米国 米国の主要規制テーマ

米国 固形廃棄物・有害廃棄物規制

EnviXは「米国 固形廃棄物・有害廃棄物規制」について、規制動向の調査報告書を作成・提供しております。

基本情報・概要

法規・政策の名称(現地語名) 公布日・施行日等
資源保全回復法
Resource Conservation and Recovery Act(RCRA)
1976年、「1965年固形廃棄物処分法」
の改正法として制定。

資源保全回復法(RCRA)は1976年、前身の1965年固形廃棄物処理法の改正法として制定された。国家の廃棄物管理システムを確立する連邦法で、連邦環境保護庁(EPA)が所管する。同法の主な目的は以下の4点である。

  • 廃棄物の処理処分が及ぼしかねない害から人々の健康や環境を保護する。
  • エネルギーや天然資源を無駄にしない。
  • 廃棄物の発生量を抑制する。
  • 環境に配慮した方法で廃棄物の処理処分を行う。

合衆国法典(U.S.C.:United States Code)に編纂された法律(42 U.S.C. Chapter 82)は Iから Xまでの10のSubchapterから成っており、有害廃棄物はSubchapter IIIで、非有害な固形廃棄物は同IVでそれぞれ規制されている。その他、地下貯蔵タンク(UST)(Subchapter IX)や医療廃棄物(同X)も規制対象となっている。

Subchapter III 有害廃棄物管理

  • 有害廃棄物を「ゆりかごから墓場まで」厳格に管理する連邦プログラム。
  • 有害廃棄物を特定する基準、有害廃棄物の発生者(generator)、輸送者、および処理・貯蔵・処分施設(TSDF)に適用される基準と要件などの策定をEPAに義務付けている。
  • 連邦プログラムに沿った管理プログラム実施権限の州政府への授権について規定している。実施授権を認められた州は“authorized state”となり、EPAの監視のもと、主体となってプログラムを実施できる。2020年3月31日に発行された”Authorization Status by Rule”によると、アラスカ州とアイオワ州を除くすべての州が“authorized state”になっている。
  • 有害廃棄物の発生者は、毎暦月の有害廃棄物発生量にもとづき、以下の3つのカテゴリーのなかから自身のカテゴリーを決定する。このカテゴリーによって発生者に対する規制内容が違ってくる。なお、有害廃棄物管理プログラムの実施授権を認められている州のなかには連邦とは異なる発生者カテゴリーを設けている州もあるため、確認する必要がある。
    • 大量発生者(LQG)
    • 少量発生者(SQG)
    • 極少量発生者(VSQG)

ユニバーサル廃棄物

RCRAの目標のひとつであるエネルギーと天然資源の保護のため、EPAは、有害廃棄物であっても、その有害性の程度に応じた規制アプローチによって、可能なものはリサイクルすることを奨励している。なかでも一般家庭を含めて広く発生する以下の4種類の有害廃棄物はユニバーサル廃棄物と定義されて取り扱いなどの規制が緩和され、リサイクルの促進が図られている。

  • バッテリー、
  • 農薬、
  • 水銀含有機器、および
  • ランプ。

なお、ユニバーサル廃棄物の発生者は、集積量にもとづき以下のように区分され、それぞれ異なる要件を課されている。

  • 「少量取扱者」
  • 「大量取扱者」

RCRAの実施規則は連邦行政規則集(CFR)Title 40に定められており、Part 239~258が非有害廃棄物、Part 260~273が有害廃棄物に関する規定となっている。それぞれの主な規定は以下のとおりである。

有害廃棄物

  • 有害廃棄物の特定とリスト収載(Part 261)
  • 発生者に適用される基準(Part 262)
  • 輸送者に適用される基準(Part 263)
  • 処理、貯蔵、処分施設(TSDF)の所有者および運営者に適用される基準(Part 264)
  • 陸地処分の制限(Part 268)
  • EPAの管理による許可プログラム:有害廃棄物許可プログラム(Part 270)
  • 州の有害廃棄物プログラム授権のための要件(Part 271)
  • ユニバーサル廃棄物管理の基準(Part 273)。

