米国 米国の主要規制テーマ

米国 自動車排ガス規制(有害物質・温室効果ガス)

EnviXは「米国 自動車排ガス規制(有害物質・温室効果ガス)」について、規制動向の調査報告書を作成・提供しております。「米国 大気汚染防止(固定発生源)」も合わせてご確認ください。

カリフォルニア州、先進クリーントラック規則

米カリフォルニア州大気資源委員会(CARB)は、2020年4月28日、ピックアップトラック、配送トラック、輸送バス、その他の大型トラックのうちゼロ・エミッションでなければならないトラックの数を増加させるAdvanced Clean Truck規則の修正案を発表した。

販売比率目標を全体的に引き上げ、設定期間もより長期までの内容に修正されている。

ZEV販売比率スケジュール(最新版)

モデルイヤー 中型トラック
Class 2b3
総重量8,50014,000ポンド
大型トラック
Class48
総重量14,001ポンド以上
大型トレーラー
Class 78
総重量26,001ポンド以上
2024 5% 9% 5%
2025 7% 11% 7%
2026 10% 13% 10%
2027 15% 20% 15%
2028 20% 30% 20%
2029 25% 40% 25%
2030 30% 50% 30%
2031 35% 55% 35%
2032 40% 60% 40%
2033 45% 65% 40%
2034 50% 70% 40%
2035年以降 55% 75% 40%

カリフォルニア州の動きに追随して、15州とコロンビア特別区が覚書を締結し、同じ方向へ動き出している。詳細は「米国 EV政策・FCV政策(電気自動車・燃料電池車)」ページ参照。

2021年1月8日時点で、未だ正式な規則公布には至っていない。

基本情報・概要

連邦政府が排出規制の対象とするカテゴリーのうち、自動車関連のものは以下の通りである。

  • 【エンジン/自動車/機器規制】
    大型トラックおよびバス
    軽量車両及びトラック
    ノンロード圧縮点火エンジン及び関連機器
    ノンロード大型スパーク点火エンジン及び関連機器
    ノンロード小型スパーク点火エンジン及び関連機器
  • 【燃料硫黄プログラム規制】
    ガソリン硫黄プログラム
    ハイウェイディーゼル硫黄プログラム、ほか。

有害物質排出規制・燃料規制

米国の排ガス・燃料規制は、1990年CAA修正法に基づいて1991年以降、2017年11月末現在まで、3段階の基準が設けられている。

  • Tier 1基準:1991年6月公布、1994年~1997年に段階的に導入
    全ての軽量車両(Light-duty vehicles, LDV)に適用。
  • Tier 2基準:1999年12月公布、2004年~2009年に段階的に導入
    適用範囲を中型自動車(Medium duty passenger vehicles, MDPV)まで拡大。
  • Tier 3基準:2014年3月公布、2017年~2025年に段階的に導入見込み
    適用範囲を大型自動車(Heavy-duty vehicles)(上限14000ポンド)まで拡大。この基準はカリフォルニア州のLEV III基準に沿う内容となっている。

【Tier 3基準】

Tier 3基準を定める規則では大きく分けて3つの基準を設けている。

  • 排気管排出基準(Tailpipe Emissions Standards)
    対象車両:軽量車両、特定の条件を満たす大型自動車
    対象物質:非メタン有機ガス(NMOG)、窒素酸化物(NOx)、粒子状物質(PM)
  • 蒸気排出基準(Evaporative Emissions Standards)
    対象車両:軽量車両、オンロードのガソリン駆動大型自動車
    対象:燃料からの蒸発量(試験あたりの蒸発量基準を設定)
  • 燃料基準(Fuel Standards)
    対象:ガソリン中の硫黄分

米国の排ガス基準(排気管排出基準)を眺める前に、排ガス基準は次の2つの考え方があることを認識しておく必要がある。

各車両モデルで選択して遵守することができる基準(”Bin+番号”で呼ばれる)
自動車メーカーの車両全体について遵守する企業平均基準

温室効果ガス(GHG)排出基準

有害物質の排出基準とは別に、地球温暖化対策の見地、すなわち環境保護の観点から温室効果ガス(GHG)排出に関する基準も設けられている。法的根拠は、新車自動車またはそのエンジンに関する排出基準について規定している規則と、それに基づいて2007年に公示された大統領令があげられる。

