国際、その他の国・地域の主要規制テーマ

世界のマイクロプラスチック規制動向

マイクロプラスチックとは、環境中に存在する直径5mm以下の微小なプラスチック粒子またはプラスチック断片であり、特に海洋環境において極めて大きな懸念材料となっている。

マイクロプラスチックの一種であるマイクロビーズは、ポリエチレンやポリプロピレン等のプラスチックで作られた球状の小さなビーズで、一部の洗顔料や歯磨き粉などの健康・美容製品に角質除去剤として添加されている。

これらの微小な粒子は、水のろ過システムを容易に通過し、海洋や河川に流れ着き、水生生物に潜在的な脅威をもたらす。マイクロプラスチックという言葉は2000年代半ばに登場したが、最近出現した問題ではなく、1970年代初頭には海洋でプラスチック、特にポリスチレンの小さなビーズや破片が発見された。

廃棄物規制をはじめ環境法規制の最新情報を弊社メールマガジンでお知らせしております。お気軽にご登録ください。

国際条約における規制動向

2022年2月28日から3月2日まで行われた第5回国連環境総会の2部(UNE-5.2)において、175カ国の代表によってプラスチック汚染に関する法的拘束力のある国際文書を2024年中に策定する決議が採択され、2022年に国際文書策定のための政府間交渉委員会(INC)を設置することが決定された。この決定に伴い、2022年11月28日から12月2日まで、ウルグアイのプンタ・デル・エステにおいて、国際文書の策定に向けた第1回政府間交渉委員会(Intergovernmental Negotiating Committee、INC-1)が開催された。INCは、INC-1期間中に多数の提案を受け取ったため、第2回政府間交渉委員会(INC-2)に先立ち、プラスチックの全ライフサイクルに対応する包括的なアプローチに基づいて国際文書の構成要素に関する選択肢を概説する文書の作成をINC事務局に要請した。INC-2は、2023年5月29日から6月2日まで、フランスのパリにある国連教育科学文化機関(UNESCO)本部において開催され、次回の会合までの国際文書の初期草案(ゼロ・ドラフト)の作成をINC議長に委任して閉会した。

今後のINC会合開催の予定は下記の表の通り。

会合 期間 場所
INC-4 2024年4月~5月 カナダ
INC-5 2024年10月~11月 韓国

EU(欧州連合)における規制動向

EUでは意図的に添加されるマイクロプラスチックと、非意図的に流出するものとに分けて対応を進めている。前者については、REACH規則(EC) No 1907/2006で制限する方針で、近くそのための欧州委員会規則が公布される見通しである(下記の最新動向に詳細)。一方、後者については、流出削減のための規制作りに向け、欧州委員会が背景や概要などを2021年11月30日に示し、12月28日まで意見公募を行った。その際、取り得る措置として、タイヤおよび合成繊維に関するエコデザイン要件の策定や、合成樹脂ペレットの管理に関する優良慣行の義務化などを提示した。その後、公開協議を2022年2月22日~5月17日に実施し、さらに意見を集めたが、動きは停滞。当初、本件に関するEU規則案を2022年第4四半期に出すとしていたが、その後、2023年第2四半期へと先送りした。

また、マイクロプラスチックによる海洋汚染への対応を主目的の一つとして、特定のプラスチック製品を対象に、禁止や消費抑制策、拡大生産者責任制度の導入などを加盟国に義務付ける「使い捨てプラスチック製品(SUP)指令(EU) 2019/904」を2019年に制定した。本指令では酸化型分解性プラスチック製の製品の上市も禁止している。

最新動向

欧州委員会は2023年9月25日、「合成ポリマーのマイクロプラスチック(synthetic polymer microparticles)」に関してREACH規則の附属書XVII(制限物質)を改正する欧州委員会規則を採択した。近くEU官報で公布され、その20日後に発効する見通し。これにより、5mm以下の全ての合成ポリマーのマイクロプラスチック自体および混合物の上市が禁止されることになる。この新たな制限は、マイクロビーズやルースグリッターなどには、すぐに適用されるが、製品の種類によっては(農業・園芸用製品、人工芝の敷き砂利、化粧品など)代替技術の開発や切り替えのために最長12年の猶予が与えられる。また、工業サイト内で使用するものや、医薬品、肥料、食品添加物、体外診断機器などの一部の用途のものには適用されないが、その供給者には、使用・廃棄などに関する取扱情報の表示・提供義務が課される。

