欧州連合(EU) 欧州連合(EU)の主要規制テーマ

EU プラスチック規制

EnviXは「EU プラスチック規制」について、規制動向の調査報告書を作成・提供しております。

特定プラスチック環境影響低減指令(SUP指令)

EUで海洋ごみの削減に向けて使い捨てプラスチック製品10品目と漁具を規制する指令が2019年6月12日に官報で公布された。欧州の海岸で最も多く見られるプラスチックごみのうち、比較的容易に代替可能なものは流通を禁止し、そうでないものは消費抑制策を講じるなどするもの。

包装材・包装廃棄物指令

容器包装廃棄物指令は、容器包装廃棄物の発生を抑制する施策を規定するとともに、そのリサイクル、リユース、リカバリーを促進する措置も定めている。容器包装廃棄物の最終処分は、最後の手段として位置付けられている。

EU市場に上市されたすべての容器包装とすべての容器包装廃棄物を対象にしており、工業、商業、事務所、店舗、サービス、家庭その他どのレベルで使われたかに関わらない。

包装廃棄物リサイクル目標や、返却収集システム整備要件、ラベル表示要件、有害物質含有規制を含め、材料要件などが設けられている。

食品接触プラスチック材料規則

FCMに関するEUの全般的な規則は全般的なラベル要件等を定めている他、附属書IにはFCMに関連する材料グループが列挙されている。この材料グループ毎に別途規則を定めることができるとされている。各規則の要件は、認可物質リスト、移行制限値、使用条件等の様々な規定が規則を設けられたグループのFCM材料に適用されることとなる。

FCM材料グループ毎に個別に定めることができる規則の一つに、食品接触プラスチック材料規則がある。

循環型プラスチック同盟(CPA:Circular Plastics Alliance)の宣言

2019年9月、プラ循環利用を自主的に進める宣言に、プラ・バリューチェーンの100以上の官民関係組織が調印した。

同宣言は、EUの2018年プラスチック戦略による「2025年までに最低1000万トンのリサイクルプラスチックを毎年、新たな製品・包装に使うようにする」という目標達成に向けた具体策を提示している。(製品設計、回収・選別、再生利用、ケミカルリサイクルなどR&D)

欧州プラスチック協定(EPP:European Plastics Pact)の始動

  • 循環型プラ同盟の目標(製品設計、回収・選別、再生利用、ケミカルリサイクルなどR&D)をより具体的に推進するために、すなわち、欧州のプラ使用を循環型にすべく、2020年3月、官民問わず幅広い関係者が自主的に参加する“欧州プラスチック協定(EPP)”が始動。
  • 既に欧州14カ国の政府と3つの地方自治体、65の企業、3つのNGO、その他21組織(業界団体含む)が署名・参加(2020年3月11日現在)。
  • 企業は製品や包装材への再生プラスチックの利用を増やし、その再利用率最低30%(重量ベース)を目指す。

新循環経済アクションプランの発表(2020年3月)

新アクションプランは、カギとなるバリューチェーンとして7つの産業分野を挙げ、「プラスチック」はその1つ。また、プラ廃棄物問題と密接に関連する「包装」も7つの主要バリューチェーンの1つ。

新アクションプランの特徴
従来のアクションプラン(2015年)に比べ、設計や製造レベルに焦点を当てた点。例えば、「プラスチック」および「包装」の循環性向上に向け、以下のような取組みが新アクションプランに盛り込まれた。

プラスチック:

  • 包装・建設材、車両中のプラ材へのリサイクルプラ含有量に関する強制力を伴う要件の導入および廃棄物削減措置の実施
  • 意図的・非意図的に添加されるマイクロプラの環境への流出対処
  • バイオベースや、生分解性、堆肥可能プラの使用に係わる政策枠組みの制定

包装:

  • 包装・包装廃棄物に関するEU指令の見直し
  • 2030年までにEU市場を流通する全包装の再利用またはリサイクル(2019年の包装リサイクル率のEU平均は42%)
  • 分別回収制度の調和に向けたEUラベルの実現可能性に向けた評価
  • 食品接触プラ(PET以外)向けのリサイクル物質の安全性に関するルールの制定

