欧州連合(EU) 欧州連合(EU)の主要規制テーマ

EU RoHS指令

EnviXは「EU RoHS指令」について、規制動向の調査報告書を作成・提供しております。

基本情報・概要

法規・政策の名称(現地語名) 公布日・施行日等
電気・電子機器への特定の有害物質の使用を制限する2011年6月8日付の欧州議会及び理事会指令 2011/65/EU
DIRECTIVE 2011/65/EU OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL of 8 June 2011 on the restriction of the use of certain hazardous substances in electrical and electronic equipment
2011年7月1日官報告示
20日後に発効
2011/65/EUを改正する2017年11月15日付けの欧州議会及び理事会指令(EU)2017/2102
Directive (EU) 2017/2102 of the European Parliament and of the Council of 15 November 2017 amending Directive 2011/65/EU
2017年11月21日官報告示
20日後に発効

※その他、委員会委任指令あり

電気・電子機器への有害な物質の使用を制限する為にRoHS指令2002/95が発行され、併せてこれらの機器の回収及びリサイクル促進のためにWEEE指令2002/96/ECが発行された。これらはRoHS1指令とも呼ばれた。更には全般的な見直し(recast)により、2011/65/EUとして改めて発行され、これが一般的にRoHS2(改正RoHS指令)と呼ばれている。RoHS1はRoHS2の発効に合わせて廃止されRoHS2が現在効力を有する法律である。

発行時には、カテゴリー8&9への拡大、カテゴリー11の追加のほか、RoHS1の時代には6種類であった対象物質が追加されるかどうかが注目され、優先的に検討される物質として明記されたが、2015年6月の欧州委員会委任指令(EU)2015/863で最終的にフタレート4物質(DEHP, BBP, DBP及びDIBP)が追加された。RoHSでは含有禁止物質については定期的な見直しが必要であることが明記されており、途中の検討段階で情報が公開されることもあって、唐突に新規物質が追加されるという心配はない。一方では含有禁止物質であっても特定の条件下ではその禁止規定が免除されるという措置(いわゆる、適用除外)が継続されており、その免除期限がどこまでになるかといった点も注目していく必要がある。

RoHS指令はそのタイトルが示すとおり、化学物質そのものの使用を禁止する、若しくは登録させる規制ではなく、規制の対象を電気電子装置(EEE)に限定し、そのような製品中に特定の有害物質を含有することを禁止しようとする法律である。従ってRoHSの定義におけるEEEに該当しない製品にはそもそもRoHSは適用されない。関係者は自社が扱う製品がこのEEEの定義に合致するのかどうかを、最初に確認すべきである。鉛、若しくは六価クロムといった物質を含有している場合でも車載用に特化したものであれば、RoHSではなく類似した狙いを持っているELV指令が適用されることになり、最終用途によって適用される法律が異なるという点には注意する必要がある。

*

無料情報は以上となります(2018年12月1日最終更新)。本規制テーマに関する最新情報、中長期動向報告書のご要望、また個別調査等のご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

調査報告書について

EnviXでは「海外環境規制トレンド・レポート」にて本規制の動向調査報告書を提供しております。

製品名 海外環境規制トレンド・レポート
EU RoHS指令
動向調査報告書
発売・更新日 2018年12月
販売価格・納品物 MS Wordファイル(A4版 4~10頁程度)

報告書は下記の構成をとります。

  • バックグラウンド情報:規制の基礎情報や経緯を要約
  • 最近の動向:直近 6ヶ月~1年間の動向を時系列で記載
  • 今後の展開とスケジュール:改正動向など、信頼性の高い情報を客観的に報告・解説
  • エンヴィックスの見解と展望:弊社研究員の見解・総括

なお、本報告書は単品販売に対応しておりません。弊社情報サービス「海外環境規制トレンド・レポート」にて、

  • 年間契約(年間2回発行)
  • 単号販売
  • 地域別セット販売
  • 選択式販売(規制テーマ別報告書10点より)