中国における規制動向

2022年5月24日に公布された「新汚染物質対策行動計画」に基づいて、各地方で現地の関連計画が発表されている。その中で、上海市では、2023年1月13日に「上海市汚染物質対策行動計画」が公布され、同年2月3日に発表された「上海市重点管理新汚染物質リスト(2023年版)」には、国が定めたリストに記載されている14種の他に「マイクロプラスチック」が管理対象物質として記されている。

弊社では、本計画の和訳・解説書を販売しております。
中国 新汚染物質対策行動計画 和訳・解説書

中国国家発展改革委員会と生態環境部は2020年1月16日、「プラスチック汚染対策のさらなる強化に関する意見」を公布した。同意見は、プラスチック汚染対策を強化するために策定されたもので、2020年、2022年および2025年段階的な目標を立てて、一部プラスチック製品の生産、販売、使用の禁止、制限、およびグリーン製品提供の増加などの対策を打ち出した。その中で、2022年末までにマイクロプラスチックを含む日用化学製品の販売が禁止されることが明記された。

米国における規制動向

米国では、2015年12月28日、オバマ大統領(当時)が2015年マイクロビーズ禁止法(Microbead-Free Waters Act of 2015)に署名し、化粧品や特定のパーソナルケア製品の製造にプラスチックマイクロビーズの追加が禁止されることとなった。これらの製品による水質汚染を減らすことが目的である。マイクロビーズ含有製品の製造は2017年7月から、小売販売は2018年7月から禁止されている。連邦では、その他に大きな規制はないが、各州が連邦政府に先行して規制をかけている。例えば、カリフォルニア州には、「州全体のマイクロプラスチック戦略(Statewide Microplastics Strategy)」が存在する。当該戦略では、「即効性のある22の行動とマルチベネフィットの解決策」および「13項目の包括的研究戦略」の2つのアプローチが概説されている。世界的にマイクロプラスチック規制を主導していく気概が見られる。

アジア各国における規制動向

韓国

韓国保健福祉委員会が2021年7月12日、生活化学製品に含まれているマイクロプラスチックを規制するために、マイクロプラスチックの含有量基準を新たに設定した「生活化学製品及び殺生物性製品の安全管理に関する法律(殺生物性製品法)」の改正案を発議した。本改正案では、生活化学製品の安全基準として、マイクロプラスチックの含有量を規定している。

インド

2023年6月の現地メディアの報道によると、インド西ベンガル州のコルカタ市各地では、9割の飲用水からマイクロファイバーが検出された。この調査はジャダフプール大学(Jadavpur University)が実施したもので、2018年から2020年の間、コルカタ市各地から200以上の飲用水サンプルを採取した結果、高レベルのマイクロファイバーが検出されたという。

マイクロファイバー汚染:
ポリエステル繊維で作られたマイクロファイバーは長径10マイクロメートル以下で、衣料品やマット、室内装飾品、掃除用品といった家庭用具に使われる。そのため、特に洗濯機が排出する水にはマイクロファイバーが大量に存在し、川や海でのマイクロファイバーによる汚染の最大要因とされている。マイクロファイバーは人の血管や尿、母乳、胎盤、肝臓組織など、人体に潜んでいることが判明しており、マイクロファイバーが含有された水を飲用すると、肝臓や心臓、腎臓へ深刻なダメージを与えるなど、その危険性が懸念されている。

オセアニアにおける規制動向

オーストラリア

西オーストラリア州政府は2023年2月27日、同政府の「2018年環境保護(禁止プラスチックと風船)規則」の定める使い捨てプラスチック禁止計画の第2段階を施行した。同政府のプラスチック計画は、2段階にわけて使い捨てプラスチック製品を禁止するものである。第1段階は2022年1月1日に施行され、すでに完了している。第2段階の品目は段階的に禁止となる予定で、品目によって禁止の適用日が異なっている。マイクロビーズは第2段階の品目として2023年9月1日よりその使用が禁止される。

中南米(ラテンアメリカ)における規制動向

メキシコ

2023年4月18日、メキシコ下院に、PET及び発泡ポリスチレン素材の容器や包装の使用及び販売、流通を禁ずる、廃棄物抑制及び統合管理一般法の一部改正案が提出された。連邦政府は、公布日から1年以内に、州政府が発布する法規に素材の使用や販売禁止事項を追加し、代替原料の要件を規定するメキシコ公式規格を作成しなければならないと提案されている。提案書では、改正案提出の背景として、メキシコはボトル飲料の消費が一人当たり年間200本と非常に多く、PETボトル廃棄物排出量が最も多い国の一つとなっていること、また発泡ポリスチレンは生分解が不可能で、廃棄されると、消滅するのに千年かかるマイクロプラスチックとなる点が指摘されている。

