国際、その他の国々の環境法規制情報

世界のプラスチック問題と各国の規制

当社サービス「海外環境法規制モニタリング」の月例報告書(2019年6月号)より、「世界のプラスチック問題と各国の規制」について紹介します。
本サービスでは世界全体の環境法規制の動向をお届けしております。是非とも導入をご検討ください。
海外環境法規制モニタリング

*

すでに日本国内でも数多く報道されていますように、世界中でプラスチックに対する規制が強化されています。これは、消費者が使用した後のプラスチックごみが環境、特に海洋汚染の大きな原因となっているためであり、これらの使用を削減することで、その解決が図られています。最近の事例として、欧州では使い捨てプラスチック製品を規制するEU指令が公布され、2021年からは上市が禁止されることとなりました。EUを離脱するイギリスでも同様に、2020年からプラスチック製のストローやマドラーの使用を禁止するという政府方針が発表されております。そのほかにも、「エンヴィックス海外環境規制モニタリング・サービス 2019年6月号」で取り上げた記事のなかで、以下のものがプラスチック製品規制について言及しております。

  • ロシア天然資源環境省が使い捨てプラスチック容器の使用禁止に向けて準備中
  • カナダ首相、「2021年までに使い捨てプラスチックを禁止するつもり」と発表
  • タイ、プラスチックごみ管理のための取り組みと今後の方針を発表、プラスチック製品禁止のスケジュールについて言及

また、プラスチックに関するもうひとつの問題が「廃プラスチックの輸入」です。中国で2018年より輸入が禁止されたことで、近隣のアジア諸国が代わりの受け皿となったため、各国で議論を呼んでいます。例えばマレーシアでは、廃プラの輸入を昨年に一時停止し、輸入許可の申請を厳格化することで対応してきましたが、今度はその不法輸入が問題となっています。違法に持ち込まれた廃プラの総量は3000トンにも及んでいるとのことです。そのほかの国、フィリピンやインドネシアでも同様の問題は起きており、廃プラの輸入規制が現在検討されています。

以上、世界で起きているプラスチックの問題とその規制化について簡単に紹介しましたが、今後も各国で様々な動きが予想されますので、関係する企業の方は引き続き注視してください。

なおエンヴィックスでは、以下のようなテーマでの調査も可能ですので、ご要望があれば遠慮なくお申し付けください。

  • プラスチックの問題に関する国際機関の動向
  • 各国でのプラスチック製品の規制スケジュール
  • 生分解性プラスチックへの優遇策
  • 廃プラスチックの輸入規制

そのほか、世界各国の環境規制についてお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

関連製品

EnviXは国際、その他の国々の環境法・環境規制動向を日々調査し、企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
国際、その他の国々の環境法・環境規制動向

国際、その他の国々の廃棄物規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 - 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査