米国 米国の主要規制テーマ

米国 スーパーファンド法(CERCLA)

EnviXは「米国 スーパーファンド法(CERCLA)」について、規制動向の調査報告書を作成・提供しております。

基本情報・概要

法律名 包括的環境対策補償責任法(通称:スーパーファンド法)
現地語名称 Comprehensive Environmental Response, Compensation, and Liability Act (CERCLA)
公布日 1980年

包括的環境対策補償責任法(CERCLA)は1980年12月11日、適切に管理されずに廃棄または放置されていた有害物質に起因する汚染サイトの相次ぐ発見を背景として制定された。第一の目的は、有害物質で汚染されたサイトを浄化し、有害物質の放出のおそれがある場合はそうしたおそれを取り除くことで、公衆や環境を差し迫った危険から保護することであるため、国内の汚染サイトの浄化を直接実施したり命じたりする権限を連邦政府に与えるとともに、汚染サイトに関係する潜在的責任当事者を特定し汚染の責任を負わせるしくみを構築した。緊急時や責任当事者が特定できない場合に連邦政府が実施する措置の資金源として巨額の信託基金(スーパーファンド)が創設されたことから、日本では一般に「スーパーファンド法」として知られている。

特徴

CERCLAはすでに発生した汚染やすでにある汚染のおそれに対処することを目的としている。日本では米国の代表的な土壌汚染対策法としてこの法律が挙げられることが多いが、今後の汚染発生を回避するために事業活動を管理・抑制する法律ではない。

背景

1970年代末、ニューヨーク州ナイアガラフォールズ市郊外の住宅地で、地元の化学メーカーが過去に投棄した有害化学物質により住民が深刻な健康被害を受ける事件が発生した。当該地域はラブ・キャナルと呼ばれる運河建設跡地で、1940~50年代にかけて地元化学メーカーが大量の有害化学物質を投棄するのに使用していたが、埋め立てられて住宅や学校が建てられていた。健康被害の原因は、投棄された化学物質が漏出したことによる地下水の汚染で、調査の結果、重金属やダイオキシンなど80種以上の有害化学物質が検出された。当時、こうした投棄や埋立は合法で、化学メーカーの責任を問うことは困難だったが、ラブ・キャナルの事件を契機に、過去に有害物質が投棄または放置された各地のサイトが相次いで特定された。CERCLAは、こうしたサイトの危険性に対する人々の意識の高まりを背景に制定された。何度か改正が行われたが、特に重要視されているのが、1986年の『スーパーファンド改正・再授権法(SARA:The Superfund Amendments and Reauthorization Act)』と2002年の『中小企業免責およびブラウンフィールド再活性化法(Small Business Liability Relief and Brownfields Revitalization Act)(通称:ブラウンフィールド法)』である。

SARAのTitle IIIは『緊急時対応計画および地域住民の知る権利法(EPCRA:Emergency Planning and Community Right-to-Know Act)』という独立法で、有害物質排出目録(TRI)を定めている。

有害物質

有害物質リストは、以下の規則に収載されている。
連邦規則集(CFR) Title 40, Chapter I, Subchapter J, Part 302, §302.4
https://www.ecfr.gov/current/title-40/chapter-I/subchapter-J/part-302/section-302.4

有害物質は、以下を参照して定義している。(CERCLA第101条(14))

  • 水質浄化法(CWA)の第311条の(b)項の(2)(A)で指定されている物質
  • CERCLAの第102条の(a)項で指定されている物質
  • 資源保全回復法(RCRA)の第3001条に基づいて特定または第3001条に従って掲載されている性質を有する有害廃棄物
  • CWAの第307条の(a)項に基づいて掲載されている有害汚染物質
  • 大気浄化法(CAA)の第112条に基づいて掲載されている有害大気汚染物質(HAP)
  • 差し迫った危険有害性のある化学物質または混合物で、EPA長官が有害物質規制法(TSCA)の第7条に則って措置を講じたもの

米国環境保護庁(EPA)は、2024年5月8日付け連邦官報(89 FR 39124)および2024年4月19日付け報道発表で、当該有害物質に「ペルフルオロオクタン酸(PFOA)」および「ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)」、それらの塩および構造異性体を追加する最終規則を公布した。当該最終規則は2024年7月8日に発効する。

対象となる企業は、CERCLA第103条(放出物質に関する通知要件)および第111条(g)ならびに付随する規制、および「緊急事態計画および地域住民の知る権利法(EPCRA)」第304条(緊急放出通知)に基づく放出通知要件が適用される。