※上記の規制動向は、2023年8月時点でのものとなります。

セミナー・イベント情報

当社主催の国際、その他の国・地域関連セミナーをご紹介します。

規制テーマ セミナー・イベント名称 開催日
全般 世界環境法規制ウェビナー2023
EU、北米、中国、東南アジア、ラテンアメリカにおける環境規制の最新動向を総まとめする年に1度のウェビナーです。全4日間13講演、2023年10月17~26日開催。2023年12月末までオンデマンド受講可、視聴回数制限なし。
2023年10月17日
世界環境法規制ウェビナー2022(全10講演)
各国の1年間の主要規制動向を総まとめする、年に一度の弊社人気企画です。今回は第18回開催となります。規制担当者の研修・キャッチアップ、事業戦略・計画立案のための情報ソースとしてご活用ください!
2022年10月6日
無料ウェビナー ESG & コロナ時代の海外環境コンプライアンスを考える(終了) 2020年12月17日
容器・包装材 プラスチック規制基礎解説ウェビナー(オンデマンド配信)
近年、包装材の拡大生産者責任や使い捨てプラスチックをはじめとしたプラスチック製品の流通禁止など、世界中でプラスチック規制の整備が進んでいるのは皆さんもご存じのことかと思います。本ウェビナーでは、国際、欧州、中国、米国、東南アジア・南アジアにおけるプラスチック規制の基礎的な概要および要件を解説します。
2023年11月21日
プラスチック規制動向ウェビナー(オンデマンド配信)
EU、米国、中国を中心に世界における使い捨て/廃プラ規制、容器包装材規制、マイクロプラスチック/マイクロビーズや生分解性プラスチックに関する規制動向を解説します。
2022年11月8日

全開催履歴は下記リンクよりご覧ください。
セミナー・イベント一覧

毎年好評をいただいております「世界環境法規制セミナー(毎年秋頃開催)」に加え、不定期で専門セミナーを企画しております。セミナー開催情報は当サイトと合わせ、海外環境規制メルマガ(無料)でもご案内しております。 海外環境規制メルマガ(無料)

最新動向

国際、その他の国・地域の環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。
海外環境法規制モニタリング

