米国 米国の環境法規制情報

米国連邦省エネプログラムとカリフォルニア州省エネ規則の概要とQ&A

米国連邦省エネプログラムとカリフォルニア州省エネ規則の概要とQ&A
バッテリーチャージャーと外部電源

日本語版和訳

バッテリーチャージャーに関する省エネ基準の2018年6月13日以降強制化に備え、緊急発売します。
なお、「連邦省エネプログラム バッテリーチャージャーシステム 省エネ基準(Standards)と評価手順(Test Procedure)」日本語版和訳と同時購入で割引価格を適用します。

2018年の6月13日に、連邦省エネプログラムのバッテリーチャージャーに関する省エネ基準が強制化されます。それに伴い多くの御質問いただいております。その御質問にお答えする中で、米国連邦省エネプログラムに関し私自身も含めいくつもの理解不足があること、省エネ基準と評価手順以外の要件、例えば登録要件などに関して、理解が不足していると感じました。

例えば、米国官報、米国規則集も含めほとんどの文書で、「この最終規則は遵守日以降にmanufactureされた製品に適用される」と記載されており、「遵守日前に大量にストックを製造して徐々に米国に輸出すればいいのだ」と解釈されています。しかし、連邦省エネプログラムの根拠法、『エネルギー政策・省エネ法(EPCA)』約250ページの中に1行、「manufactureとは、manufacture, produce, assemble, or import」と定義されています。どの場合に製造で、どの場合が輸入なのか記載されていませんが、輸入品に関しては「遵守日に輸入された製品に適用される」と解釈すべきだと思います。

この様な誤解、理解不足を少しでも解消すべく、寄せられた御質問にお答えし、関連事項を御理解いただくためにこの『概要とQ&A集』を作成しました。特にバッテリーチャージャーと外部電源に関する御質問が多かったので、その二つを例にとりながら回答、解説しました。

また、連邦省エネプログラムとカリフォルニア州の省エネ規則の関係についても多くの御質問をいただきましたので、カリフォルニア州の省エネ規則についての御質問にもお答えいたします。

連邦とカリフォルニア州の省エネ法、規則を合わせると膨大なページ数になります。お客様とお話した中で筆者が必要と考えた部分を中心に記載しました。御了承ください。

詳細は目次をご覧下さい。

品名 米国連邦省エネプログラムと
カリフォルニア州省エネ規則の概要とQ&A
納品物 MS Wordファイル (A4判 本文28頁)
価格 ¥50,000(税別)

なお、
連邦省エネプログラム バッテリーチャージャーシステム
省エネ基準(Standards)と評価手順(Test Procedure)

日本語版和訳(¥50,000)と同時購入で、
¥85,000(税別)

申込先 contact@envix.co.jp  TEL: 03-5928-0180
担当:行徳

始めに、本Q&A集の目的

1. 米国 連邦省エネプログラム(Federal Energy Conservation Program)

  • (1). 連邦省エネプログラムの根拠法は?
  • (2). 所轄官庁は?
    対象製品(2018年2月時点)は? 自動車は対象?
  • (3). 連邦省エネプログラム準拠を義務付ける法文は?
    Subpart C 執行(違反と罰則)は?
    § 429.120 – 最大罰金
    Subpart B—評価手順
    製造日(on and after a product is manufactured)の本当の意味
    発効日と遵守日の違いは?
    評価は認定されて機関で行なわなければならないか?
  • (4). 規制の内容
    輸入時規制か販売時規制か?
  • (5). 連邦法の優先(Preemption)とは?
  • (6). 登録申請とその方法、第3者による登録は可能か?
  • (7). バッテリーチャージャー
    (a) 用語の定義とスコープ
    (b) 試験機関に条件はあるか?
    (c) 必要サンプル数は?
    (d) 評価パラメーター
    (e) 合否判定 省エネ基準
    (f) カリフォルニア州規則との差は?どちらが厳しいか?
    (g) 表示要件(Marking, Labeling)
  • (8).外部電源
    (a) 用語の定義とスコープ
    定義
    スコープ
    (b) 試験機関に条件はあるか?
    (c) 必要サンプル数
    (d) 評価手順
    (e) 省エネ基準
    (f) カリフォルニア州規則との差は?どちらの基準が厳しいか?
    (g) 表示要件(Marking, Labeling)

2. カリフォルニア州の省エネ規則

  • (1). 所轄官庁
  • (2). 機器の省エネ規則(Appliance Efficiency Regulations)
    (a) 対象製品
    (b) 規制の内容
    (c) 表示要件
    (d) BC Mark
    連邦省エネ基準発効後のBCマークについては必要か?
    (e) 届出要件とデータベースへのリスティング、第三者が代行できるのか?
    (f) 評価方法
    (g) 試験機関について
    (h) 省エネ基準
    (i) 罰則の決め方

3. 各州の独自省エネ規制の簡易調査(参考)