国際、その他の国・地域の主要規制テーマ

プラスチックペレット規制動向

プラスチックペレットは使用済みプラスチックを破砕、洗浄、溶融し、加工しやすいように直径3~5mm程度の粒状に成型した素材のことで、ほぼすべてのプラスチック製品の原料として使用されるものである。

扱いやすいこと、原料としての均一性が高いこと、成形加工が効率的に行えること、といった理由で様々な産業分野において製品の成型や加工に利用される。

プラスチックペレットの問題点・課題

プラスチックペレットは軽量かつ小さい素材であるために、管理が十分ではないと製造工場や輸送中のトラックなどから容易に環境中へ漏れ出してしまう。

2021年5月、スリランカのコロンボ沖でプラスチックペレットの大規模な流出事故が起きた。インドからスリランカまで各種ポリマーのペレットを積載した422本のコンテナを含む1377本のコンテナを輸送中の船、X-Press Pearl 号が火災に見舞われ、一部が沈んだことによる流出であった。流出したペレットはスリランカの海岸線300km以上にわたって漂着し、回収作業には多くの時間を費やすこととなった。

国際における規制動向

現在、プラスチックペレットの輸送やそれによる海洋汚染に特化した国際規則はない。

関連する国際的なプラスチック規制は以下の通りである。

バーゼル条約

2021年1月1日、国連環境計画は、バーゼル条約のプラスチック廃棄物に関する改正(PWA:Plastic Waste Amendments)が、同日に条約締約国186ヵ国に発効したことを発表した。この改正によって、2021年1月1日以降、規制対象となるプラスチックの廃棄物を輸出する際に事前に輸入国の同意が必要となる。改正では、バーゼル条約の3つの附属書に廃プラスチックに係る規定が新設され、全ての廃プラスチックが、規制対象(附属書Ⅱ(2)又はⅧ(8))または規制対象外(附属書Ⅸ(9))という形で網羅的に規定されることとなった。附属書8には「有害なプラスチックの廃棄物」、附属書Ⅸには「非有害なプラスチックの廃棄物」、そして両者いずれにも入らない廃プラスチックは、附属書Ⅱ「特別の考慮が必要なプラスチックの廃棄物」として規制対象に位置付けられた。

2020年10月1日に日本の環境省はプラスチックの輸出に係るバーゼル法該非判断基準を策定し、下記のA~Dの条件を全て満たすプラスチックを規制対象外と定めた。
A:飲食物、泥、油等の汚れが付着していない
B:プラスチック以外の異物が混入していない
C:単一のプラスチック樹脂で構成されている
D:リサイクル材料として加工・調整されている

この規制対象外となるプラスチックの例として、ペレット状のプラスチックがある。ペレット状のプラスチックは、その加工の過程で、洗浄・選別され、リサイクル材料として調整されるため、A~Dの条件を全て満たすからである。ただし何らかの理由により汚れが付着していたり、異物が混入したりしていれば、規制対象となる可能性がある。

プラスチック汚染に関する法的拘束力のある国際文書

2022年2月28日から3月2日まで行われた第5回国連環境総会の2部(UNE-5.2)において、175カ国の代表によってプラスチック汚染に関する法的拘束力のある国際文書を2024年中に策定する決議が採択され、2022年に国際文書策定のための政府間交渉委員会(INC)を設置することが決定された。この決定に伴い、2022年11月28日から12月2日まで、ウルグアイのプンタ・デル・エステにおいて、国際文書の策定に向けた第1回政府間交渉委員会(Intergovernmental Negotiating Committee、INC-1)が開催された。INCは、INC-1期間中に多数の提案を受け取ったため、第2回政府間交渉委員会(INC-2)に先立ち、プラスチックの全ライフサイクルに対応する包括的なアプローチに基づいて国際文書の構成要素に関する選択肢を概説する文書の作成をINC事務局に要請した。INC-2は、2023年5月29日から6月2日まで、フランスのパリにある国連教育科学文化機関(UNESCO)本部において開催され、次回の会合までの国際文書の初期草案(ゼロ・ドラフト)の作成をINC議長に委任して閉会した。2023年9月4日、2023年11月13日から11月19日までの期間で開催されるINC-3に先立ち、ゼロ・ドラフトが公表された。

EU(欧州連合)における規制動向

2023年5月4日、Rethink Plasticなど7つの環境団体がEUレベルでのプラスチックペレット(プラスチックペレット、フレーク、パウダー)の規制を求める共同勧告を公表した。7団体は、EUに対し、プラスチックのサプライチェーン全体でプラスチックペレットを規制し、環境中に流出するペレットの量を効果的に減らすために必要なあらゆる措置を講じるべきと呼び掛けている。また、サプライチェーン要件を制定し、供給源にアプローチすることが、費用効果が高く行政負担が少なく簡単な解決策であるとした。

