中国 中国の環境法規制情報

中国土壌十条「土壌汚染防止行動計画」および「その公式FAQ」の日本語版、発売開始

中国土壌十条「土壌汚染防止行動計画」および「その公式FAQ
日本語版和訳、販売開始!

中国政府は土壌環境保護への取り組みを非常に重視していて近く「土壌汚染防止法」を公布するが、その予備的措置として2016年5月28日に、「土壌十条」と呼ばれる「土壌汚染防止行動計画」を公布した。この「行動計画」は、中国の国情と発展の現状に立脚しつつ、経済や社会の発展にも留意して、土壌環境質の改善を中心とした計画となっており、重点地域・業種・汚染物質を明確にし、類別・用途別・段階別の対策を示し、段階的な目標を確定して、新たな汚染を厳しく規制するとともに、既に汚染された土壌の段階的な削減を図ろうとするもので、政府主導、企業の責任負担、国民参加、社会による監督という土壌汚染対策制度全体を構築する基本政策文書である。

さらに、この「行動計画」を補足解説するために、環境保護部は、2016年5月30日に公式FAQを公表し、48項の重要内容について解説している。

本「行動計画」は、以下の10部から構成されている。

  • 土壌汚染調査の実施、土壌環境質の状況把握
  • 土壌汚染対策関連法制定の推進、法規および基準体系の整備
  • 農業用地の分類管理の実施、農業生産環境の安全確保
  • 建設用地の参入管理の実施、居住環境のリスク防止
  • 未汚染土壌の保護強化、新たな土壌汚染の厳格な規制
  • 汚染源の監理強化、土壌汚染防止業務の遂行
  • 汚染の処理および修復の実施、土壌環境質の改善
  • 科学技術研究開発の強化、環境保護産業の発展促進
  • 政府の主導的役割の発揮、土壌環境対策制度の構築
  • 目標審査の強化、責任追及の厳格化

FAQの目次は下記をご覧ください。

  1. 「土十条」は、どのような背景で公布されたのか
  2. 水および大気汚染と比較した場合、土壌汚染にはどのような特徴があるのか
  3. 主な土壌汚染物質には、どのようなものがあるのか
  4. 土壌汚染は、地下水にどのような影響を与えるのか
  5. 中国の土壤汚染発生における主な原因とは何か
  6. 中国では、土壌汚染防止のためにどのような取り組みが実施されているのか
  7. 「土十条」の制定における総合的考察について説明されたい
  8. 「土十条」の公布および実施により、中国の土壌汚染防止業務はどのように推進されていくのか
  9. 土壌汚染状況の詳細調査を実施するのはなぜか。また、どのように実施するのか
  10. 農業用地の詳細調査における完了年度は2018年で、重点業種の企業用地の詳細調査における完成年度は2020年となっているが、どのような要素を考慮して決定したのか
  11. 現在、中国ではどのような土壌関連のモニタリング調査が実施されているのか。土壌業界用のモニタリングネットワークには、どのようなものがあるのか。土壌環境質のモニタリング地点は、どのように整理統合するのか
  12. 土壌環境質モニタリングネットワークは、どのように構築するのか
  13. 土壌汚染防止法を制定する必要があったのはなぜか
  14. 「土十条」では、土壌汚染防止法の起草も合わせて完成することについて言及されているが、現在、どの程度まで進んでいるのか。地方性の土壌汚染防止法の進展状況についても説明されたい
  15. 現在、中国には、どのような土壌環境保護基準があるのか。また、どのような基準をさらに制定する必要があるのか
  16. なぜ現行の土壌環境品質基準を改正する必要があるのか。また、その改正作業はどの程度まで進んでいるのか
  17. 現行の農業用フィルム基準を改正するのはなぜか。全国では、毎年どれくらいの量の農業用フィルムが廃棄されているのか
  18. 重点監理業種は、どのようなことを考慮して選出したのか
  19. 農業用地の土壌環境質の分類を確定する必要があったのはなぜか。農業用地の分類および等級とは、どのように異なっているのか
  20. 土壌汚染防止に関して、企業にはどのような責任があるのか
  21. 農業技術による制御には、具体的にどのような措置が含まれるのか
  22. 農産物の生産禁止地域を確定する必要があったのはなぜか
  23. リスク管理とは何か
  24. 主な土壌汚染リスクには、どのようなものがあるのか。次の段階では、どのような管理措置を講じる予定なのか
  25. 土壌汚染のリスク評価では、どのような内容を評価するのか
  26. 現段階で、重度汚染耕地に対しては、処理および修復を実施せず、栽培構成の調整または退耕還林・還草などの措置を講じるのはなぜか
  27. 都市農村計画の段階から汚染区画の開発利用におけるリスクを防止するには、どうすればよいのか
  28. 汚染区画の処理および修復の責任については、どのように区分しているのか
  29. 汚染区画の開発利用および処理・修復工事の管理に対して、「土十条」では、どのような対応措置が定められているのか
  30. 土壌汚染が発生した場合、どのような方法で処理および修復できるのか
  31. 汚染区画の処理および修復には、通常、どのような段階が含まれるのか
  32. 土壌汚染の処理および修復には、どれくらいのコストが必要になるのか
  33. 土壌汚染の処理および修復産業の発展状況について説明されたい
  34. 6つの土壌汚染総合防止先行区は、どのように確定したのか。また、どのように推進および実施していくのか
  35. 中国のどの地域で、債券発行による汚染処理資金の調達が行われているのか