*

無料情報は以上となります(2020年7月7日最終更新)。本規制テーマに関する最新情報、中長期動向報告書のご要望、また個別調査等のご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

セミナー・イベント情報

当社主催の米国関連セミナーをご紹介します。

規制テーマ セミナー・イベント名称 開催日
全般 世界環境法規制ウェビナー2023
EU、北米、中国、東南アジア、ラテンアメリカにおける環境規制の最新動向を総まとめする年に1度のウェビナーです。全4日間13講演、2023年10月17~26日開催。2023年12月末までオンデマンド受講可、視聴回数制限なし。
2023年10月17日
世界環境法規制ウェビナー2022(全10講演)
各国の1年間の主要規制動向を総まとめする、年に一度の弊社人気企画です。今回は第18回開催となります。規制担当者の研修・キャッチアップ、事業戦略・計画立案のための情報ソースとしてご活用ください!
2022年10月6日
無料ウェビナー ESG & コロナ時代の海外環境コンプライアンスを考える(終了) 2020年12月17日

全開催履歴は下記リンクよりご覧ください。
セミナー・イベント一覧

毎年好評をいただいております「世界環境法規制セミナー(毎年秋頃開催)」に加え、不定期で専門セミナーを企画しております。セミナー開催情報は当サイトと合わせ、海外環境規制メルマガ(無料)でもご案内しております。 海外環境規制メルマガ(無料)

