イギリス イギリスの主要規制テーマ

英国 オゾン層破壊物質(ODS)・Fガス関連

EnviXはEU離脱(Brexit)後の「英国のオゾン層破壊物質(ODS)・Fガス関連」関連法規とその動向について調査・報告しております。情報収集や調査のご相談など、お気軽にご連絡ください。

弊社メールマガジンにて一部の情報を無料配信しております。

以下、無料情報につき概要のみ紹介します。

英国 オゾン層破壊物質(ODS)・Fガス関連法規と主な動向

  • The Ozone-Depleting Substances and Fluorinated Greenhouse Gases (Amendment etc.) (EU Exit) Regulations 2019 No.583
  • The Ozone-Depleting Substances and Fluorinated Greenhouse Gases (Amendment etc.) (EU Exit) Regulations 2020 No.1616
  • The Fluorinated Greenhouse Gases (Amendment) (EU Exit) Regulations 2021 No. 543
  • The Ozone-Depleting Substances (Grant of Halon Derogations) Regulations 2021 No.1397

The Ozone-Depleting Substances and Fluorinated Greenhouse Gases (Amendment etc.) (EU Exit) Regulations 2019 No.583

EUのオゾン層破壊物質(ODS)・フロン類(Fガス)規制に基づく現行の制度を、離脱後も効果的に維持・運用できるよう、EU機関に付与されていた権限を英国内の諸機関に移管するための改正規則。英国内の各地方政府がそれぞれ独自の制度を採用することも可能にしているが、まずは割当制度を国内共通で運用し、将来的に共通の枠組みから抜けたい地方政府がある場合、中央政府や他の地方政府を交えて協議することを前提としている。

The Ozone-Depleting Substances and Fluorinated Greenhouse Gases (Amendment etc.) (EU Exit) Regulations 2020 No.1616

EU離脱協定法に含まれる北アイルランド議定書を反映するためにThe Ozone-Depleting Substances and Fluorinated Greenhouse Gases (Amendment etc.) (EU Exit) Regulations 2019 No.583の規制内容を改正したもの。FガスやODSに関する英国独自の規則が、英国全体ではなく、グレートブリテンのみに適用され、北アイルランドではEUの関連規則が引き続き効力を持つことを規定する。さらに、以下の規定が含まれる。

  • Fガスの割当を決める際に参照するベースラインの基準を「15~17年」から「15~19年」に変更する。
  • 特定のODSの使用・排出量の上限をEUの既定値の12%とする。これはEUのODS規則が導入された09年にグレートブリテンの人口がEUの人口の12%だったことに基づく。
  • グレートブリテンと北アイルランドの間におけるFガス、ODS、関連装置の移動を管理するための条項を導入する。

The Fluorinated Greenhouse Gases (Amendment) (EU Exit) Regulations 2021 No. 543

EUのFガス規制に基づく現行の制度を、離脱後も効果的に維持・運用できるようにするための改正規則。Regulations 2019 No.583の成立後に生じた追加的な改正の必要を踏まえ、Regulations 2020 No.1616と内容を分けて対処したもの。EU機関に付与されていた権限を英国内の諸機関に移管することで、英政府が必要な情報を収集したり、報告書の書式を修正したりできるようにする。

The Ozone-Depleting Substances (Grant of Halon Derogations) Regulations 2021 No.1397

