国際、その他の国・地域の主要規制テーマ

SDGs(持続可能な開発目標)

2015年9月25日に第70回国連総会で採択された「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ(Transforming our world: the 2030 Agenda for Sustainable Development)」の「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」の「目標12. 持続可能な生産消費形態を確保する」の「ターゲット12.4」は「2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じ、環境上適正な化学物質やすべての廃棄物の管理を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する」と規定している。

ターゲット12.4の「グローバル指標(Global Indicator)」である12.4.1の「有害廃棄物や他の化学物質に関する国際多国間環境協定で求められる情報の提供(報告)の義務を果たしている締約国の数」で、「5つの多国間環境協定(MEA: multilateral environmental agreements)について、各MEAの事務局に関連情報を提出した締約国(5つのMEAについて、批准、受諾、承認またはアクセスした国)の数をいう」と定義されている。5つのMEAとは以下の通りである。

  1. 有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約(以下、「バーゼル条約」と省略する)
  2. 国際貿易の対象となる特定の有害な化学物質及び駆除剤についての事前のかつ情報に基づく同意の手続に関するロッテルダム条約 (以下、「PIC条約」と省略する)
  3. 残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約 (以下、「POPs条約」と省略する)
  4. オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書
  5. 水銀に関する水俣条約(以下、「水俣条約」と省略する)

以下、各条約の概要となります。各条約の採択経緯・対象物質や製品については、上記リンクより各条約のページを御覧ください。

バーゼル条約

バーゼル条約とは、特定の有害廃棄物の国境を越える移動などの規制についての国際的な枠組みおよび手続きなどを規定した国際条約であり、1992年5月5日に発効している。

法規・政策の名称(現地語名) 公布日・施行日等
有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約(バーゼル条約)
Basel Convention on the Control of Transboundary Movements of Hazardous Wastes and their Disposal
採択日:1989年3月22日
発効日:1992年5月5日

当該条約の本文および附属書は2019年改訂版が最新である。当該条約の締約国数は188で、事務局は、条約に定められた業務(締約国への通報等)を行うため、ジュネーブに設置されている。事務局職員の人事権は、「国際連合環境計画(UNEP)」が有している。

当該条約の第15条(締約国会議/Conference of the Parties)の第5項(e)に基づいて、本条約の実施に必要と認められる補助機関として「公開作業部会(OEWG: Open-ended Working Group)」および「バーゼル条約施行・遵守委員会(ICC:Basel Convention Implementation and Compliance Committee)」を設置している。
バーゼル条約

ロッテルダム条約(PIC条約)

PIC条約とは、先進国で使用が禁止または厳しく制限されている有害な化学物質や駆除剤が、開発途上国に無秩序に輸出されることを防ぐために、締約国間の輸出に当たっての「事前通報・同意手続(PIC: Prior Informed Consent)」等を規定している国際条約であり、2004年2月24日に発効している。

法規・政策の名称(現地語名) 公布日・施行日等
国際貿易の対象となる特定の有害な化学物質及び駆除剤についての事前のかつ情報に基づく同意の手続に関するロッテルダム条約(PIC条約/ロッテルダム条約)
Rotterdam Convention on the Prior Informed Consent Procedure for Certain Hazardous Chemicals and Pesticides in International Trade
採択日:1998年9月10日
発効日:2004年2月24日

当該条約の本文および附属書は2019年改訂版が最新である。当該条約の締約国数は164で、事務局は「国際連合環境計画(UNEP)」および「国際連合食糧農業機関(FAO: Food and Agriculture Organization of the United Nations)」である。
ロッテルダム条約(PIC条約)

ストックホルム条約(POPs条約)

POPs条約とは、環境中での残留性、生体蓄積性、人や生物への毒性が高く、長距離移動性が懸念されるポリ塩化ビフェニル(PCB)、DDT等の「残留性有機汚染物質(POPs: Persistent Organic Pollutants)」の、製造および使用の廃絶/制限、排出の削減、当該物質を含有している廃棄物等の適正処理等を規定している国際条約であり、2004年5月17日に発効している。

法規・政策の名称(現地語名) 公布日・施行日等
残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約/ストックホルム条約)
Stockholm Convention on Persistent Organic Pollutants
採択日:2001年5月22日
発効日:2004年5月17日