小型車、小型トラックおよび中型乗用車に関するGHG基準

  • 【温室効果ガス(GHG)】 CO2、N2O、CH4、など
  • 【対象車両】2012年以降のモデルイヤーの小型車、小型トラック、中型乗用車
    ※マルチ燃料車、代替燃料車、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車を含む。
  • 【フリート平均CO2基準】
    各製造者は指定の手順で算出されるフリート平均CO2基準を遵守しなければならない。
    ※CO2基準とは別に、N2O、CH4基準も存在する。

燃費規制:CAFE基準

エネルギー政策・節約法(EPCA)では、自動車および特定のその他の自動車の基準は、製造者がそのモデルイヤーに達成できると運輸省長官が判断した、実現可能な最大の平均燃費レベルとし、規則を策定する際は、少なくとも1年以上5年以下のモデルイヤーについての内容を含まなければならないことを規定している。

企業平均燃費基準(CAFÉ)は生産台数と目標値を用いた計算式によって算出される。CAFE基準は国産乗用車および輸入乗用車について、その企業の平均燃費基準値となり、その値を遵守しなければならない。目標値は、各車種のフットプリントや規則に定める定数を用いて算出される。

当社「米国環境法体系ガイド【製品編】」にて有害物質排出規制・GHG排出規制・燃費規制等について詳説している。

最新動向

米国の環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。
海外環境法規制モニタリング

なお、下表は同サービスで配信した「米国 自動車排ガス規制(有害物質・温室効果ガス)」に関する情報の内、件数を大幅に削減した不定期更新のサンプルです。本サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(サンプルにつき一部の記事タイトルのみ掲載
2021年1月 自動車全般 米国 米カリフォルニア州以外でのMOVES3の利用可能性を連邦官報で発表
2020年12月 自動車全般 米国 米ミシガン州下院、電気自動車の販売を抑制する法案を可決
2020年11月 自動車全般 米国 米国内のガソリン車販売終了を求める「2020年ゼロエミッション車法案」が上程
2020年11月 自動車全般 米国 米大統領選挙のバイデン氏の勝利は、EVの販売メーカーの支援につながるとの見方
2020年9月 自動車全般 米国 米NHTSA 、「HVおよびEVに関する最小音要件」の暫定最終規則を公表
2020年9月 自動車全般 米国 米カリフォルニア州、気候変動対策の一環としてガソリン車を段階的に禁止すると発表
2020年8月 自動車全般 米国 大型エンジン規制の最新情報:米EPAが施行の自由裁量権を行使
2020年5月 自動車全般 米国 2021〜2026年式車のSAFE自動車規則の最終規則が米連邦官報で公布
2020年4月 自動車全般 米国 米排ガス抑制装置製造者協会、新たなSAFE自動車規則の遵守は比較的容易とのコメント
2020年3月 自動車全般 米国 米ワシントン州、ZEV規制を導入へ
2019年11月 自動車全般 米国 米CARB、中型・大型トラックにもZEV販売比率を求める規則案を公開
2019年9月 自動車全般 米国 米EPAとNHTSA、SAFE自動車規則案の最終規則化に向けて燃費・GHG排出基準を連邦に一本化
2019年8月 自動車全般 米国 米コロラド州大気質規制委員会、ZEV基準を採択
2019年1月 自動車全般 米国 米北東部・中部大西洋岸諸州、自動車燃料からのGHG排出抑制で合意
2018年12月 自動車全般 米国 米CARB、輸送部門の排出増のためGHG削減目標の達成は現状では困難との報告書
2018年10月 自動車全般 米国 米CARB、低炭素燃料基準を改正してさらに強化
2018年8月 自動車全般 米国 米CARB、軽量車GHG排出基準のみなし遵守規定の改正を提案
2018年8月 自動車全般 米国 米EPAとNHTSA、2021~2026年式軽量車両の新たな燃費・温室効果ガス排出基準案について公聴会会開催へ
2018年6月 自動車全般 米国 米北東部諸州、電気自動車充電インフラに関する北東部回廊地域戦略を公表
2018年6月 自動車全般 米国 米CARB、革新的クリーン輸送に関する規制案の概要を公表
2018年5月 自動車全般 米国 米DOE、EVの超高速充電実現のための開発プロジェクトに1900万ドル補助
2018年4月 自動車全般 米国 米EPA、ディーゼル排ガス削減に総額4000万ドルの補助金
2018年3月 自動車全般 米国 米NHTSA、HVとEVの静音規制を一部見直す最終規則を公布
