欧州連合(EU) 欧州連合(EU)の主要規制テーマ

EU グリーンディール

EnviXは「EU グリーンディール」について、規制動向の調査報告書を作成・提供しております。

欧州グリーンディール

フォンデアライエン委員長をトップに新体制となった欧州委員会は2019年12月11日、持続可能な欧州経済に向けたロードマップ”欧州グリーンディール”を方針書の形で公表した。

同委員長は、このEUの「新たな成長戦略」は「もっと暮らしを健康に、ビジネスを革新的にすべく、生活・労働・生産・消費の仕方を転換していく術を示す」ものとし、ティーマーマンス上級副委員長は「排出を減らし、自然環境を健やかに戻し、野生生物を保護し、新たな経済チャンスを生み、欧州市民の生活の質を改善する方法を示す」もので「全員に果たすべき重要な役割があり、あらゆる産業と国が変革の一端を担う」とした。

新戦略は、輸送、エネルギー、農業、産業(製鉄、セメント、ICT、繊維、化学)など全経済部門を網羅し、クリーンで循環型の経済への移行により資源の効率的使用を増強し、気候変動をくい止め、生物多様性の喪失を改善し、汚染を減らすための一連の行動を実施目安時期とともに示している(方針書の付属書に一覧表)。

  • 欧州を2050年までに世界初の炭素ニュートラル(実質的な排出ゼロ)大陸にするとの政治的野心を法の形にする”欧州気候法”案と、2030年に向けたEU生物多様性戦略、新たなEU産業戦略、循環型経済行動計画を100日以内(2020年3月目安)に示す。
  • 今のEU2030年気候目標は、温室効果ガス排出量を1990年比で最低40%削減するとしているが、これを最低50%、できれば55%削減するとし、2050年目標に向け現実的な道筋をつけるべく、直ちに再検討に着手し、2020年夏に包括的計画を出す。
  • 持続可能な食物のための”農場から食卓まで(Farm to Fork)”戦略を2020年春に出す。
  • 汚染の無い欧州に向け、持続可能な化学物質戦略を2020年夏に、水・大気・土壌ゼロ汚染行動計画と大規模産業施設の汚染関連法の改正案を2021年に出す。
  • 持続可能でスマートなモビリティのための戦略を2020年に出す。
  • 欧州グリーンディールの目標達成に必要な多額の投資は官民双方から引き出す必要がある。資金需要を満たすべく、2020年1月をめどに持続可能な欧州投資計画を出す。また持続可能な金融戦略の更新版を2020年秋に出す。このほかEUの長期予算の最低25%は気候行動対策に振り向け、欧州投資銀行や欧州気候銀行がさらに支援を提供する。
  • 炭素集約的活動への依存度が非常に高い地域を支援する”公正移行メカニズム”を2020年1月をめどに提案する。変革の影響を最も被る人々を支援し、スキル再習得プログラムや新たな経済部門での雇用機会へのアクセスを提供する。
  • 新たな行動の設計や情報の共有、草の根運動の立ち上げ、模範的ソリューションの紹介などに市民の声と参加を得るべく”気候協定”を2020年3月をめどに出す。
  • 気候や生物多様性をめぐる国際交渉で引き続き先導的役割を果たし、グリーン外交を強化し、EU域外に努力強化を説得する。持続可能性を確保するため通商政策を活用する。バルカン諸国やアフリカ諸国と連携を構築し、各地の変革を手助けする。

EU 循環型経済政策(サーキュラー・エコノミー)
EU PFAS規制

欧州グリーンディール投資計画

欧州委員会は2020年1月14日、欧州グリーンディール投資計画(別名:持続可能な欧州投資計画)を示す方針書と、同計画の一部を成す公正移行メカニズム(JTM:Just Transition Mechanism)を創設するための法案を発表した。

この計画は、環境を軸とした新成長戦略「欧州グリーンディール」の目標実現に向け、今後10年間に官民合わせて最低1兆ユーロの持続可能な投資を導くもので、本格的な公的資金の投入を契機にEUの金融ツールを通じて民間投資の誘い込みを図る。JTMは、持続可能な経済に向けた変革の中で、化石燃料産業に高依存する地域など、特に社会・経済的影響を被る地域に、個別の財政的・実際的支援を提供する。

方針書は2021~2030年に計1兆ユーロ以上を次のように調達することを提案している。

  • 5030億ユーロ:
    EUの次の多年度財政枠組み(2021~2027年対象)で全予算の25%を気候・環境関連に支出するようにし、その割合を2030年まで続ける。
  • 1140億ユーロ:
    上記EU予算の支出に伴い各加盟国が追加支出。
  • 2790億ユーロ:
    民間だけではリスクが高すぎる事業をEUが部分的に保証することで促進する「InvestEU」基金の活用により、EIBグループ、さらには各国開発銀行と国際金融機関を通じて官民双方から投資を呼び込む。
  • 1430億ユーロ:
    JTMから支出。財源はEU、各加盟国、InvestEU、EIB。
  • 250億ユーロ:
    技術革新・現代化基金から支出。財源はEUの排出権競売益の一部。

(最終更新:2021年1月9日)

無料情報は以上となります。本規制テーマに関する最新情報、中長期動向報告書のご要望、また個別調査等のご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