の販売形態で提供しております。詳しくは下記より製品案内を御覧ください。
海外環境規制トレンド・レポート

お問い合わせ ご注文・お問い合わせはWEBフォームより承ります。

ご急ぎの際はお電話(03-5928-0180)もご利用ください。平日10~17時受付。
担当:行徳

最新動向

欧州連合(EU)の環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。

海外環境法規制モニタリング

なお、下表は同サービスで配信した「EU RoHS指令」に関する情報の内、件数を大幅に削減した不定期更新のサンプルです。本サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(サンプルにつき本文は非掲載)
2019年10月 化学物質 欧州連合(EU) EU、Oeko研究所、RoHS付属書2制限リスト追加7物質見直しとその方法論に関する公開協議開始の公表
2019年9月 化学物質 欧州連合(EU) EU RoHS、再生PVCを用いる電気、電子式窓、扉の枠部分のカドミウム及び鉛の免除に係る指令案の公表
2019年9月 化学物質 欧州連合(EU) EU RoHS、体外診断医療機器に使用されるPVCの熱安定剤としての鉛の免除に係る指令案の公表
2019年8月 化学物質 欧州連合(EU) EU RoHS、吸収式冷凍機用冷却システムの炭素鋼の耐腐食物質としての六価クロムへの適用除外指令案を意見募集
2019年7月 化学物質 欧州連合(EU) EUのRoHS指令、4種フタル酸に関する規定が適用開始
2019年4月 化学物質 欧州連合(EU) EU、エンジン用はんだに含有される鉛(カテゴリー11)に係るRoHS適用除外委任指令案の意見募集
2019年2月 化学物質 欧州連合(EU) EU、RoHS適用除外に対する科学技術進歩の見直しに係る指令が官報告示、コンデンサーなど
2018年12月 化学物質 欧州連合(EU) Oeko-Institut、RoHS物質リスト見直しや物質追加に係るコンサルテーションを実施
2018年10月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会がRoHSの評価に係るロードマップに対する意見募集を開始
2018年6月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会が鉄鋼、アルミニウム合金中の鉛に対する適用除外に係るRoHS委任指令を公表
2018年4月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会がRoHSの適用除外用途改正に関するWTO/TBT通報を実施(その2)
2017年11月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、色変換LED中のカドミウムの適用除外に関する改正指令を公布
2017年2月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会が現行のRoHS指令における中古品、スペアパーツに係る免除規定の不整合を見直す改正案を提案
2016年11月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、カドミウムと鉛に関する3件のRoHS指令適用除外提案をWTOに通報
2016年10月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、デカBDEの生産・使用を制限するEU規則ドラフトをコミトロジーに
2016年5月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、デカBDEの生産・使用を制限するREACH規則ドラフトをWTOへ通知
2016年3月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会の委託にもとづくRoHS2の免除規定に関するコンサルテーション(Pack11)
2015年11月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州化学品庁の社会経済専門委員会、ビスフェノールAの制限提案を支持しない意見で合意
2015年9月 化学物質 欧州連合(EU) EU-RoHS2の適用除外の延長を求める29件の申請が公開協議に付される――2015年10月16日が期限
2015年4月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、2014年10月以降3か月間に延長申請された既存RoHS適用免除の用途の一覧表を公表
2014年12月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会がRoHS2のもとでフタル酸エステル4種類を追加制限物質としてWTOに通知、実施ガイド策定に向けWGも動き出す
2014年11月 化学物質 欧州連合(EU) ドイツのエコロジー研究所、医療機器などで再利用されるスペアパーツについて、改正RoHSの規制対象全物質を適用除外にすべきと勧告
2014年5月 化学物質 欧州連合(EU) 英国政府高官、RoHS2指令の追加制限物質は臭素系難燃剤1種、フタル酸エステル類4種の5物質でほぼ固まったと語る
2014年3月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州の3つの医療機器事業者団体が連名でRoHS-2に関するガイドラインを発行
2012年11月 化学物質 欧州連合(EU) 改正RoHS指令に基づく新たな4つの適用除外規定案についてÖko-Institutがステークホルダーの意見募集を開始
2012年10月 化学物質 欧州連合(EU) 旧RoHSで承認されていた鉛とカドミウムの適用除外用途、正式にRoHS2のANNEX IIIに追加掲載
2012年6月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会の委託を受けてÖko-Institut社、RoHS2の適用除外基準に照らして11件の適用除外用途を公表――募集期限は2012年9月4日
2012年4月 化学物質 欧州連合(EU) RoHS2の追加影響評価研究の第二回利害関係者会議が開催、第三回は5月に予定、他英BISによる国内実施に関する公開協議
2012年4月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会の科学諮問組織がナノシルバーの安全性評価のための情報を公募
2012年4月 化学物質 欧州連合(EU) ORGALIME、RoHS2のFAQ案に対する見解を公表――新たに適用対象となる製品及びカテゴリー8・9について
2012年2月 化学物質 欧州連合(EU) 化学規制分野で世界を主導へ――欧州化学品庁トップが会見で意向表明
2011年11月 化学物質 欧州連合(EU) RoHS・WEEE指令に関するTACの議題概要――RoHS2のFAQは2012年中頃までに準備
2011年10月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、RoHS-2指令で新規に追加された製品や新規に除外された製品に関する意見募集を開始、期限は2012年1月6日
2011年7月 化学物質 欧州連合(EU) EUのRoHS改正法が7月1日付け官報で公告
2011年5月 化学物質 欧州連合(EU) 5月27日に欧州閣僚理事会が合意し改正RoHS指令が近く公布、太陽光パネルと大型固定式産業機器は適用除外
2010年12月 化学物質 欧州連合(EU) 環境閣僚理事会、欧州議会承認のRoHS指令修正版を承認せず、最終採択は5月以降へ
2010年11月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州議会採択のRoHS指令改正案、適用除外の基準、有効期限、更新に関する概要
2010年10月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州理事会が欧州議会提案の37物質の優先検討禁止物質リストを拒否で第1読会での合意は困難に
2010年9月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、RoHS適用除外用途3件について継続の要否に関する公開協議開始
2010年8月 化学物質 欧州連合(EU) WEEE/RoHS改正案の最終修正版の採択は2011年1月以降の見通し――議会は10月21日の本会議で票決目指す
2010年5月 化学物質 欧州連合(EU) パソコン大手4社が臭素系難燃剤とPVCの使用禁止を要求、RoHS指令改正で
2010年4月 化学物質 欧州連合(EU) 一層の化学物質禁止は費用が便益を上回る、欧州議会RoHS指令改正案の影響評価
2010年4月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、回路コンデンサや半導体用のPZT利用誘電体セラミックス材料のRoHS適用除外に関する意見募集を開始
2010年2月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、RoHS適用除外リスト見直しの一環として、色変換LEDのカドミウム利用を適用除外に決定