下記に、本サービスで配信中の記事タイトルを抜粋して紹介しております(不定期更新)。有償サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(タイトル・記事全文は有料版で配信しております
2024年2月4日 廃棄物 欧州連合(EU) 欧州委員会の研究部門がプラスチック循環の現状と今後を…
2024年1月29日 製品設計・ラベル 欧州連合(EU) 欧州委員会が飲料水指令関連の6本の実施・委任法を採択、飲料水に…
2023年12月12日 廃棄物 米国 米国下院にプラスチック汚染からの脱…
2023年11月27日 廃棄物 米国 米ニューヨーク州司法局長、プラスチック汚染に対する適切な対策お…
2023年11月16日 廃棄物 ブラジル ブラジル上院、使い捨てプラスチックの廃棄物…
2023年11月15日 環境政策全般 UNEP、プラ汚染に関する国際文書についてINC-2で議論さ…
2023年10月23日 水質汚染・水資源管理 欧州連合(EU) EU理事会、都市廃水処理指令改正案の修正案まとめる 医薬品や…
2023年10月22日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、プラスチックペレットの非意図的流出…
2023年10月1日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州連合、REACH規則の附属書XVIIを修正する欧州委員会…
2023年9月27日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、マイクロプラスチック制…
2023年9月25日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州議会、水質関連3指令の改正案に対…
2023年9月14日 化学物質 スイス スイス政府、同国のマイクロプラスチックの最大発…
2023年9月11日 環境政策全般 UNEP、プラスチック汚染に関する法的拘束力のある国…
2023年7月9日 化学物質 米国 米加州SCPプログラム:マイクロプラスチックの候補化学物質リ…
2023年6月21日 廃棄物 アルゼンチン アルゼンチン、国立公園、保護区における使い捨てプラ…
2023年6月13日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州の環境NGO、タイヤによるマイクロプラスチック…
2023年5月24日 化学物質 スウェーデン環境保護庁、マイクロプラスチックの研究計画書を発表…
2023年5月15日 化学物質 欧州連合(EU) EUレベルでのプラスチックペレット規制を求める共…
2023年5月10日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会のREACH委員会、「マイクロプラスチ…
2023年5月9日 廃棄物 メキシコ メキシコ、PET及び発泡ポリスチレン素材の容器や包装の使…
2023年5月1日 化学物質 米国 米加州SCPプログラム、マイクロプラスチックとPPDの…
2023年4月26日 廃棄物 米国 米EPA、米国全土のプラスチック汚染を削減するた…
2023年4月16日 化学物質 イギリス 英政府、水資源の確保と質改善に取り組む新計画を発表、マイク…
2023年4月12日 化学物質 中国 中国各地方政府、「新汚染物質管理計画」に「マイクロプ…
2023年3月14日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、ナノプラスチックの現況を簡潔にまとめた「Fu…
2023年3月7日 環境政策全般 ベトナム ベトナム天然資源環境省、2023年におけ…
2023年2月2日 大気汚染 中国 中国山東省、黄河流域での汚染防止対策強化計画を発表…
2023年1月19日 廃棄物 スペイン スペイン、再利用不可能なプラスチック容器の製造…
2022年12月27日 環境政策全般 欧州連合(EU) EU主要3機関が2023~2024年の優先立法案件を共同宣言で…
2022年12月19日 大気汚染 欧州連合(EU) 欧州委員会がゼロ汚染に関する2つの報告書を公表、取り組みは進…
2022年12月7日 廃棄物 フランス 仏ANSES、堆肥化可能プラスチックを家庭用コンポ…
2022年11月24日 化学物質 スイス スイス保健庁、EUのREACH規則などとスイス化学…
2022年11月15日 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、次期の自動車排ガス規制「Euro 7…
2022年10月31日 大気汚染 欧州連合(EU) 欧州委員会、大気・水質関連法を改正する3件の法案を一括…
2022年10月13日 化学物質 国際:WHO、ナノ/マイクロプラスチック粒子の曝露と人の健康へ…
2022年10月10日 廃棄物 スイス スイス政府、「環境中のプラスチック」報告書を閣議了…
2022年10月6日 製品設計・ラベル 欧州連合(EU) 参加報告:EUテキスタイル戦略めぐり政策立案者が意見交換、規…
2022年10月5日 環境政策全般 ベトナム ベトナム、騒音と振動の発生を制限する…
2022年9月26日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、マイクロプラスチックに関してREACH規則の附属…
2022年9月20日 水質汚染・水資源管理 米国 米加州水資源管理委員会、世界で初めてマイクロプラスチックの飲…
2022年9月15日 廃棄物 欧州連合(EU) 欧州委員会、プラスチックリサイクルと再生プラスチックに関する…
2022年9月11日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州リサイクル業界団体EuRIC、マイクロプラスチック規制案…
2022年8月31日 化学物質 米国 米国EPAの飲料水規制物質候補リスト5案に対するSABのレビ…
2022年8月18日 化学物質 中国 中国生態環境部の責任者、残留性有機物を生産する建設プロジェク…
2022年8月16日 化学物質 スイス スイス、2022年10月1日からオキソ分解性プラス…
2022年7月19日 化学物質 イギリス 英政府、UK REACH規則で2022年度に優先的に検討する…
2022年7月6日 廃棄物 シンガポール シンガポール、海洋ごみに関する国…
2022年7月6日 化学物質 参加報告:OECDウェビナー『世界のプラスチックの展望:2…
2022年6月15日 化学物質 欧州連合(EU) EUのマイクロプラスチックの意図的添加制限案は起草の最…
2022年6月14日 化学物質 オーストリア、「マイクロプラスチック行動計画」を…

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
国際、その他の国・地域の環境法・環境規制動向

国際、その他の国・地域の容器・包装材規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 - 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。
海外環境規制トレンド・レポート

下表は国際、その他の国・地域の容器・包装材規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称)
容器・包装材 ケミカルリサイクル動向
プラスチックペレット規制動向
世界のマイクロプラスチック規制動向

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査

コラム・無料記事

国際、その他の国・地域に関連するコラム・無料記事(不定期更新)の一覧です。

規制テーマ コラム・無料記事 更新日
容器・包装材 英仏NGO、仏食品大手ダノンをプラスチック汚染で共同提訴
「親会社および発注元企業の配慮義務に関する2017年3月27日の法律」を遵守していないと主張し、パリ司法裁判所に提訴。
2023年3月7日