欧州連合(EU) 欧州連合(EU)の主要規制テーマ

EU ナノマテリアル規制

EnviXは「EU ナノマテリアル規制」について、規制動向の調査報告書を作成・提供しております。

基本情報・概要

法規・政策の名称(現地語名) 公布日・施行日等
ナノ形状に対応するために規則No(EC) No 1907/2006附属書I、III、VI、VII、VIII、IX、X、XIおよびXIIを改正する2018年12月3日付け欧州委員会規則(EU)2018/1881
Commission Regulation (EU) 2018/1881 of 3 December 2018 amending Regulation (EC) No 1907/2006 of the European Parliament and of the Council on the Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicals (REACH) as regards Annexes I, III,VI, VII, VIII, IX, X, XI, and XII to address nanoforms of substances
2011年10月18日、欧州委員会勧告により定義を公表
2018年12月4日、改正規則公布

ナノマテリアルの扱いに関するEUレベルやEU加盟国の基本的方向性は、「予防原則」の立場から≪自由な利用からリスクの規制へ≫の流れとなっている。もっとも、EUレベルではまだ、枠組み的な規制体系が存在しないが、欧州委員会(ホームページ)によると、REACH規則は、物質それ自体、混合物中またはアーティクル中の物質の製造、上市及び使用に適用される広範な規制であり、たとえナノマテリアルに関する明確な参照がなくとも、ナノマテリアルは、REACHにおける物質の定義に従って対象とされるという。

さらに殺生物性製品に関する規則(EU)No528/2012に従うと、処理された成形品へのラベル表示では、殺生物性製品中に含まれるすべてのナノマテリアルの名称が記載されなければならない。

欧州委員会、ナノマテリアルの定義改定を2020年まで延期

欧州委員会が2019年2月末、ナノマテリアルの定義に関する勧告書の改定を再び延期した。改定案の作成を、11月1日発足予定の次期欧州委員会の手に委ねる。そのため、公開協議も2020年以降になる。ナノマテリアルの新たな定義に関する初めての公開協議は2017年に予定より3年遅れで開始されていた。公開協議後、内容を反映した改正案が出されると見込まれていたが、今回、2020年以降へ再び延期する意向が示され、新たな体制となる次の欧州委員会の手に委ねられることとなった。

ナノマテリアルに関する情報プラットフォーム「EUON」

2018年6月12日、欧州化学品庁(ECHA)は、ナノマテリアルに関する情報プラットフォームである「EUON」を更新し、2つのナノマテリアルに関するデータベースが追加されたことをプレスリリースにて公表した。一つは「NanoData」。ナノマテリアルに関する組織、製品、各種指標、関連規制などをセクター別、国別等に分けて整理している知識の集積所である。もう一つは「eNanoMapper」。ナノマテリアルの毒性情報のデータベースとなる。プロジェクト、ナノマテリアルの種類、毒性など多様な条件から検索・絞り込みができる仕様となっている。

*

無料情報は以上となります(2016年6月1日最終更新)。本規制テーマに関する最新情報、中長期動向報告書のご要望、また個別調査等のご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

調査報告書について

EnviXでは「海外環境規制トレンド・レポート」にて本規制の動向調査報告書を提供しております。

製品名 海外環境規制トレンド・レポート
EU ナノマテリアル規制
動向調査報告書
発売・更新日 2016年6月
販売価格・納品物 MS Wordファイル(A4版 4~10頁程度)

報告書は下記の構成をとります。

  • バックグラウンド情報:規制の基礎情報や経緯を要約
  • 最近の動向:直近 6ヶ月~1年間の動向を時系列で記載
  • 今後の展開とスケジュール:改正動向など、信頼性の高い情報を客観的に報告・解説
  • エンヴィックスの見解と展望:弊社研究員の見解・総括

なお、本報告書は単品販売に対応しておりません。弊社情報サービス「海外環境規制トレンド・レポート」にて、

  • 年間契約(年間2回発行)
  • 単号販売
  • 地域別セット販売
  • 選択式販売(規制テーマ別報告書10点より)