また、EnviXでは無料のメールマガジンにて一部の規制情報を毎月配信しております。是非ともご登録ください。

最新動向

欧州連合(EU)の環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。
海外環境法規制モニタリング

なお、下表は同サービスで配信した「EU グリーンディール」に関する情報の内、件数を大幅に削減した不定期更新のサンプルです。本サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(サンプルにつき一部の記事タイトルのみ掲載
2021年2月 地球環境 欧州連合(EU) EU炭素国境調整制度の新設を支持する決議案、欧州議会の委員会を通過
2021年1月 廃棄物 欧州連合(EU) EUでプラスチック廃棄物の輸出入を規制する新規則が発効
2021年1月 大気汚染 欧州連合(EU) 欧州委員会、大気質関連指令を改正するためのイニシアチブを開始
2020年12月 製品設計・ラベル 欧州連合(EU) 欧州議会、EU消費者への「修理する権利」の付与を求める決議を採択
2020年12月 製品設計・ラベル 欧州連合(EU) 欧州委員会、携帯電話とタブレット端末向けエコデザイン/エネルギーラベル規制策定プロセスを開始
2020年11月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、ITS指令の改正を検討するための作業を開始
2020年11月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、ELV指令の改正を検討するための作業を開始
2020年11月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、新車CO2排出基準の見直し作業を開始
2020年11月 大気汚染 欧州連合(EU) 欧州委員会が大気、水、土壌の汚染ゼロ行動計画の策定に向けてパブリックコンサルテーション開始
2020年10月 地球環境 欧州連合(EU) 欧州産業界、欧州委員会に2030年目標の55%への引き上げを要請
2020年10月 環境政策全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、産業排出指令の改正案2021年提出に向け影響評価など準備進める
2020年10月 環境政策全般 欧州連合(EU) EUの第8次環境行動計画案を欧州委が発表、対象期間は2030年まで
2020年9月 製品設計・ラベル 欧州連合(EU) 欧州委員会、重要原材料に関する行動計画を発表、欧州原材料アライアンス創設も
2020年9月 製品設計・ラベル 欧州連合(EU) 欧州委員会、エコデザイン指令の改正イニシアチブを開始――エネルギー関連製品以外にも適用拡大予定
2020年8月 省エネ全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、エネルギー効率指令の見直しを開始――欧州グリーンディールの一環で
2020年7月 地球環境 欧州連合(EU) 欧州委員会、Fガス規制の改正イニシアチブを開始、2021年末に規則案提出予定
2020年6月 電池 欧州連合(EU) 欧州委員会、持続可能なバッテリー要件に関するイニシアチブに関する公開協議を開始
2020年6月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、代替燃料供給インフラ展開指令の改正作業に着手
2020年6月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州自動車工業会、ポストEuro 6/Euro VI排ガス規制に関する推奨事項を発表
2020年6月 環境政策全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、新型コロナ禍からの復興計画と強化版の中期予算案を示す
2020年6月 容器・包装材 欧州連合(EU) 欧州委員会、包装廃棄物指令の見直しの検討を開始――公開協議
2020年6月 企業の環境管理 欧州連合(EU) EUで環境的に持続可能な経済活動を定義する規則が公布、環境に優しい投資促す
2020年5月 化学物質 欧州連合(EU) 欧州委員会、「持続可能な化学物質戦略」のロードマップに対する意見募集を開始
2020年5月 環境政策全般 欧州連合(EU) EU復興ロードマップ、グリーン化とデジタル化に巨額投資、新型コロナ禍受け
2020年4月 電池 欧州連合(EU) EU電池指令:今秋開始予定の改正作業に先立ち、DIGITALEUROPEが推奨事項を発表
2020年4月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、Euro 7の策定に向けたイニシアチブを開始――対象は乗用車、バン、トラック、バス
2020年4月 環境政策全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、持続可能な経済活動に関する分類システムの委任規則策定について始動
2020年4月 環境政策全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、産業排出指令改定イニシアチブについて意見募集
2020年3月 地球環境 欧州連合(EU) 欧州委員会、2050年排出実質ゼロを定める気候法案を発表、意見公募も開始
2020年3月 地球環境 欧州連合(EU) 欧州委員会、炭素国境調整制度の初期影響評価を公表、概要を説明し意見を公募
2020年3月 環境政策全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、新たな循環型経済行動計画を発表、資源重視の製品政策など示す
2020年3月 地球環境 欧州連合(EU) 欧州委員会、2030年温暖化ガス削減目標強化に向け初期影響評価を公表、意見募る
2020年1月 環境政策全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、欧州グリーンディール投資計画と公正移行メカニズム創設法案を発表
2019年12月 環境政策全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、環境を軸とした新たな成長戦略、欧州グリーンディールを発表
2019年9月 地球環境 欧州連合(EU) 欧州委員会の次期委員長の提唱する炭素国境税、仏独の財務・経済相が検討を支持
2019年9月 環境政策全般 欧州連合(EU) 欧州グリーン・ニューディール、持続可能な欧州に向けシンクタンクなどが構想

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
欧州連合(EU)の環境法・環境規制動向

欧州連合(EU)の環境政策全般情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド EU環境法体系ガイド2018(製品編)
英語情報とはいえ、その情報量の多さ、複雑さ、活発な動向から、体系的な把握が難しいEUの環境法体系を把握する一助となるよう作成されたガイドとなります
2018年10月17日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。
海外環境規制トレンド・レポート

下表は欧州連合(EU)の環境政策全般情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称)
環境政策全般 EU グリーンディール
EU 循環型経済政策(サーキュラー・エコノミー)

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査