ハロン1301の使用制限について部分的に修正する内容。

セミナー・イベント情報

当社主催のイギリス関連セミナーをご紹介します。

規制テーマ セミナー・イベント名称 開催日
全般 受付中 世界環境法規制ウェビナー2022(全10講演)
各国の1年間の主要規制動向を総まとめする、年に一度の弊社人気企画 です。今回は第18回開催となります。 規制担当者の研修・キャッチアップ、事業戦略・計画立案のための情報ソー スとしてご活用ください!
2022年10月6日
無料ウェビナー ESG & コロナ時代の海外環境コンプライアンスを考える(終了) 2020年12月17日
化学物質 受付中 添加剤規制動向ウェビナー(第2回)
国際、EU、北米、スイス、日本、中国の添加剤規制(難燃剤、可塑剤、酸化防止剤、紫外線吸収剤など)最新動向を解説!
2022年9月13日
受付中 無料Webラジオ 化学物質法規制トレンド情報「ケミ☆トーク」
世界各国の化学物質法規制分野に特化したトレンド情報を真面目に楽しくお届けする、とことんマニアックなWebラジオ番組です。毎月上旬、Zoomで配信します。
2022年9月2日
PFAS規制 最新動向報告ウェビナー(オンデマンド配信)
2022年7月15日(金)に開催したウェビナーのオンデマンド視聴を提供しております。前半は「PFASに関わる法規制の概要説明および最新動向報告」を、後半は「PFAS毎の規制動向のまとめ」を解説。
2022年7月15日

全開催履歴は下記リンクよりご覧ください。
セミナー・イベント一覧

毎年好評をいただいております「世界環境法規制セミナー(毎年秋頃開催)」に加え、不定期で専門セミナーを企画しております。セミナー開催情報は当サイトと合わせ、海外環境規制メルマガ(無料)でもご案内しております。 海外環境規制メルマガ(無料)

最新動向

イギリスの環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。
海外環境法規制モニタリング

下記に、本サービスで配信中の記事タイトルを抜粋して紹介しております(不定期更新)。有償サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(タイトル・記事全文は有料版で配信しております
2022年6月15日 企業の環境管理 イギリス 英環境庁、温暖化ガス排出量の過少報告な…
2022年3月17日 化学物質 イギリス 英政府、ODS・Fガス規制における中央と地方の役割…
2021年2月12日 化学物質 イギリス 英環境庁、オゾン層破壊物質やFガスのEU通関拒否…
2021年2月9日 化学物質 イギリス 「2020年英国オゾン層破壊物質とフッ素化温…
2020年11月16日 化学物質 イギリス 英政府、 2021年以降の新たなFガス・オゾン層破壊…
2019年9月16日 化学物質 イギリス 英国環境庁、Fガス割当を他の企業に移譲し承認を与え…
2019年2月16日 化学物質 イギリス 英国環境省、Fガスとオゾン層破壊物質管理のため…
2018年7月9日 化学物質 イギリス 英国環境省、Fガスを含む設備に係るサービス企業の認…
2018年6月12日 化学物質 イギリス 英国環境省、Fガス設備の取扱いに必要な資格認定…
2018年2月10日 化学物質 イギリス 英国、Fガス規則違反に対し20万ポンド以下の罰金を…
2017年12月18日 環境政策全般 イギリス 英国環境庁、環境規制の執行と制裁方針に関するガイ…
2014年12月31日 地球環境 イギリス 英国、EU新Fガス規則に関するユーザー、生産者…
2011年10月21日 化学物質 イギリス 英環境庁、REACH規則実施に伴う執行状況を報…

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
イギリスの環境法・環境規制動向

イギリスの化学物質規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 - 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。
海外環境規制トレンド・レポート

下表はイギリスの化学物質規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称)
化学物質 英国 RoHS / UKCAマーキング
英国 オゾン層破壊物質(ODS)・Fガス関連
GB CLP規則
UK REACH

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査

コラム・無料記事

イギリスに関連するコラム・無料記事(不定期更新)の一覧です。

規制テーマ コラム・無料記事 更新日
化学物質 英国、2020年化学品規則を施行 – EUから独立したCLP&PIC体制を整備
EUから独立した英国独自のCLP(化学品の分類・表示・包装)、PIC(有害物質の輸出入)、BPR(殺生物性製品)規制体制が最終的に整備された。
2021年2月1日
英政府、UK REACHへの対応方法について最新ガイダンスを公表
2021年1月1日施行。英国市場に入る化学品に関して、製造者と輸入者が、UK REACH規則の下で登録する義務を負う。
2020年10月5日