欧州連合(EU) 欧州連合(EU)の環境法規制情報

EU改正殺生物性製品規則(EU)No 528/2012の「解説書―日本のアーティクル製造者の為の法規解釈」

EU改正殺生物性製品規則(EU)No 528/2012
「解説書―日本のアーティクル製造者の為の法規解釈」(全40ページ)を発売開始

製品概要:

2012年5月に改正されたEUの《殺生物性製品規則(EU)No 528/2012》では、従来の殺生物性製品指令から加盟国に直接効力を及ぼす規則(Regulation)へと法律の形を変えるとともに、アーティクルを対象とするという大規模な改正が行われました。アーティクルが対象となったことにより、REACH規則と同様、化学品業界だけでなく電気製品をはじめとした広範囲にわたる業種において対応が求められることとなりました。

この殺生物性製品規則が電気電子機器製品やその他様々な製品類に及ぼす影響が大きいことから、関係者が本規則を的確に理解できるようサポートすべく、エンヴィックスでは昨年末に欧州委員会が発行した「“処理されたアーティクル”に関する問答集(FAQ)日本語版」を販売しております。しかし、このFAQだけでは依然理解し難い本規則についてより理解を深めるための解説書を、村越茂富氏(京都技術法規サービス合同会社)による協力を得て、販売するに至りました。

本解説書では、処理されたアーティクルを中心として、新たに殺生物性製品規制の対象となる電気電子機器メーカーを想定し、その規制への対応方法の解説を試みたものです。なお、これらの解説の細部は公式文書では明確化されていない、筆者の専門的知見によるものもいくつか含まれていることをご承知おきください。また、主としてアーティクルを扱う企業の対応を想定しているため、主に化学薬品などの専門業界の方に限定されると考えられる手続きや現地当局者に係わる部分の解説は最小限にとどめています。

目次:

【目次】
1. 序論
1.1. 概説
1.1.1. 今、殺生物性製品を上市する上でどんな影響があるのか?
1.1.2. 想定される読者
1.1.3. エグゼクティブ・サマリー
1.1.4. 判定の為のフロー
1.1.5. 個別要求と経過措置
1.2. 規則の「前文」
1.2.1. その位置づけ
1.2.2. ポイントとなる事柄
2. 共通
2.1. 用語の定義と適用範囲
2.1.1. 用語の定義
2.1.2. 適用外となる製品
3. 応用
3.1. 活性物質とその承認
3.1.1. 承認の条件
3.2. 殺生物性製品とその認可
3.2.1. 認可の手続き(全般)
3.2.2. 認可の条件(全般)
3.2.3. 認可申請時の添付文書
3.2.4. 認可の条件(使用に関する適切な情報の提供)
3.2.5. 簡易認可手続き
3.2.6. 認可後、上市までの手続き
3.3. 処理されたアーティクルとその上市
3.3.1. ラベル表示要求
3.3.2. ラベルの表示場所、耐久性
3.4. 経過措置等
3.4.1. 新たに対象となる殺生物性製品への経過措置
3.4.2. 処理されたアーティクルへの経過措置
3.5. 域外事業者への間接的影響
3.5.1. 要求事項の順守(殺生物性製品)
3.5.2. 包装及びラベリング要求(殺生物性製品)
3.5.3. 広告における制限(殺生物性製品)
4. 参考
4.1. BPR第2条1項で言及される殺生物性製品の型式分類
メイングループ 1: 消毒剤
メイングループ 2: 保存(防腐)剤
メイングループ 3: 有害生物の駆除剤
メイングループ 4: その他の殺生物性製品
4.2. 指令98/8/ECの付属書Ⅰに収載される活性物質
4.3. どんなところで使われるか?

  • 製品名:
    EU改正殺生物性製品規則(EU)No 528/2012の「解説書‐日本のアーティクル製造者の為の法規解釈」
  • 提出物:
    日本語版:PDFファイル(A4判40ページ)
    *申し込みいただき次第、即日の納品が可能です。
  • 価格:
    28,000円(税別)
  • 申込先:
    contact@envix.co.jp(担当:中里)

関連製品

EnviXは欧州連合(EU)の環境法・環境規制動向を日々調査し、企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
欧州連合(EU)の環境法・環境規制動向

欧州連合(EU)の化学物質規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド EU環境法体系ガイド2018(製品編)
英語情報とはいえ、その情報量の多さ、複雑さ、活発な動向から、体系的な把握が難しいEUの環境法体系を把握する一助となるよう作成されたガイドとなります
2018年10月17日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
化学物質 法規和訳 ECHA SCIPデータベースの詳細な情報要件とFAQ
欧州化学品庁(ECHA)2019年9月9日公表。2021年1月5日以降SCIPへ提供を義務付けられる情報の要件について。
2019年10月1日
法規和訳 殺生物性製品(BPR)改正規則(EU)No 334/2014 2014年5月14日
法規和訳 製品の市場での入手と使用に係る規則(EU) No 528/2012 (BPR)に対するECHAガイダンス文書Ver 1.0 2013年11月13日
法規和訳 EU殺生物性製品規則(BPR)の「処理されたアーティクル」に関する問答集(FAQ)改訂版 2013年11月13日
法規和訳 殺生物性製品認可の「変更/修正」に関する欧州委員会実施規則(EU)No354/2013の解説ガイド 2013年5月9日
法規和訳 EU改正殺生物性製品規則(EU)No 528/2012の「解説書―日本のアーティクル製造者の為の法規解釈」 2013年4月22日
法規和訳 EU・殺生物性製品規則(BPR)の“処理されたアーティクル”に関する問答集(FAQ)日本語版 2013年3月5日
法規和訳 改正RoHS(RoHS2)の問答集(FAQ)、欧州委員会が12月12日に改訂発行 2013年1月9日
法規和訳 EU-RoHS2に関する問答集(FAQ)-和訳 2012年8月24日
法規和訳 EU:欧州委員会による「WEEE指令・RoHS指令改正案・Q&A」-日本語訳&修正ポイント 2009年2月13日

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。

海外環境規制トレンド・レポート

下表は欧州連合(EU)の化学物質規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称) 更新日
化学物質 EU REACH規則 2018年12月1日
EU CLP規則 2018年12月1日
EU 殺生物性製品規則(BPR) 2018年12月1日
EU RoHS指令 2018年12月1日
EU ナノマテリアル規制 2016年6月1日

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査