当該条約の本文および附属書は2019年改訂版が最新である。POPs条約の現時点での締約国数(Number of Parties)は184で、事務局は「国際連合環境計画(UNEP: United Nations Environment Programme)」である。

当該条約の第6条の「在庫及び廃棄物から生ずる放出を削減しまたは廃絶するための措置(Measures to reduce or eliminate releases from stockpiles and wastes)」の第1項の(d)(ii)に「国際的な規則、基準及び指針並びに有害廃棄物の管理について規律する関連のある世界的及び地域的な制度を考慮して、残留性有機汚染物質である成分が残留性有機汚染物質の特性を示さなくなるように破壊され若しくは不可逆的に変換されるような方法で処分されることまたは破壊若しくは不可逆的な変換が環境上好ましい選択にならない場合若しくは残留性有機汚染物質の含有量が少ない場合には環境上適正な他の方法で処分されること」と規定されており、同条の第2項で締約国会議は、「有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約」の適当な機関と「第1項の(d)(ii)に規定する少ない残留性有機汚染物質の含有量を定めるため、適当な場合には、附属書A、附属書B及び附属書Cに掲げる化学物質の濃度の水準を確立する作業を行うこと」において緊密に協力すると規定されている。
ストックホルム条約(POPs条約)

水俣条約

水俣条約とは、水銀および水銀化合物の人為的な排出から人の健康及び環境を保護する目的で、水銀の採掘、貿易、製品や製造プロセスへの使用、排出等の規制を包括的に定めた国際条約であり、2017年8月16日に発効している。

法規・政策の名称(現地語名) 公布日・施行日等
水銀に関する水俣条約
Minamata Convention on Mercury
採択日:2013年10月10日
発効日:2017年8月16日

当該条約の本文および附属書は2019年改訂版が最新である。当該条約の締約国数は136で、事務局は「国際連合環境計画(UNEP)」である。
水俣条約

セミナー・イベント情報

当社主催の国際、その他の国・地域関連セミナーをご紹介します。

規制テーマ セミナー・イベント名称 開催日
全般 無料ウェビナー ESG & コロナ時代の海外環境コンプライアンスを考える(終了) 2020年12月17日

全開催履歴は下記リンクよりご覧ください。
セミナー・イベント一覧

毎年好評をいただいております「世界環境法規制セミナー(毎年秋頃開催)」に加え、不定期で専門セミナーを企画しております。セミナー開催情報は当サイトと合わせ、海外環境規制メルマガ(無料)でもご案内しております。 海外環境規制メルマガ(無料)

最新動向

国際、その他の国・地域の環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。
海外環境法規制モニタリング