(最終更新:2021年1月9日)

無料情報は以上となります。本規制テーマに関する最新情報、中長期動向報告書のご要望、また個別調査等のご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

また、EnviXでは無料のメールマガジンにて一部の規制情報を毎月配信しております。是非ともご登録ください。

最新動向

欧州連合(EU)の環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。
海外環境法規制モニタリング

なお、下表は同サービスで配信した「EU プラスチック規制」に関する情報の内、件数を大幅に削減した不定期更新のサンプルです。本サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(サンプルにつき一部の記事タイトルのみ掲載
2021年1月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州化学品庁、SVHCとして2物質を新たに候補リストに追加
2021年1月 廃棄物 欧州連合(EU) EUでプラスチック廃棄物の輸出入を規制する新規則が発効
2021年1月 環境政策全般 欧州連合(EU) 欧州標準化委員会等、2021年作業計画を発表――CEN/CENELEC規格
2020年12月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州化学品庁SEAC、マイクロプラスチック制限に関する意見書を採択
2020年12月 廃棄物 欧州連合(EU) EU、一部の使い捨てプラスチック製品に関するマーキング仕様に関する実施規則
2020年12月 水質汚染・水資源管理 欧州連合(EU) 欧州官報、人間が消費することを意図した水に関する指令を公布――飲料水指令を刷新
2020年11月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、ELV指令の改正を検討するための作業を開始
2020年11月 廃棄物 欧州連合(EU) EUの循環型プラスチックアライアンス、廃プラの回収・分別の現状に関する報告書を発表
2020年11月 水質汚染・水資源管理 欧州連合(EU) EU理事会が飲料水指令改正案を承認、欧州議会の承認で成立へ、安心な水道水に
2020年11月 水質汚染・水資源管理 欧州連合(EU) 欧州委員会、新興物質を考慮して水質汚染物質リスト改定へ、概案示し意見募る
2020年9月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州環境庁、代替プラスチックに関するブリーフィングを発表
2020年9月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州化学品庁、2物質のSVHC提案に関する公開協議を開始
2020年9月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州化学品庁、意図的に添加されたマイクロプラスチックの制限に向けた提案を更新
2020年9月 地球環境 欧州連合(EU) 「EUブルーエコノミー報告書2020」、海洋の経済的価値、保全の必要性などを強調
2020年9月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州化学品庁SEAC、繊維製品中1000物質超の感作性物質制限を支持、その他検討も
2020年8月 廃棄物 欧州連合(EU) EU、新たな独自財源として2021年からプラスチック税導入へ
2020年7月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州化学品庁、2022年の取り締まり内容(REF-10)の焦点を製品中の有害物質に
2020年7月 化学物質 欧州連合(EU) EU RoHS2付属書III及びIVの水銀、鉛、及びDEHPの適用免除に係る最終レポート
2020年6月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州化学品庁リスク評価委員会(RAC)、マイクロプラスチック制限案を支持
2020年6月 環境政策全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、新型コロナ禍からの復興計画と強化版の中期予算案を示す
2020年6月 容器・包装材 欧州連合(EU) 欧州委員会、包装廃棄物指令の見直しの検討を開始――公開協議
2020年5月 化学物質 欧州連合(EU) EU RoHS2付属書Ⅳに関連した3件の適用除外申請の評価についての最終調査報告書が欧州委員会から公表
2020年3月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州化学品庁、7物質を対象とする附属書XIV収載勧告案に関する公開協議を開始
2020年3月 廃棄物 欧州連合(EU) 欧州プラスチック協定始動、幅広い関係者集め、プラスチック使用を循環型に
2020年3月 環境政策全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、新たな循環型経済行動計画を発表、資源重視の製品政策など示す