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
欧州連合(EU)の環境法・環境規制動向

欧州連合(EU)の化学物質規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド EU環境法体系ガイド2018(製品編)
英語情報とはいえ、その情報量の多さ、複雑さ、活発な動向から、体系的な把握が難しいEUの環境法体系を把握する一助となるよう作成されたガイドとなります
2018年10月17日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
化学物質 法規和訳 ECHA SCIPデータベースの詳細な情報要件とFAQ
欧州化学品庁(ECHA)2019年9月9日公表。2021年1月5日以降SCIPへ提供を義務付けられる情報の要件について。
2019年10月1日
法規和訳 殺生物性製品(BPR)改正規則(EU)No 334/2014 2014年5月14日
法規和訳 製品の市場での入手と使用に係る規則(EU) No 528/2012 (BPR)に対するECHAガイダンス文書Ver 1.0 2013年11月13日
法規和訳 EU殺生物性製品規則(BPR)の「処理されたアーティクル」に関する問答集(FAQ)改訂版 2013年11月13日
法規和訳 殺生物性製品認可の「変更/修正」に関する欧州委員会実施規則(EU)No354/2013の解説ガイド 2013年5月9日
法規和訳 EU改正殺生物性製品規則(EU)No 528/2012の「解説書―日本のアーティクル製造者の為の法規解釈」 2013年4月22日
法規和訳 EU・殺生物性製品規則(BPR)の“処理されたアーティクル”に関する問答集(FAQ)日本語版 2013年3月5日
法規和訳 改正RoHS(RoHS2)の問答集(FAQ)、欧州委員会が12月12日に改訂発行 2013年1月9日
法規和訳 EU-RoHS2に関する問答集(FAQ)-和訳 2012年8月24日
法規和訳 EU:欧州委員会による「WEEE指令・RoHS指令改正案・Q&A」-日本語訳&修正ポイント 2009年2月13日

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。

海外環境規制トレンド・レポート

下表は欧州連合(EU)の化学物質規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称) 更新日
化学物質 EU REACH規則 2018年12月1日
EU CLP規則 2018年12月1日
EU 殺生物性製品規則(BPR) 2018年12月1日
EU RoHS指令 2018年12月1日
EU ナノマテリアル規制 2016年6月1日

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査