中国 中国の環境法規制情報

中国版RoHS関連の推奨国家標準「電気電子製品有害物質使用制限適合性証明技術文書規範」(GB/T 36560-2018)

中国版RoHS関連の推奨国家標準
電気電子製品有害物質使用制限適合性証明技術文書規範(GB/T 36560-2018)が公布
2019年2月1日より施行へ

EU-RoHSに適用されている国際規格の「IEC 63000」を引用し作成された中国の推奨性国家標準「電気電子製品有害物質使用制限適合性証明技術文書規範」がようやく2018年7月13日に公布され、2019年2月1日より施行される。
これは、製造業者が製品の制限物質要求への適合性宣言を行う際に必要となる技術文書について規定したものである。

製品情報

製品名 中国版RoHS関連の推奨国家標準
電気電子製品有害物質使用制限適合性証明技術文書規範(GB/T 36560-2018)
日本語版和訳
納品物 MS Wordファイル(A4判 約10頁)
価格 13,000円(税別)
ご注文・お問い合わせ
03-5928-0180(担当:中里)

補足情報

2018年7月13日、中国市場監督管理総局および中国国家標準化管理委員会は、中国版RoHS関連の推奨国家標準である「電気電子製品有害物質使用制限適合性証明技術文書規範」(GB/T 36560-2018)を発表した。国際規格の「IEC 63000」を引用し制定された同国家標準は、製造業者が製品の制限物質要求への適合性宣言を行う際に必要となる技術文書について規定したものであり、2019年2月1日より施行される。その主な内容は、以下のとおりである。

技術文書の内容:
技術文書には、少なくとも以下の内容が含まれていなければならない。

  • 製品の概要。
  • 材料、部品および/または半組立品に関する文書(含有化学物質の情報)。
  • 製品中の材料、部品および/または半組立品と技術文書との対応関係について説明した情報。
  • 技術文書の準拠または参考標準および/またはその他の技術規範のリスト。

以下は、技術文書作成の流れを表した図である。

同標準の「まえがき」によると、部品や均質材料レベルで適用される制限要求については、製造業者が完成品のすべての材料に対して最終検査・試験を実施するのは不可能であるため、法令遵守の管理や技術文書の作成をサプライヤーと共同で行い、その製品の適合性を証明できると記載されている。

同標準の「4.3.5」では、技術文書に含まれる文書に対する審査を定期的に行い、それらの文書の有効性を確実に保証するよう製造業者に要求している。また、各材料、部品または半組立品に関するすべての変化を技術文書に含めるようにも求めている。