付録・背景資料

  1. 土壌とは何か。
  2. 土壌にはどのような機能があるのか。
  3. 土壌汚染とは何か。
  4. 汚染区画とは何か。
  5. 土壌環境のバックグラウンドとは何か。
  6. 土壌環境基準とは何か。
  7. 中国の土地利用類型は、どのように区分されているのか。
  8. 代替栽培とは何か。
  9. 栽培構成の調整とは何か。
  10. 重金属の低蓄積性を有する作物とは何か。
  11. 土壌修復植物とは何か。
  12. アースデー、世界環境デー、世界土壌デー、世界食糧デー、全国土地デーは、それぞれ何月何日なのか。

製品概要

品名 1. 中国「土壌汚染防止行動計画」の日本語版
2. 中国環境保護部による「土壌汚染防止行動計画」に関するFAQの日本語版
※2点のセットで販売いたします
納品物 1. 電子ファイル1点(A4版20頁 19,907字)
2. 電子ファイル1点(A4版17頁 17,249字)
※ご注文後、即納品いたします
価格 ¥49,000(税別)
申込先 contact@envix.co.jp  TEL: 03-5928-0180
担当:石塚、尤、中里

 

関連製品

EnviXは中国の環境法・環境規制動向を日々調査し、企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
中国の環境法・環境規制動向

中国の土壌汚染と浄化責任に関する情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド 中国環境法体系ガイド 製品編(初版)
製品に係る中国の法規制を広範囲に網羅しました。新たな動きのある中国RoHS2、また自動車、電池などの規制についても取り上げております。
2019年10月31日
法体系ガイド 中国環境法体系ガイド 中国概観(第2版)
複雑かつ膨大な中国環境法の把握に役立つ、事業者必携のガイドです。今回の更新では、特に取り締まり厳格化に関する情報を充実しています。
2019年7月12日
法体系ガイド 中国環境法体系ガイド 工場編(初版)
膨大な化学物質規制や大気・水質・廃棄物・土壌などの工場系法規を網羅。
2016年5月1日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
土壌汚染と浄化責任 法規和訳 広東省 中華人民共和国土壌汚染防止法実施弁法 2019年3月1日施行
2018年8月に公布された中国土壌汚染防止法を具体的に実施するための実施弁法が広東省で公布、2019年3月1日より施行へ。
2019年2月28日
法規和訳 中国国家環境保護標準HJ964-2018 環境影響評価技術ガイドライン 土壌環境(試行)
中国生態環境部は2018年9月13日、「中華人民共和国環境影響評価法」を実施し、土壌環境影響評価業務の規範化および指導を行い、土壌環境の退化を防止または抑制して、土壌環境を保護するために本標準を新規に制定・公布しました。
2019年1月17日
法規和訳 中国土壌汚染防止法(2019年1月1日施行)
土壌汚染者が負うべき責任を強調。汚染者に対して強制的な浄化責任を課す初めての国家法規として注目される。同法に違反した場合、最高200万元(約3400万円)以下の罰金が科される。
2018年9月11日
法規和訳 中国土壌十条「土壌汚染防止行動計画」および「その公式FAQ」の日本語版、発売開始 2016年6月15日

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。

海外環境規制トレンド・レポート

下表は中国の土壌汚染と浄化責任に関する情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称) 更新日
土壌汚染と浄化責任 中国 土壌汚染防止規制 2018年12月1日

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査