下記に、本サービスで配信中の記事タイトルを抜粋して紹介しております(不定期更新)。有償サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(タイトル・記事全文は有料版で配信しております
2022年6月8日 有害廃棄物 コロンビア コロンビア環境・持続可能な開発省、有害廃棄…
2022年6月1日 環境政策全般 欧州連合(EU) EUのSDGs達成に向けた進捗を評価する年報を統計局が公表…
2022年5月9日 その他 国際OECDの報告書「加盟国のS…
2022年5月8日 地球環境 UNEPの報告書、「貴重な資源、砂に対する戦略的な認…
2022年3月20日 環境政策全般 カナダ カナダ環境省、環境側面から2022-2026年持続可…
2022年1月21日 化学物質 フィンランド、2035年までの国家化学品プログラム改…
2022年1月21日 地球環境 国際:IRENA、各国のNDCと再エネの調査報告…
2022年1月21日 土壌汚染と浄化責任 国際:国連食糧農業機関の報告書、「土壌中のプラスチック汚染も…
2021年10月20日 製品設計・ラベル ロシア ロシアで小売店向けに新しいエコ…
2021年9月24日 環境政策全般 欧州連合(EU) 参加報告:EUのグリーン税の導入…
2021年9月17日 環境政策全般 スウェーデン政府、気候変動に焦点を当てた標準化を進め…
2021年8月3日 廃棄物 マレーシア マレーシア、金属スクラップの輸入および検査のための…
2021年7月15日 廃棄物 国連環境計画、「世界の食品の17%が廃棄」と伝えるレ…
2021年4月22日 省エネ全般 メキシコ メキシコ国家省エネ委員会、民間企業10社と14…
2021年4月17日 水質汚染・水資源管理 チリ チリ政府、優れた水資源の持続可能な管理に与えられる「ブルー証…
2020年12月15日 企業の環境管理 メキシコ メキシコ上院、国連の持続可能な開発目標について環…
2020年11月19日 廃棄物 アルゼンチン アルゼンチン、プラスチック廃棄物を鉄道の枕木生…
2020年11月13日 労働(職業)安全衛生 ASEAN、域内におけるSDGsの進捗状況…
2020年10月21日 環境政策全般 欧州連合(EU) EUの第8次環境行動計画案を欧州委が発表、対…
2020年9月10日 地球環境 欧州連合(EU) 「EUブルーエコノミー報告書2020」、海洋の経済的…
2020年9月4日 環境政策全般 ペルー ペルー環境管理副大臣、企業に対し循環経済スキ…
2020年9月2日 グリーン調達 フィリピン フィリピン下院、グリーン公共調達に…
2020年7月28日 廃棄物 UNEP事務局長、産業界の更なる責任など海洋ご…
2020年7月8日 クリーンエネルギー推進 IRENA、アフターコロナの経済再生に向けたエ…
2020年6月11日 グリーン調達 フィリピン フィリピン下院SDGs委員会、グリーン公共…
2020年5月4日 廃棄物 米国 米国EPA主導の食品廃棄物削減プログラムの受賞者発表、カ…
2020年3月30日 環境政策全般 インドネシア インドネシア、UNDPやデンマーク政府の支援を受け…
2019年12月5日 地球環境 UNFCCCら、気候行動とSDGsの取り組みの相乗…
2019年10月7日 その他 世界の食糧関連団体、食品ロスと食品廃棄物の削減…
2019年6月19日 企業の環境管理 ドイツ ドイツ政府、持続可能性を考慮した金融戦略策定へ 持…
2019年5月18日 生態系・生物多様性 IPBESの報告書、「前例のない種の絶滅が加速し…
2019年4月18日 自動車全般 IEA、小型車の世界的な燃費改善の鈍化を警告…
2019年4月3日 化学物質 国連環境計画の報告書、「2030年の化学物質生産は倍…
2019年3月27日 環境政策全般 第4回国連環境総会、多くの決議…
2019年3月27日 環境政策全般 国連、人間の健康は窮地にあるとする『世界環境展望6…
2019年2月19日 環境政策全般 インド インド、NDCs及びSDGsの実施に向けた環境フォ…
2018年10月30日 環境政策全般 UNとWTO、貿易を環境、繁栄、回復に役立てる方…
2018年10月26日 省エネ全般 IEA、省エネ政策とその可能性、課題…
2018年10月3日 その他 国連食糧農業機関の報告書、「世界の飢餓は増…
2018年9月20日 環境政策全般 アルゼンチン アルゼンチンにて、第21回ラテンアメリカ・カリブ…
2018年5月2日 地球環境 国連環境計画の報告書、「金融部門の改革により持続可能…
2018年3月29日 環境政策全般 欧州連合(EU) 欧州投資銀行が1億ドルの投資を発表、世界初の新興国グ…
2017年12月27日 その他 国連環境計画、世界の資源使用2050年には…
2017年11月28日 容器・包装材 ブラジル ブラジル、容器・包装材のセクターが廃棄…
2017年9月22日 企業の環境管理 UN Global Compact、企業のSDGs…
2017年8月17日 環境政策全般 国連報告書、持続可能な開発目標の進捗の遅れを指摘…
2017年3月6日 地球環境 WHO、報告書「劣悪な環境の代償:170万…
2017年1月25日 化学物質 北欧閣僚理事会がレポートを公表 ポスト2020年の世…
2016年10月11日 水質汚染・水資源管理 インドネシア インドネシア・ジョグジャカルタ市、2015年水質調査結果を発…
2016年8月9日 グリーン調達 アルゼンチン アルゼンチン、持続可能性のある公共調達を実…

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
国際、その他の国・地域の環境法・環境規制動向

国際、その他の国・地域の環境規制全般情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 - 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。
海外環境規制トレンド・レポート

下表は国際、その他の国・地域の環境規制全般情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称)
全般 SDGs(持続可能な開発目標)

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査