米国 米国の主要規制テーマ

米国 建物省エネ(ビルコード)

EnviXは「米国 建物省エネ(ビルコード)」について、規制動向の調査報告書を作成・提供しております。

基本情報・概要

連邦政府の取り組みの基盤 公布日・施行日等
2007年エネルギー自立・安全保障法
Independence and Security Act of 2007)
2007年12月19日改定
ベタービルディング・チャレンジ
Better Building Challenge
2011年に発足
エネルギースター(建物と工場のための) 1992年

連邦政府による建物のエネルギー効率改善(省エネ)政策

2007年エネルギー自立・安全保障法(Energy Independence and Security Act of 2007):
連邦機関が使用する(所有、貸借に関わらず)建物のエネルギー性能について規定されている。

ベター・ビルディング・チャレンジ:
10年間で業務用施設、公共施設、産業施設、そして住宅用建物のエネルギー効率を20%以上向上させ、温室効果ガスの排出を抑え、多くの雇用を生み出すことを目的としている。2011年に、官民60の組織で活動を開始した。この活動を通じ、米国中の官民が協力し、エネルギー効率におけるポジティブな結果をシェアし再利用する。

エネルギースター・プログラム(建物と工場のための):
コンピューターとモニターのボランタリー省エネ・プログラムとして1992年にスタートしたエネルギースター・プログラムは業務用建物、住宅用建物、そして2006年から工場もその対象範囲に含まれた。特に工場を対象とする認証プログラムはエネルギースターだけである。工場の認証プログラムは分野ごとに分かれている。評価のためにエネルギースター・ベンチマークツールが用意されており、そのツールで自己評価することにより、自分の工場が同業他社に比べてどの位置にいるかがわかる。100点中、75点を取ると認証を受けることができ、表彰を受ける。毎年の更新が必要。

*

無料情報は以上となります(2016年6月1日最終更新)。本規制テーマに関する最新情報、中長期動向報告書のご要望、また個別調査等のご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

調査報告書について

EnviXでは「海外環境規制トレンド・レポート」にて本規制の動向調査報告書を提供しております。

製品名 海外環境規制トレンド・レポート
米国 建物省エネ(ビルコード)
動向調査報告書
発売・更新日 2016年6月
販売価格・納品物 MS Wordファイル(A4版 4~10頁程度)

報告書は下記の構成をとります。

  • バックグラウンド情報:規制の基礎情報や経緯を要約
  • 最近の動向:直近 6ヶ月~1年間の動向を時系列で記載
  • 今後の展開とスケジュール:改正動向など、信頼性の高い情報を客観的に報告・解説
  • エンヴィックスの見解と展望:弊社研究員の見解・総括

なお、本報告書は単品販売に対応しておりません。弊社情報サービス「海外環境規制トレンド・レポート」にて、

  • 年間契約(年間2回発行)
  • 単号販売
  • 地域別セット販売
  • 選択式販売(規制テーマ別報告書10点より)