スーパーファンド法の主な動き

2024年5月 米国EPA、PFOAおよびPFOSをCERCLAにおいて有害物質として指定する最終規則を公布
米国環境保護庁(EPA)は、2024年5月8日付け連邦官報(89 FR 39124)および2024年4月19日付け報道発表で、「1980年包括的環境対策補償責任法(CERCLA、スーパーファンド法)」の「第102条(追加の有害物質の指定および報告義務がある放出量の制定;規則)」の(a)項に基づいて指定される有害物質に「ペルフルオロオクタン酸(PFOA)」および「ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)」、それらの塩および構造異性体を追加する最終規則を公布した。当該最終規則は2024年7月8日に発効する。
2023年4月 米内国歳入庁、復活したスーパ―ファンド化学品税に関する実施規則案を提案
米内国歳入庁(IRS)は、2023年3月29日付け官報において、2021年インフラ投資・雇用法(IIJA)の規定により2022年7月に復活したスーパーファンド化学品物品税(Superfund Chemical Excise Tax)について定める規則の策定の提案に関する告示(NPRM)を行った。本規則案に対する意見の提出期限は同年5月30日である。本物品税は製造者、生産者、または輸入者による「課税対象化学物質(taxable chemical)」と「課税対象物質(taxable substance)」の使用や販売に課されるもので、CERCLAのもと、連邦政府が実施する汚染サイトの浄化などの資金源である信託基金「スーパーファンド」の原資の一部に充てられる。本物品税は復活にあたって税額や課税対象などの法的要件が改正されているため、IRSは今回の規則案について、復活した本物品税の適用に関する「ガイダンス」を提供するものだ、と述べている。
2023年4月 米国EPA、スーパーファンド法における複数のPFASの有害物質指定に対する意見等を求める提案規則制定事前公告を通知
米国環境保護庁(EPA)は、2023年4月13日付け連邦官報(88 FR 22399)および2023年4月13日付け報道発表で、「1980年包括的環境対策補償責任法(CERCLA、スーパーファンド法)」の「第102条(追加の有害物質の指定および報告義務がある放出量の制定;規則)」の(a)項に基づいて指定される有害物質に「ペルフルオロオクタン酸(PFOA)」および「ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)」をはじめとする複数の「ペル/ポリフルオロアルキル物質(PFAS)」を将来的に指定し、規制を策定することを検討する上で、当該PFASが公衆衛生や環境に対して実質的なリスクを及ぼすか否かを評価する際に必要な意見およびデータを求める提案規則制定事前公告(ANPRM)を通知し、2023年8月11日を期限とする意見募集を開始した。

本法律の詳細は、『米国環境法体系ガイド(工場編)の第4章 土壌』を参照ください。

セミナー・イベント情報

当社主催の米国関連セミナーをご紹介します。

規制テーマ セミナー・イベント名称 開催日
全般 世界環境法規制ウェビナー2023
EU、北米、中国、東南アジア、ラテンアメリカにおける環境規制の最新動向を総まとめする年に1度のウェビナーです。全4日間13講演、2023年10月17~26日開催。2023年12月末までオンデマンド受講可、視聴回数制限なし。
2023年10月17日
世界環境法規制ウェビナー2022(全10講演)
各国の1年間の主要規制動向を総まとめする、年に一度の弊社人気企画です。今回は第18回開催となります。規制担当者の研修・キャッチアップ、事業戦略・計画立案のための情報ソースとしてご活用ください!
2022年10月6日
無料ウェビナー ESG & コロナ時代の海外環境コンプライアンスを考える(終了) 2020年12月17日

全開催履歴は下記リンクよりご覧ください。
セミナー・イベント一覧

毎年好評をいただいております「世界環境法規制セミナー(毎年秋頃開催)」に加え、不定期で専門セミナーを企画しております。セミナー開催情報は当サイトと合わせ、海外環境規制メルマガ(無料)でもご案内しております。 海外環境規制メルマガ(無料)