2020年1月 化学物質 欧州連合(EU) EU RoHS2付属書Ⅳに関係するPack 19 及びPack 20に対するステークホルダーコンサルテーション開始
2019年12月 化学物質 欧州連合(EU) EU RoHS2の付属書Ⅳに関係する免除審査について、新規RoHSプロジェクト(Pack 19 及びPack 20)が開始
2019年12月 製品設計・ラベル 欧州連合(EU) EU、電子ディスプレイのエコデザイン要求事項を定める規則(EU)2019/2021が公布される
2019年12月 環境政策全般 欧州連合(EU) 欧州環境庁、循環型経済に向け繊維を取り巻く現状と対策を検討する資料を公表
2019年10月 環境政策全般 欧州連合(EU) EU環境閣僚理事会、循環型経済への移行加速に向け一連の方針を採択
2019年9月 化学物質 欧州連合(EU) EU RoHS、再生PVCを用いる電気、電子式窓、扉の枠部分のカドミウム及び鉛の免除に係る指令案の公表
2019年8月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州官報、食品接触プラスチック材料に関する改正規則を公布
2019年7月 労働(職業)安全衛生 欧州連合(EU) EU、発がん性物質から労働者を守る指令の改正法が公布、5物質を追加
2019年6月 容器・包装材 欧州連合(EU) 欧州の廃棄物管理業界団体が包装廃棄物指令の付属書の改正要求、循環性改善へ
2019年6月 廃棄物 欧州連合(EU) 使い捨てプラスチック製品と漁具を規制するEU指令が官報で公布、海洋ごみ削減へ
2019年4月 水質汚染・水資源管理 欧州連合(EU) 使い捨てプラスチック製品の規制案が欧州議会を通過、EU理事会の承認で成立へ
2019年1月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州化学品庁、マイクロプラスチックに関する制限提案を公表
2018年12月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州化学品庁、PIC規則のもとでの2017年の化学品の輸出入について報告
2018年12月 廃棄物 欧州連合(EU) 欧州委員会、再生プラスチックのシェア拡大に向け、循環型プラスチック同盟を形成
2018年12月 水質汚染・水資源管理 欧州連合(EU) EU理事会と欧州議会が使い捨てプラスチック製品規制で妥協案、双方の正式承認で法案成立へ
2018年11月 水質汚染・水資源管理 欧州連合(EU) 欧州議会が使い捨てプラスチック製品規制案の修正案可決、EU理事会の修正案がまとまり次第、妥協交渉へ
2018年9月 廃棄物 欧州連合(EU) 欧州委員会のEUプラスチック戦略を歓迎する決議を欧州議会が採択、補足的提言も
2018年3月 廃棄物 欧州連合(EU) EU環境閣僚理事会、循環型経済に向けプラスチック戦略や関連法の連携を協議
2018年2月 水質汚染・水資源管理 欧州連合(EU) 欧州委員会、飲料水指令の改正案を提出(1):アクセスと水道水の質や信頼を改善へ
2018年1月 化学物質 欧州連合(EU) EU加盟国、DCHPやTMAをSVHCとして特定する欧州委員会提案を支持
2018年1月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州議会、食品包装材へのビスフェノールA使用禁止に関する要求を退ける
2017年10月 製品設計・ラベル 欧州連合(EU) 欧州8業界団体、電子ディスプレイ向けエコデザイン規則案の修理・解体関連情報開示要求に対する懸念を表明
2017年7月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、4種フタル酸エステルのSVHC特定条件に内分泌かく乱特性を追加
2017年6月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州化学品庁SEAC、4種のフタル酸エステルおよびTDFAsに関する制限提案を採用
2017年2月 廃棄物 欧州連合(EU) EU、循環型経済に基づくプラスチックのリサイクル促進等の戦略を盛り込んだ方針書を発表

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
欧州連合(EU)の環境法・環境規制動向

欧州連合(EU)の廃棄物規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド EU環境法体系ガイド2018(製品編)
英語情報とはいえ、その情報量の多さ、複雑さ、活発な動向から、体系的な把握が難しいEUの環境法体系を把握する一助となるよう作成されたガイドとなります
2018年10月17日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。
海外環境規制トレンド・レポート

下表は欧州連合(EU)の廃棄物規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称)
廃棄物 EU プラスチック規制
EU 廃棄物規制(枠組み指令、輸送、包装材等)

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査