の販売形態で提供しております。詳しくは下記より製品案内を御覧ください。
海外環境規制トレンド・レポート

お問い合わせ ご注文・お問い合わせはWEBフォームより承ります。

ご急ぎの際はお電話(03-5928-0180)もご利用ください。平日10~17時受付。
担当:行徳

最新動向

欧州連合(EU)の環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。

海外環境法規制モニタリング

なお、下表は同サービスで配信した「EU ナノマテリアル規制」に関する情報の内、件数を大幅に削減した不定期更新のサンプルです。本サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(サンプルにつき本文は非掲載)
2019年6月 化学物質 北欧4カ国、ナノマテリアル情報を集約したウェブeReachNanoの運用を開始
2019年4月 化学物質 フランス 仏ANSES、ナノサイズ粒子の二酸化チタンの吸入に関する基準慢性毒性値を勧告
2019年3月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、ナノマテリアルの定義改定を2020年まで延期
2018年11月 化学物質 ノルウェー、化学品の電子申告を義務化する改正製品登録制度規則を施行
2018年3月 化学物質 スイス スイス、生体内持続性ある繊維状、チューブ状ナノマテリアルに新たに報告義務
2017年10月 化学物質 フランス 仏NGOが菓子類18種を検査、二酸化チタンが含まれていることを問題視
2017年8月 化学物質 欧州連合(EU) EU、ナノマテリアルの理解を深めるNANoREGプロジェクトの報告書を公表
2017年6月 化学物質 スウェーデン、製品登録時にナノマテリアルの情報を要求する規則案を欧州委員会に通知
2017年5月 化学物質 フランス 仏政府、食料品におけるナノマテリアルのラベリングに関する省令を発出
2017年1月 化学物質 フランス 仏環境省、ナノマテリアルの年次申告に関する2016年次報告書を公表
2016年9月 環境政策全般 ドイツ ドイツ環境省、「2030年総合環境政策」を発表――30年までの重点政策分野を確定
2016年5月 化学物質 イギリス 英国UKNSG、ナノマテリアルの安全な取り扱いのためのガイダンス第2版を発行
2016年4月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、ナノマテリアルの登録強制を避け、情報サイト開設へ、NGOは反発
2016年1月 化学物質 デンマーク環境省、ナノ製品登録制度への報告義務に伴う企業の管理経費を推計
2015年12月 化学物質 スウェーデン化学品庁、ナノマテリアルの報告義務を企業に課す案を政府に提出
2015年12月 化学物質 デンマーク環境庁、ナノマテリアルの皮膚接触よりも経口吸入のほうがリスク大きい
2015年12月 化学物質 オランダ オランダ研究機関、医療機器へのナノテクノロジー利用が今や成長トレンドと報告
2015年5月 化学物質 スウェーデン、国家ナノ製品登録制度を創設する法案を12月1日までに作成
2014年12月 化学物質 スイス スイス、ナノマテリアル安全利用行動計画を2019年末まで延長して続行
2014年12月 化学物質 スイス スイスEMPA、「ナノ製品の持続可能な競争力に関するガイドライン」を発行
2014年10月 化学物質 ドイツ ドイツ環境庁、太陽放射が二酸化チタンナノマテリアルの生態毒性に強く影響と結論
2014年7月 化学物質 ドイツ ドイツ連邦環境庁、ナノオブジェクトの最少作用量として0.1mg/m3を提案
2014年6月 化学物質 デンマーク、ナノマテリアル含有消費者向け製品の登録開始――消費者や環境への影響探る
2014年3月 化学物質 ドイツ ドイツ、欧州ナノ製品登録制度の設立を積極支持――環境庁が影響評価で結論
2013年11月 化学物質 デンマーク、2014年3月から国家ナノ製品登録制度を運用開始へ
2013年11月 化学物質 フランス 仏エコロジー省、ナノマテリアルの年次申告に関する最初の報告書を公表
2013年10月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州議会、医療機器に関する欧州委員会による規則案を承認――有害物質やナノマテリアルの使用を制限
2013年10月 製品設計・ラベル スウェーデン、ナノ製品登録制度の創設を盛り込んだ国家ナノ行動計画を提唱
2013年7月 化学物質 ドイツ ドイツ技術者協会と化学工業協会、ナノ製品登録制度の導入に猛反対
2013年5月 化学物質 ベルギー消費者NGO、ナノマテリアル国家登録制度の創設を政府に要求
2013年3月 労働(職業)安全衛生 イギリス 英国、ナノマテリアルを扱う職場向けの労働安全ガイダンスを発行
2013年3月 化学物質 デンマーク、ナノマテリアルの法的規制に向けた「段階的な情報要件」を提案
2012年7月 化学物質 デンマーク環境庁、繊維製品におけるナノシルバーの使用を調査
2011年6月 化学物質 イギリス 英国環境省、化学品ナノテクノロジー・エビデンスプログラムを策定
2011年1月 化学物質 フランス フランス、2012年から建築物等を対象にホルムアルデヒドやVOCの表示要件を導入
2010年12月 化学物質 スイス スイス経済事務局、合成ナノマテリアルの安全データシート向けガイドラインを発行
2010年10月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州理事会が欧州議会提案の37物質の優先検討禁止物質リストを拒否で第1読会での合意は困難に
2010年3月 化学物質 フランス フランス環境労働衛生安全局、ナノマテリアルを規制するためにREACHの修正を提言

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
欧州連合(EU)の環境法・環境規制動向

欧州連合(EU)の化学物質規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド EU環境法体系ガイド2018(製品編)
英語情報とはいえ、その情報量の多さ、複雑さ、活発な動向から、体系的な把握が難しいEUの環境法体系を把握する一助となるよう作成されたガイドとなります
2018年10月17日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
化学物質 法規和訳 殺生物性製品(BPR)改正規則(EU)No 334/2014 2014年5月14日
法規和訳 製品の市場での入手と使用に係る規則(EU) No 528/2012 (BPR)に対するECHAガイダンス文書Ver 1.0 2013年11月13日
法規和訳 EU殺生物性製品規則(BPR)の「処理されたアーティクル」に関する問答集(FAQ)改訂版 2013年11月13日
法規和訳 殺生物性製品認可の「変更/修正」に関する欧州委員会実施規則(EU)No354/2013の解説ガイド 2013年5月9日
法規和訳 EU改正殺生物性製品規則(EU)No 528/2012の「解説書―日本のアーティクル製造者の為の法規解釈」 2013年4月22日
法規和訳 EU・殺生物性製品規則(BPR)の“処理されたアーティクル”に関する問答集(FAQ)日本語版 2013年3月5日
法規和訳 改正RoHS(RoHS2)の問答集(FAQ)、欧州委員会が12月12日に改訂発行 2013年1月9日
法規和訳 EU-RoHS2に関する問答集(FAQ)-和訳 2012年8月24日
法規和訳 EU:欧州委員会による「WEEE指令・RoHS指令改正案・Q&A」-日本語訳&修正ポイント 2009年2月13日

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。

海外環境規制トレンド・レポート

下表は欧州連合(EU)の化学物質規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称) 更新日
化学物質 EU REACH規則 2018年12月1日
EU CLP規則 2018年12月1日
EU 殺生物性製品規則(BPR) 2018年12月1日
EU RoHS指令 2018年12月1日
EU ナノマテリアル規制 2016年6月1日

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査