米国 米国の環境法規制情報

米国におけるEV及びリチウムイオン電池産業支援の枠組み

調査報告書:
米国におけるEV及びリチウムイオン電池産業支援の枠組み

2014年4月10日、オバマ大統領によって2014年会計年度の予算教書が提出され、米国が引き続き電気自動車(EV)をはじめとしたエコカーの研究開発に資金を投入していく姿勢がより鮮明になりました。2013会計年度(2012年10月~2013年9月)のホワイトハウスの予算書には、依然として「2015年までに世界で最初に国内のEV台数を100万台にする」というオバマ大統領の1期目の就任時(2009年)に掲げられた目標が記載されており、脱石油依存政策の中心として今後も米国がEVの普及を後押ししていくことは確実です。

本ブリーフレポートでは、今後業界の動向に変化が見られるであろう米国におけるEVおよび車載用リチウムイオン電池産業の開発・市場導入支援の枠組みを整理したものです。リーマンショックからの「復興」を目指し、そのための景気刺激策をまとめた2009年米国復興・再投資法(ARRA)に基づき、払い戻し(リベート)制度、研究開発投資、次世代車両インフラへの投資促進のための競争的プログラムを通した支援が行われています。そうした枠組みを理解することにより、米国のEVおよびリチウムイオン電池産業支援の背景にある資金の流れを把握することが可能となります。

  • 製品名:
    米国におけるEV及びリチウムイオン電池産業支援の枠組み
  • 提出物:
    日本語版:PDFファイル(A4判10ページ)
    *申し込みいただき次第、即日の納品が可能です。
  • 価格:
    2,500円(税別)
  • 申込先:
    contact@envix.co.jp(担当:中里)

関連製品

EnviXは米国の環境法・環境規制動向を日々調査し、企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
米国の環境法・環境規制動向

米国の自動車規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 - 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
自動車全般 報告書 米国におけるEV及びリチウムイオン電池産業支援の枠組み 2013年4月1日

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。

海外環境規制トレンド・レポート

下表は米国の自動車規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称) 更新日
自動車全般 米国 大気汚染防止(移動発生源:自動車関連規制) 2018年12月1日
米国 電気自動車推進政策 2018年12月1日

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査