プラスチックペレットは、ほぼすべてのプラスチック製品の原料として使用されており、その大きさやサプライチェーンでの取り扱いのせいで環境中に流出することが多く、マイクロプラスチックによる一次汚染の主因の一つとなっていると7団体は指摘している。その上で、コンサルティング会社Eunomiaの調査を引用し、EUはサプライチェーンを対象とした強制的措置を通じてプラスチックペレットの供給源に働きかけるべきとしている。それにより排出量の95%が削減可能であり、これは費用効果が高く、行政負担も少なく、公正な競争条件を確保しながら業界レベルでの標準化を促進する簡単な解決策であると提言している。

セミナー・イベント情報

当社主催の国際、その他の国・地域関連セミナーをご紹介します。

規制テーマ セミナー・イベント名称 開催日
全般 世界環境法規制ウェビナー2023
EU、北米、中国、東南アジア、ラテンアメリカにおける環境規制の最新動向を総まとめする年に1度のウェビナーです。全4日間13講演、2023年10月17~26日開催。2023年12月末までオンデマンド受講可、視聴回数制限なし。
2023年10月17日
世界環境法規制ウェビナー2022(全10講演)
各国の1年間の主要規制動向を総まとめする、年に一度の弊社人気企画です。今回は第18回開催となります。規制担当者の研修・キャッチアップ、事業戦略・計画立案のための情報ソースとしてご活用ください!
2022年10月6日
無料ウェビナー ESG & コロナ時代の海外環境コンプライアンスを考える(終了) 2020年12月17日
容器・包装材 プラスチック規制基礎解説ウェビナー(オンデマンド配信)
近年、包装材の拡大生産者責任や使い捨てプラスチックをはじめとしたプラスチック製品の流通禁止など、世界中でプラスチック規制の整備が進んでいるのは皆さんもご存じのことかと思います。本ウェビナーでは、国際、欧州、中国、米国、東南アジア・南アジアにおけるプラスチック規制の基礎的な概要および要件を解説します。
2023年11月21日
プラスチック規制動向ウェビナー(オンデマンド配信)
EU、米国、中国を中心に世界における使い捨て/廃プラ規制、容器包装材規制、マイクロプラスチック/マイクロビーズや生分解性プラスチックに関する規制動向を解説します。
2022年11月8日

全開催履歴は下記リンクよりご覧ください。
セミナー・イベント一覧

毎年好評をいただいております「世界環境法規制セミナー(毎年秋頃開催)」に加え、不定期で専門セミナーを企画しております。セミナー開催情報は当サイトと合わせ、海外環境規制メルマガ(無料)でもご案内しております。 海外環境規制メルマガ(無料)

最新動向

国際、その他の国・地域の環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。
海外環境法規制モニタリング