最新動向

米国の環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。
海外環境法規制モニタリング

下記に、本サービスで配信中の記事タイトルを抜粋して紹介しております(不定期更新)。有償サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(タイトル・記事全文は有料版で配信しております
2024年4月18日 化学物質 米国 米国EPA、特定のPFASおよびPFAS含有物質の破壊および…
2024年3月12日 廃棄物 米国 米国メイン州、高度なリサイクル関連法成立 高度なリサイクルは…
2024年2月13日 化学物質 米国 米国EPA、有害物質リストへの9種類のPFASの追加などRC…
2024年1月21日 廃棄物 米国 米国DOE、プラスチックの持続可能性および循環性に関する報告…
2024年1月9日 有害廃棄物 米国 米国EPA、資源保全回復法のもと、PFAS汚染のサンプリング…
2024年1月9日 廃棄物 米国 米国ニューヨーク州当局、固形廃棄物…
2023年12月18日 廃棄物 米国 米国プラスチック協定、耐久性プラスチック製品の持続可能性およ…
2023年12月12日 廃棄物 米国 米国下院にプラスチック汚染からの脱…
2023年11月27日 廃棄物 米国 米ニューヨーク州司法局長、プラスチック汚染に対する適切な対策お…
2023年11月26日 廃棄物 米国 米国:EPA、BIL成立後2年間で、インフラ強化…
2023年11月23日 廃棄物 米国 米国EPA、超党派インフラ法に基づく、部族に対する9000万…
2023年9月19日 廃棄物 米国 米国EPA、米国内のリサイクルインフラおよび廃棄物管理シス…
2023年7月25日 廃棄物 米国 全米アカデミーズの調査報告書、「再生プラスチックのインフラに…
2023年6月20日 化学物質 米国 米国EPA、プラスチック廃棄物由来の原料からできる輸送用燃料…
2023年6月12日 有害廃棄物 米国 米国EPA、RCRAに基づく有害廃棄物規制のリチウムイオン電…
2023年5月9日 廃棄物 米国 米コロラド州立大学、DOEの支援を受け「夢の」持続…
2023年5月1日 廃棄物 米国 米Apple社、2025年までの「100%リサイクル…
2023年4月26日 廃棄物 米国 米EPA、米国全土のプラスチック汚染を削減するた…
2023年3月27日 廃棄物 米国 米国NY州当局、固形廃棄物管…
2023年3月19日 廃棄物 米国 米国プラスチック協定、ポストコンシューマーリサイクル材ツール…
2023年2月5日 廃棄物 米国 米国DOE、新しいプラスチック・イノベ…
2022年11月24日 廃棄物 米国 米イリノイ大学などの共同研究、ポリエチレンのア…
2022年9月15日 廃棄物 米国 米国DOE、藻を使い廃棄物やバイオマスからクリーンエ…
2022年9月14日 廃棄物 米国 米国北東部のリサイクル協議会と処理事業者団体、ポストコンシュ…
2022年8月18日 廃棄物 米国 米国で進む高度なプラスチックリサイクル法の成立、ACCは高度…
2022年8月14日 廃棄物 米国 米EPA、超党派インフラ法に基づく汚染防止プログラム…
2022年8月3日 廃棄物 米国 米カリフォルニア州、使い捨てプラスチック包装材等のEPRプロ…
2022年7月18日 化学物質 米国 米EPA、Justice 40 イニシアティブの対象となる6…
2022年5月24日 有害廃棄物 米国 米EPA、2023年1月20日までに廃棄PVCの有害廃棄…
2022年5月19日 廃棄物 米国 米カリフォルニア司法局長、化石燃料・石油化学産業が世界的なプ…
2022年5月17日 廃棄物 米国 米環境保護団体、’21年のプラスチックリサイクル率は約5%と…
2022年4月21日 廃棄物 米国 米国の3州、高度プラスチックリサイクル法を可決…
2022年4月20日 化学物質 米国 米EPA、2023年会計年度予…
2022年4月11日 化学物質 米国 米NY州がプロダクト・スチュワードシップおよび製品ラベル表示…
2022年4月10日 廃棄物 米国 米アリゾナ州立大学の研究、経年劣化したマイクロプラスチックは…
2022年3月10日 廃棄物 米国 米テキサス州ヒューストンと4つのビジネスパートナー、プラスチ…
2022年3月9日 電池 米国 米DOE、クリーンエネルギーサプライチェーンを確保す…
2022年2月15日 廃棄物 米国 米国EPA、2020年・2021年フード・リカバリー・チャレ…
2022年2月15日 化学物質 米国 米国EPA、PFAS含有泡消火薬剤にSCWO処理技…
2022年1月19日 化学物質 米国 米EPA、2021年中の環境政策の…
2022年1月13日 有害廃棄物 米国 米EPA、ニューメキシコ州の既存の地下圧入規制プログラム改…
2021年12月29日 有害廃棄物 米国 米EPA、超党派インフラ法の資金から最初の10億ドルをスーパ…
2021年11月18日 廃棄物 米国 米EPA、2021年の「国家リサイクル戦略」発表 循環経済の…
2021年11月17日 化学物質 米国 米EPA、大気・水質・土壌汚染の防止・回復のためのインフ…
2021年11月8日 廃棄物 米国 米政府監査院、プラスチック廃棄物のケミカルリサイクルに関する…
2021年11月4日 化学物質 米国 米EPA、RCRAに基づいたPFAS汚…
2021年10月13日 有害廃棄物 米国 米加州、2025年以降に切れる有害廃棄物施設許可の更新申請提…
2021年10月11日 廃棄物 米国 米カリフォルニア州、判断基準の厳格化でリサイクル可能…
2021年8月17日 廃棄物 米国 米DOE、先端的な廃棄物・藻類バイオエネルギー技術の…
2021年8月16日 廃棄物 米国 米オレゴン州で包装材、印刷用紙などの生産者責任プログラム…

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
米国の環境法・環境規制動向

米国の有害廃棄物規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド 米国環境法体系ガイド 概観
煩雑な米国の法体系の整理を目的として作成されており、米国で環境規制に関わる代表的な法律を取りまとめた資料です。
2022年4月15日
法体系ガイド 米国環境法体系ガイド 工場編
米国の工場系環境法規をまとめた、事業者必携のガイドです。
2021年9月13日
法体系ガイド 米国環境法体系ガイド 製品編
膨大な法律や規則の情報から、日本の事業者に関連が大きい環境規制の要件を概説!
2020年10月6日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。
海外環境規制トレンド・レポート

下表は米国の有害廃棄物規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称)
有害廃棄物 米国 固形廃棄物・有害廃棄物規制

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査