欧州連合(EU) 欧州連合(EU)の主要規制テーマ

EU ELV指令(廃自動車指令)

EnviXは「EU ELV指令(廃自動車指令)」について、規制動向の調査報告書を作成・提供しております。

ELV指令改正

欧州委員会は2020年10月22日、「廃自動車(ELV)指令」の改正を検討するための作業を開始した。このためのロードマップを示す開始影響評価書を公表し、11月19日までこれに対するフィードバックを受け付けた。

ELV指令は当初の目的を概ね達成しているが、年間約400万台発生していると見られる「行方不明車両(missing vehicles)」の問題が残っている。

2000年に採用された同指令には、その後の自動車製造における進歩(ブラスチック、電子機器、重要原材料(CRM)、炭素繊維といった新素材の使用の増加やEV市場の展開など)に伴う様々な課題に対処するためのアップデートが、完全には施されていない。

同指令の適用範囲からは、多くの車種が除外されている(特にトラックと二輪車)。

「欧州グリーンディール(European Green Deal)」や「循環型経済行動計画(Circular Economy Action Plan)」の目的との整合性を高めなければならない。特に、以下の項目についての検討が必要である。

  • 廃棄物対策:これには自動車のリユース、修理、リマニファクチャリング、リサイクルを容易にするためのエコデザイン(環境配慮設計)が含まれる。
  • リサイクルとリユースを促進する可能性や、高度リサイクル向けの公平な競争の場を確保する可能性(現在、EU域内でこの点で格差が生じている)
  • EU全体で部品再利用やELVの高度リサイクルを促進するための具体的な措置の推進
  • 新車製造における再生材利用
  • ELV管理コスト負担における自動車製造者の役割:本格的な「拡大生産者責任(EPR)」のスキームに則り、EUで上市された商品の使用済み段階について製造者がより高い財政的責任を負っている部門がある。それらの部門と比較すると、自動車製造者の役割は、今のところ限定的なものである。
  • 他のEU法規との一貫性(例:廃棄物枠組み指令、電池指令、RoHS、REACH、自動車型式認証及び登録に関するEU法規など)
  • 全ELVの回収と適性処理を確保すべく条項を修正し、その施行を改善する:特に、車両の登録/登録抹消およびELV輸出やATF(authorised treatment facilities、認可処理施設)の検査に関わるEU加盟国間の協力強化を通して。

なお、欧州委員会は、ELV「指令(Directive)」を「規則(Regulation)」に置き換えるべきかどうかについても検討するとしている。

基本情報・概要

欧州連合(EU)内では、年間800万~900万台の廃自動車(ELV:End of Life Vehicle)が発生している。これらを正規に、かつ環境適合的に処理するための法的基盤が、「廃自動車に関する2000年9月18日付欧州議会及び理事会指令」(ELV指令)である。

2000年10月21日にEU官報に掲載されると同時に発効し、加盟国は2002年4月21日までに同指令を遵守するために必要な法律、規則、行政規定を施行することを義務付けられた。

適用範囲

ELV指令の対象車両は、以下の通りである。

  • 乗用車:
    「車両のフレーム構造に関する指令(70/156/EEC)」の附属書IIのAでカテゴリーM1に定義されている自動車。すなわち、運転者席を除き、座席数が8席以下の構成である、主に乗用目的の自動車
  • 小型商用車:
    「車両のフレーム構造に関する指令(70/156/EEC)」の附属書IIのAでカテゴリーN1に定義されている自動車。すなわち、最高重量75t以下の、主に貨物運搬を目的とする自動車
  • 三輪自動車:
    「二輪車と三輪車に関する指令(92/61/EEC)」に定義された三輪車で、原動機付三輪車以外のもの

再利用、リサイクル、リカバリーに関する目標値

ELV指令は、ELVの処理について、2015年以降の目標値を定めている。

  • 再利用 / リサイクル:85%以上
  • 再利用 / リカバリー:95%以上

※ 再利用(reuse):ELVから取り外したコンポーネントを同じ目的に使用すること
※ リサイクル(recycling):廃棄物を処理して再び何かに使用すること
※ リカバリー(recovery):廃棄物を処理して燃料とする等の方法で有効利用すること

(最終更新:2021年1月9日)

無料情報は以上となります。本規制テーマに関する最新情報、中長期動向報告書のご要望、また個別調査等のご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

また、EnviXでは無料のメールマガジンにて一部の規制情報を毎月配信しております。是非ともご登録ください。

最新動向

欧州連合(EU)の環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。
海外環境法規制モニタリング

なお、下表は同サービスで配信した「EU ELV指令(廃自動車指令)」に関する情報の内、件数を大幅に削減した不定期更新のサンプルです。本サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(サンプルにつき一部の記事タイトルのみ掲載
2020年11月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、ELV指令の改正を検討するための作業を開始
2020年3月 自動車全般 欧州連合(EU) EUのELV指令附属書II(適用除外リスト)改正指令(EU)2020/362が公布される――対象は六価クロム
2020年2月 自動車全般 欧州連合(EU) ELV指令見直し:欧州自動車工業会が二つのペーパーを発行――重量車への適用拡大反対など
2019年11月 自動車全般 欧州連合(EU) EU、ELV指令附属書II(適用除外リスト)の改正指令案が公表される――六価クロムに関する見直し
2018年10月 自動車全般 欧州連合(EU) EUの新車CO2排出規制:欧州議会が「30年までに40%削減」とする案を可決
2016年6月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、ELV指令関連パブリックコンサルテーション開始――焦点は所在不明のELV
2016年1月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会が自動車バッテリーへの鉛の使用禁止を検討、技術的進歩を法に反映
2013年9月 自動車全般 欧州連合(EU) ELV指令の適用除外リストの鉛関連を改定するための公開協議を開始
2013年5月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、ELV指令におけるハンダ用鉛の免除事項を改定
2011年7月 自動車全般 欧州連合(EU) EUのELV指令、鉛に関する適応除外項目の一部更新のための意見募集が開始
2010年2月 自動車全般 欧州連合(EU) EUのELV指令、附属書IIの鉛などの免除事項を改定する決定が官報にて公表

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
欧州連合(EU)の環境法・環境規制動向

欧州連合(EU)の自動車規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド EU環境法体系ガイド2018(製品編)
英語情報とはいえ、その情報量の多さ、複雑さ、活発な動向から、体系的な把握が難しいEUの環境法体系を把握する一助となるよう作成されたガイドとなります
2018年10月17日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
自動車全般 法規和訳 新しい乗用車・小型商用車のCO2排出性能基準を定める規則(EU)No 2019/631 2019年6月19日
法規和訳 EU ELV指令(2000/53/EC)の附属書Ⅱを改定する委員会決定(2008/689/EC) 2008年8月30日

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。
海外環境規制トレンド・レポート

下表は欧州連合(EU)の自動車規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称) 更新日
自動車全般 EU 自動車排ガス規制(有害物質・GHG) 2021年1月9日
EU 電気自動車(EV / PHEV)・燃料電池車(FCV)政策 2020年7月4日
EU ELV指令(廃自動車指令) 2018年12月1日

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査