下記に、本サービスで配信中の記事タイトルを抜粋して紹介しております(不定期更新)。有償サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(タイトル・記事全文は有料版で配信しております
2024年2月4日 廃棄物 欧州連合(EU) 欧州委員会の研究部門がプラスチック循環の現状と今後を…
2023年12月12日 廃棄物 米国 米国下院にプラスチック汚染からの脱…
2023年12月6日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、HBCDDに関してPOPs規則の附属書Iを修正す…
2023年11月29日 企業の環境管理 ベトナム ベトナム、2020年環境保護法を実施するため…
2023年11月9日 廃棄物 ブラジル ブラジル、廃棄物のバイオマス変換による発電な…
2023年10月22日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、プラスチックペレットの非意図的流出…
2023年10月1日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州連合、REACH規則の附属書XVIIを修正する欧州委員会…
2023年9月27日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、マイクロプラスチック制…
2023年8月3日 クリーンエネルギー推進 インド インド、石炭火力発電所に対して燃料に作物残渣を5…
2023年7月9日 廃棄物 台湾 台湾環境保護署、「共通性事業廃棄物再利用管理弁法」の改正を予…
2023年6月20日 クリーンエネルギー推進 フランス 仏政府、国内における再生可能エネルギー産業の復興…
2023年5月15日 化学物質 欧州連合(EU) EUレベルでのプラスチックペレット規制を求める共…
2023年5月10日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会のREACH委員会、「マイクロプラスチ…
2022年10月11日 廃棄物 参加報告:リサイクルプラスチック製品に関する消費者行動研究や…
2022年9月26日 化学物質 メキシコ メキシコ化学品工業協会、化学品工業の循環型経済に関…
2022年9月26日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、マイクロプラスチックに関してREACH規則の附属…
2022年9月5日 クリーンエネルギー推進 IRENA、エネルギー転換に向けた持続可能なバイオエ…
2022年8月18日 化学物質 中国 中国生態環境部の責任者、残留性有機物を生産する建設プロジェク…
2022年6月29日 容器・包装材 タイ タイ、プラスチック製食品容器へのリサイ…
2022年6月15日 化学物質 欧州連合(EU) EUのマイクロプラスチックの意図的添加制限案は起草の最…
2022年2月9日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州環境NGOが非意図的なマイクロプラスチック流出の規制化…
2022年1月18日 廃棄物 韓国 韓国環境部、事業所の廃棄物を処理する際の提供情報…
2021年12月7日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、マイクロプラスチックの非意図的な流出対処…
2021年12月1日 廃棄物 参加報告:プラスチックリサイクルを…
2021年11月2日 環境政策全般 欧州連合(EU) 欧州委員会の2022年作業計画:政策プラス…
2021年10月12日 容器・包装材 タイ タイ、食品接触材料への再生プラスチ…
2021年7月7日 大気汚染 ドイツ ドイツ内閣、参院修正ふまえ、TA Luft案を…
2021年5月18日 企業の環境管理 メキシコ メキシコ化学産業協会、プラスチック産業実施の循環経…
2021年5月16日 化学物質 ノルウェー環境庁、マイクロプラスチックの最大排出源…
2021年1月20日 企業の環境管理 欧州連合(EU) EUの二大プラ団体、プラスチックペレット流出ゼロに向けO…
2021年1月16日 大気汚染 ドイツ ドイツ内閣、大気浄化技術手引書(TA Luft)改正…
2020年9月10日 化学物質 欧州連合(EU) 欧州化学品庁、意図的に添加されたマイクロプラスチッ…
2020年9月7日 廃棄物 ベトナム ベトナム、プラスチック廃棄物の管理強化の方針を…
2020年4月16日 水質汚染・水資源管理 フィンランド環境研究所、道路交通が最大のマイ…
2020年2月15日 廃棄物 インドネシア インドネシア、プラスチック廃棄物の疑いのある輸…
2019年1月22日 企業の環境管理 中国 中国国家発展改革委員会、鉄鋼業、電子部品製造業など14業種を…
2018年9月20日 廃棄物 シンガポール シンガポール環境協議会、プラスチック廃棄物のリサイ…
2018年9月17日 環境政策全般 中国 中国生態環境部「澱粉加工業など6業種の汚染物質排出許可証管…
2018年7月8日 廃棄物 中国 中国商務部、「中国再生資源回収業発展報告(2018)」を発表…
2017年8月14日 水質汚染・水資源管理 米国 米の環境団体、PVCなどによる水質汚染でFormos…
2017年7月6日 水質汚染・水資源管理 欧州連合(EU) 欧州委員会が海へのマイクロプラスチック排出を減らす…
2016年12月21日 廃棄物 中国 中国工業情報化部ら3部門、資源再生産業の推進…
2016年12月1日 水質汚染・水資源管理 米国 米カリフォルニア州のプラスチック・メーカー、水質…
2016年1月1日 廃棄物 中国 中国、廃プラスチックの総合利用に関…
2014年10月14日 自動車全般 ロシア ロシア下院、ガソリンに代わるバイオ燃料の使用…
2014年10月1日 製品設計・ラベル ドイツ ドイツ2014年ブルーエンジェル大賞の最有力候補…
2014年6月24日 廃棄物 世界海洋委員会、海洋保護について8つの勧告、汚染源の中でも…
2012年7月17日 企業の環境管理 中国 中国国内メディアが報道、河北省保定市の廃プラスチック加工工…
2012年3月7日 クリーンエネルギー推進 ロシア ロシア、中国との間で再生可能エネルギー関連の共同事業推進で合…
2012年1月24日 化学物質 欧州連合(EU) 改正RoHS指令に基づく適用除外用途の協議が開始 医…

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
国際、その他の国・地域の環境法・環境規制動向

国際、その他の国・地域の容器・包装材規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 - 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。
海外環境規制トレンド・レポート

下表は国際、その他の国・地域の容器・包装材規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称)
容器・包装材 ケミカルリサイクル動向
プラスチックペレット規制動向
世界のマイクロプラスチック規制動向

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査

コラム・無料記事

国際、その他の国・地域に関連するコラム・無料記事(不定期更新)の一覧です。

規制テーマ コラム・無料記事 更新日
容器・包装材 英仏NGO、仏食品大手ダノンをプラスチック汚染で共同提訴
「親会社および発注元企業の配慮義務に関する2017年3月27日の法律」を遵守していないと主張し、パリ司法裁判所に提訴。
2023年3月7日