては、天然資源環境省が取り組んでいる環境有害物質(EHS)登録制度など)。また、包括的な化学物質管理のための基本法が未だ無いマレーシアだが、近年はそれに向けた動きも見られる。

関連会社(海外法人)について

当社のタイ拠点であるGBPは、2019年にバンコクで設立したジョイントベンチャーです。タイを中心に、ASEAN諸国での環境コンプライアンスを支援します。主な事業を次にご紹介します。

  • 土壌・地下水の調査、修復
  • 環境・労働安全衛生関連法規制対応(環境監査支援サービス)
  • 化学物質規制対応サポート(届出の代行支援など)
  • 環境担当者の教育・トレーニング研修

規制動向の最新情報の取得、現地調査、コンサルティングのご相談などもお気軽にお問い合わせください。
GBP(タイ関連会社)について

個別調査・お問い合わせ

各製品は「WEBフォーム経由」で最短同日に納品いたします。個別調査、海外現地調査もお気軽にご相談ください。