国際、その他の国・地域の環境法規制情報

米マクドナルド、食品包装におけるPFAS使用を全世界で禁止へ

当社サービス「海外環境法規制モニタリング」の月例報告書(2021年2月号)より、「米マクドナルドが新たなサステナブル包装コミットメントを発表、食品包装におけるPFAS使用を全世界で禁止へ」について紹介します。
本サービスでは世界全体の環境法規制の動向をお届けしております。サンプル資料として最新版の月例レポートをご提供しておりますので、是非ともお問い合わせの上、導入をご検討ください。
海外環境法規制モニタリング

*

“PFAS”という物質をご存知ですか?

「パーフルオロアルキル化合物およびポリフルオロアルキル化合物」の略称で、「永遠に残る化学物質」としても知られております。PFASなどの有機フッ素化合物は合成化合物のグループに属し、PFASは自然界ではほとんど分解されないため、いくつかの物質は癌や免疫システム、コロステロール値、さらには新生児の出生体重へ影響を与えるために、健康被害を訴える人が出てきております。これまでに4700を超えるPFAS物質が特定されており、水をはじく服、化粧品など身近なものから、フライパンや消火器まで幅広い用途に使われています。研究者によると、ほとんど全ての人の体内でPFASの存在が確認されており、また北極圏とそこに生息している動物からもPFASが検出されました。

このPFASへの対策はいま世界中で議論されており、企業も独自の取り組みを進めております。直近の例では、米国マクドナルド社が2021年1月13日、全ての包装材においてPFAS類の使用を禁止する、新たなグローバルサステナブル包装コミットメントを発表しました。マクドナルドは世界最大のファストフードチェーンで、毎日平均2500万人の顧客にサービスを提供し、2019年の年間売上高は210億ドル(約2兆2130億円)で、全世界に3万8000以上の店舗が存在します。

同社は、「2025年までに全世界で使用する包装材からすべてのフッ素化合物を取り除くことを約束することで、プロダクト・スチュワードシップの新たな一歩を踏み出すことを誇りに思う」と発表しました。(※なおマクドナルドでは、ビスフェノールA(BPA)、ビスフェノールS(BPS)、フタル酸エステル類については既に包装材から除去済みであることも明らかにしております)

今回のマクドナルドのコミットメントは、化学的安全性を追求する米NGOであるSafer Chemicals, Healthy Familiesが「Mind the Store」キャンペーンの一環として2020年8月に公開した調査報告である「Packaged in Pollution: Are food chains using PFAS in packaging?」により、ビッグマック等の包装材におけるPFASの使用が指摘されたことに端を発した全国的な運動を受けたものと言われております。この調査ではマクドナルド、バーガーキング、ウェンディーズを含む6つの食品チェーンの包装材を分
析し、そのうちマクドナルドの商品ではビッグマックの容器およびフライドポテトとクッキーの紙袋からPFASが検出されました。ビッグマックの容器は毎日100万箱以上が使用され、処分されているとのことです

もちろん、このような企業の取り組みだけでなく、規制としてもPFASへの対策が進んでおります。具体的にはアメリカの「包装材含有有害物質規制モデル法」がその一例です。2021年2月16日に発表された新モデル法は、PFAS類とオルトフタル酸エステル類(フタル酸エステル類)を新たに規制対象に加えたほか、包装材に含まれているほかの懸念化学物質を特定して規制するためのプロセスと基準を盛り込んでいます。アメリカでは19州が更新前のモデル法にもとづく州法を制定していますが、現行法に対する変更の採択、または包装材に使われる有害物質に対処する新しい法律の採択については「それぞれの州次第」となります。

PFASに対する規制はヨーロッパ各国でも議論が進められており、関係する企業にとっては代替物質への転換など、対応が求められるでしょう。また、PFASをはじめとした有害物質への懸念は小売業界においても同様で、一部の小売企業は自社の化学物質ポリシーのなかで、懸念物質の適正な使用をメーカーに求めております(例えば、アメリカの小売大手Staplesなど)。

*

PFASに関する最新動向については、当社の「海外環境規制モニタリング・サービス」で報告しております。関心のある方は是非ご連絡ください。また、世界各国・地域の環境規制・政策についても詳細な調査が可能です。是非お気軽にご相談ください。
委託調査サービス

関連製品

EnviXは国際、その他の国・地域の環境法・環境規制動向を日々調査し、企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
国際、その他の国・地域の環境法・環境規制動向

国際、その他の国・地域の化学物質規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 - 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
化学物質 報告書 PFAS規制解説レポート
欧米のPFAS規制対応のための情報源としてご活用ください。各PFASの規制内容については、解説に必要な範囲で原文および和訳の対照表(必要に応じて草案を含む)を記載。
2021年10月11日
法規和訳 サウジアラビア版RoHS 電気・電子機器等における有害物質の制限に関する技術規則
本規則の内容は、2020年11月26日にWTO-TBT通報した規則案および2018年3月28日にGCCがWTOに届けたGCCの規則案と異なる点が見受けられる。
2021年7月29日
法規和訳 GCC GSO技術規則案 電気・電子機器への特定有害物質の使用の制限 2018年8月29日
法規和訳 UAE RoHS規則及び規則実施ガイドラインver.2.0 2018年1月10日

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。
海外環境規制トレンド・レポート

下表は国際、その他の国・地域の化学物質規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称) 更新日
化学物質 バーゼル条約 2021年12月17日
水銀規制・水俣条約 2021年12月17日
PIC条約(ロッテルダム条約) 2021年12月17日
POPs条約(ストックホルム条約) 2021年12月17日
PFHxS規制 2021年12月2日
PFOA規制 2021年11月17日
PFOS規制 2021年11月17日

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査