の販売形態で提供しております。詳しくは下記より製品案内を御覧ください。
海外環境規制トレンド・レポート

お問い合わせ ご注文・お問い合わせはWEBフォームより承ります。

ご急ぎの際はお電話(03-5928-0180)もご利用ください。平日10~17時受付。
担当:行徳

最新動向

米国の環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。

海外環境法規制モニタリング

なお、下表は同サービスで配信した「米国 建物省エネ(ビルコード)」に関する情報の内、件数を大幅に削減した不定期更新のサンプルです。本サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(サンプルにつき本文は非掲載)
2019年2月 環境政策全般 米国 米EPAの2019会計年度歳出予算確定、前年度から微増の総額88億ドル
2019年1月 地球環境 米国 米国の2018年の燃料燃焼によるCO2排出、3年ぶりの3.4%と大幅上昇
2017年10月 地球環境 米国 米国NYC、パリ合意の目標達成のための3カ年実行計画を発表――高効率ビル、EV促進
2017年6月 企業の環境管理 米国 米国で雨水利用の企業にストームウォーター処理料金とエネルギー使用量の削減効果をもたらす
2017年3月 製品設計・ラベル 米国 米国DOE、省エネ基準策定・改定2017年2月3日から3月6日の動き――最終規則の発効延期
2016年6月 その他 米国 米国エネルギー情報局、政府支援策を通じた再エネ導入拡大と炭素排出量削減を予測
2015年4月 省エネ全般 米国 米国、2015年エネルギー効率改善法制定――商業ビルの省エネと節水促進
2015年3月 省エネ全般 米国 米カリフォルニア州、既存の建物の省エネ性能倍増のための10ヵ年行動計画案発表
2015年3月 地球環境 米国 米国オバマ大統領が連邦政府機関に2025年までに温室効果ガス排出量40%削減を命令
2015年2月 製品設計・ラベル 米国 米カリフォルニア・エネルギー委員会、家庭用機器エネルギー効率基準改定提案通知を発行
2015年2月 地球環境 米国 米加州、4名の民主党上院議員が「気候リーダーシップ」法案パッケージ発表
2014年7月 省エネ全般 米国 米でエネルギー効率関連法案2件が下院を通過
2014年5月 省エネ全般 米国 米DOE長官、気候変動対策として需要側のエネルギー効率改善の重要性を強調
2014年2月 省エネ全般 米国 2013年のグリーンビルディング全米No.1州はイリノイ州
2013年12月 省エネ全般 米国 米暖房冷凍空調学会、データセンターのエネルギー規格案について意見募集
2013年12月 省エネ全般 米国 米グリーンビルディング協会のLEED担当者が環境配慮型建物認証制度の実態を語る
2013年9月 自動車全般 米国 米国カリフォルニア州でクリーン車普及促進プログラムの財源確保法などが成立
2013年9月 省エネ全般 米国 米国エネルギー省が「ベター・プラント」のエネルギー経費削減額を10億ドルと発表
2013年8月 自動車全般 米国 米国自動車メーカーが規制適合のために持続可能性への取り組みを鮮明に
2013年7月 省エネ全般 米国 米EPA、ENERGY STARポートフォリオ・マネージャーの新バージョンを公開
2013年5月 省エネ全般 米国 米エネルギー省新長官が就任、「任期中はエネルギー効率の改善を重視」
2013年4月 省エネ全般 米国 米国LEEDの認証取得希望者は計測&検証設備の整備を求められる――専門家がアドバイス
2013年4月 化学物質 米国 米の発泡材業界団体、住宅用発泡断熱材の難燃剤不使用化の提案に反対
2013年1月 クリーンエネルギー推進 米国 米国エネルギー省がレアアースの供給不足を補うためのイノベーションハブを設立
2012年11月 省エネ全般 米国 米国のグリーンビルディング市場が2016年には16兆5000億~20兆円規模に
2012年10月 省エネ全般 米国 米国グリーンビルディング協会が導入を先延ばしした新しいLEEDの基準案を発表
2012年10月 その他 米国 米国Kansas Cityで電力会社や電池メーカーなどがスマートグリッド実証実験を開始
2012年8月 省エネ全般 米国 米連邦調達庁によるLEED建物評価基準の排他的使用は建設市場に損害――ACC副会長が下院聴聞会で証言
2012年4月 クリーンエネルギー推進 米国 米EPA、再生可能エネルギー開発サイトとしての潜在的汚染サイトの適正評価ツールを開発
2011年7月 省エネ全般 米国 米DOEと全米暖房冷凍空調技術者協会、建物のエネルギー基準を改善するための協定に署名
2010年11月 省エネ全般 米国 米ICC、建物のエネルギー効率を30%改善可能なモデル建築基準の最新版を承認
2010年2月 環境政策全般 米国 米オバマ大統領、予算教書演説でホワイトハウスの環境分野における最優先遂行目標を発表

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
米国の環境法・環境規制動向

米国の製品設計・ラベル情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 - 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
製品設計・ラベル 報告書 連邦省エネプログラムとカリフォルニア州省エネ規則概要の報告書・Q&A集
数多くの問い合わせが寄せられる両規制について、正確な理解と把握の助けとなるべく、概要報告書と質問回答形式のQ&A集を作成。
2018年3月23日
法規和訳 連邦省エネプログラム バッテリーチャージャー省エネ基準・評価手順
米国エネルギー省(DOE)が2016年5~6月に相次いで発行した最終規則に、数多くの混乱めいた問い合わせが寄せられております。
2016年10月11日
法規和訳 カリフォルニア州 家電効率規則 充電器(BCS)省エネ基準及び米国連邦試験方法
BCS(充電器・バッテリチャージャ)に係る2011年12月14日規則改正案。カリフォルニア州エネルギー委員会、2012年1月12日採択。
2012年3月28日

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。

海外環境規制トレンド・レポート

下表は米国の製品設計・ラベル情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称) 更新日
製品設計・ラベル 米国 連邦エネルギー効率基準(製品省エネ) 2018年12月1日
米国 エネルギースター・プログラム 2018年12月1日
米国 建物省エネ(ビルコード) 2016年6月1日

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査