最新動向

米国の環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。
海外環境法規制モニタリング

下記に、本サービスで配信中の記事タイトルを抜粋して紹介しております(不定期更新)。有償サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(タイトル・記事全文は有料版で配信しております
2024年1月10日 環境政策全般 米国 米国EPA、2024年の法定民事制裁金をインフ…
2023年12月19日 化学物質 米国 米国EPA、PFAS戦略的ロードマップの重要措置の進捗に…
2023年12月11日 化学物質 米国 米国EPA、2023年秋の規制措置の統合アジェンダを公表、N…
2023年6月19日 化学物質 米国 米国EPA、2023年春の規制措置の統合アジェンダを公表、T…
2023年4月19日 土壌汚染と浄化責任 米国 米内国歳入庁、復活したスーパ ファンド化学品税…
2023年4月17日 化学物質 米国 米国EPA、スーパーファンド法における複数のPFASの有害物…
2023年2月16日 水質汚染・水資源管理 米国 米国EPA、超党派インフラ法に基づく州および準州への20億ド…
2023年1月16日 化学物質 米国 米国EPA、2022年秋の規制措置の統合アジェンダを公表、T…
2022年11月28日 化学物質 米国 米国EPA、PFAS戦略的ロードマップの重要措置の進…
2022年9月8日 化学物質 米国 米EPA、スーパーファンド法の改正規則を提案 PFOA及び…
2022年8月22日 化学物質 米国 米国ATSDR、エチレンオキシドなどの2件の有害物質の毒性…
2022年7月25日 化学物質 米国 米国EPA、2022年春の規制措置の統合アジェンダを公表、T…
2022年7月25日 化学物質 米国 米国ATSDR、アセトンなどの有害物質に関する4件の毒性…
2022年7月19日 化学物質 米国 米IRS、特定化学物質の製造者などに課す復活したスーパー…
2022年5月24日 化学物質 米国 米国EPA、人の健康および環境を保護するためのRSL/RML…
2022年5月16日 化学物質 米国 米国ATSDR、3種類の有害物質の毒性学的プロ…
2022年5月15日 化学物質 米国 米バーモント州、有害物質への曝露主張する者に医学的モニタリン…
2022年5月8日 化学物質 米国 米国ATSDR、4種類の有害物質の毒性学的プロファイ…
2022年4月17日 化学物質 米国 米EPA、飲料水中の過塩素酸塩から国民を保護するため…
2022年3月24日 企業の環境管理 米国 米EPA、地域社会における環境法の執行・遵守措置情報をメ…
2022年3月22日 化学物質 米国 米国ATSDR、6種類の有害物質の毒性学的プロファイ…
2022年1月20日 環境政策全般 米国 米EPA、2022年の法定民事制裁金をインフレ…
2022年1月19日 化学物質 米国 米EPA、2021年中の環境政策の…
2022年1月11日 化学物質 米国 米内国歳入庁、復活するスーパーファンド化学物質税について通…
2022年1月7日 環境政策全般 米国 米EPA、2021年秋版規制アジェンダを…
2021年12月29日 化学物質 米国 米国EPA、2021年秋の規制措置の統合アジェンダを公表、P…
2021年11月17日 化学物質 米国 米EPA、大気・水質・土壌汚染の防止・回復のためのインフ…
2021年11月1日 化学物質 米国 米国EPA、PFAS汚染に対処するための重要措置に関…
2021年1月4日 化学物質 米国 米2021会計年度の歳出法に見るEPA予算の…
2020年7月7日 環境政策全般 米国 米EPAの2020年春版規制アジェンダ公表 水質、土…
2020年6月7日 企業の環境管理 米国 米EPA、カリフォルニア州のスーパーファンド・サイトの汚染除…
2019年12月23日 環境政策全般 米国 米EPA、2019年秋版規制ア…
2019年10月24日 化学物質 米国 米下院小委員会、PFAS類等を規制する…
2019年8月25日 土壌汚染と浄化責任 米国 米EPA、スーパーファンド再開発イニシア…
2019年6月24日 水質汚染・水資源管理 米国 米上院、PFAS汚染対策6…
2019年5月17日 化学物質 米国 米EPA、PFOAとPFOSに汚染された地下水の浄…
2019年5月10日 水質汚染・水資源管理 米国 米EPA、ポイント・ソースから地下水への汚染物質排出には水…
2019年2月20日 化学物質 米国 米EPA、PFAS行動…
2018年6月12日 化学物質 米国 米EPA、PFAS汚染への対処に関する全国リーダ…
2017年3月28日 化学物質 米国 米EPAによるPFAS類対策の取組…
2016年7月1日 土壌汚染と浄化責任 米国 米国議会上院、助成金総額の増額などでブラウンフィール…
2016年7月1日 環境政策全般 米国 米環境保護庁、民事制裁金の金額をインフレ調整…
2016年2月17日 水質汚染・水資源管理 米国 米NY州、PFOAを州スーパーファンド法の有害物質…
2015年12月11日 土壌汚染と浄化責任 米国 米環境保護庁、スーパーファンド法制定35周年を迎え…
2015年12月9日 企業の環境管理 米国 米EPA、企業による違反自己申告等のポータル・サイトeD…
2015年9月11日 水質汚染・水資源管理 米国 米NY州のGE旧施設から放出された有害物質による地下…
2014年6月27日 土壌汚染と浄化責任 米国 米環境保護庁、汚染サイトの再開発における責任に対する保護につ…
2014年6月20日 土壌汚染と浄化責任 米国 米環境保護庁、ブラウンフィールドなどのサイト評価における20…
2014年4月11日 土壌汚染と浄化責任 米国 スーパーファンド法の発見ルールは州の法定責任期間に優先するか…
2014年1月3日 土壌汚染と浄化責任 米国 ブラウンフィールドの賠償責任を評価するための新ASTM規格…

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
米国の環境法・環境規制動向

米国の土壌汚染と浄化責任に関する情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド 米国環境法体系ガイド 概観
煩雑な米国の法体系の整理を目的として作成されており、米国で環境規制に関わる代表的な法律を取りまとめた資料です。
2022年4月15日
法体系ガイド 米国環境法体系ガイド 工場編
米国の工場系環境法規をまとめた、事業者必携のガイドです。
2021年9月13日
法体系ガイド 米国環境法体系ガイド 製品編
膨大な法律や規則の情報から、日本の事業者に関連が大きい環境規制の要件を概説!
2020年10月6日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。
海外環境規制トレンド・レポート

下表は米国の土壌汚染と浄化責任に関する情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称)
土壌汚染と浄化責任 米国 スーパーファンド法(CERCLA)

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査