2018年2月 自動車全般 米国 米国FMC社CEO、電気自動車の急増がリチウムの枯渇を招く可能性を指摘
2018年1月 自動車全般 米国 米NHTSA、新たな燃費基準を3月末までに提案する見込み
2018年1月 自動車全般 米国 米コロラド州、「コロラド州電気自動車計画」を公表
2017年12月 自動車全般 米国 米加州、2040年から新車登録をクリーン自動車に限定する法案を来月提出か
2017年11月 自動車全般 米国 米ニュージャージー州、VWからの和解金全額を自動車排ガス関連の大気汚染対策に
2017年10月 自動車全般 米国 米ネバダ州、コロラド州など7州が電気自動車回廊計画に署名
2017年8月 自動車全般 米国 米国におけるVW車排ガス不正、CARBがVWによる2億ドルのZEV投資を承認
2017年8月 自動車全般 米国 米EPAと運輸省、軽量車のGHG排出基準見直しについて意見募集
2017年7月 自動車全般 米国 米トランプ政権の規制緩和策でHV等の静音規制などが俎上に
2017年6月 自動車全般 米国 米加州、中国四川省及び江蘇省とZEVを含むグリーンテクノロジー分野での協定に合意
2017年5月 自動車全般 米国 米加州知事、法案SB1に署名――524億ドルの道路修復財源等にZEV税含む自動車税、燃料税等
2017年3月 自動車全般 米国 米30都市が共同で取り組む100億ドル相当のEV政府調達イニシアチブが進行中
2017年3月 自動車全般 ICCT報告――米2022~2025年モデル軽量車GHG排出基準と燃費基準は現行のままで遵守可能
2017年2月 自動車全般 米国 米国におけるVW車排ガス不正、3.0L TDI V6エンジン車について和解合意
2017年2月 自動車全般 米国 米CARB、ZEV規制の中期見直し結果を公表――ポスト2025年の規制強化も視野に
2017年1月 自動車全般 米国 米EPA、Fiat Chryslerに大気浄化法違反を通告――ディーゼル車に未届けソフトを搭載
2016年12月 自動車全般 米国 米運輸省国家道路交通安全局、歩行者の安全のためにHEVやEVを対象に最小騒音規定を設定
2016年12月 自動車全般 米国 米ミシガン州でEV・HEVに燃料サーチャージ課税
2016年10月 自動車全般 米国 米加州、プラグインハイブリッド車対象のステッカー制限を撤廃し、HOVレーン推奨へ
2016年8月 自動車全般 米国 米国DOE、乗用車及びトラックの排ガス削減、燃費効率の改善に約138億円の補助金
2016年7月 自動車全般 米国 米環境保護団体NRDCがレポートを公表――EVは環境対策や新エネルギーに取り組む公益事業と企業活動の両方にとって一つの契機
2016年7月 自動車全般 米国 米国、ホワイトハウスが電気自動車や充電インフラの展開を加速させるため、45億ドルもの債務保証を含む官民協働の方針を表明
2016年1月 自動車全般 米国 米司法省、排ガス規制逃れ問題でVWグループを提訴
2015年11月 自動車全般 米国 米国環境保護庁が新たにPorscheも含めたVolkswagenグループに2通目の違反通知
2015年10月 自動車全般 米国 独VW車スキャンダル、米国でのリコールに遅れ――ドイツで強制化されて欧州で先にスタートか
2015年9月 自動車全般 米国 米国でのVolkswagenスキャンダル――発端は2000年代からの欧州ディーゼル・ブームか
2015年8月 自動車全般 米国 まだまだ強化される米国カリフォルニア州のゼロ排ガス車規制

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
米国の環境法・環境規制動向

米国の自動車規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド 米国環境法体系ガイド 製品編
膨大な法律や規則の情報から、日本の事業者に関連が大きい環境規制の要件を概説!
2020年10月6日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
自動車全般 報告書 米国におけるEV及びリチウムイオン電池産業支援の枠組み 2013年4月1日

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。
海外環境規制トレンド・レポート

下表は米国の自動車規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称)
自動車全般 米国 自動車排ガス規制(有害物質・温室効果ガス)
米国 EV政策・FCV政策(電気自動車・燃料電池車)

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査