欧州連合(EU) 欧州連合(EU)の主要規制テーマ

EU 大気汚染防止(固定排出源、IPPC)

EnviXは「EU 大気汚染防止(固定排出源、IPPC)」について、規制動向の調査報告書を作成・提供しております。

基本情報・概要

法規・政策の名称(現地語名) 公布日・施行日等
欧州のための大気質と清浄な空気に関する2008年5月21日の欧州議会と理事会の指令(2008/50/EC;大気質指令)
Directive 2008/50/EC of the European Parliament and of the Council of 21 May 2008 on ambient air quality and cleaner air for Europe
2008 年6月11日公布
即日施行
産業排出物(統合的汚染防止・管理)に関する2010年11月24日の欧州議会と理事会の指令(2010/75/EU;産業排出物指令)
Directive 2010/75/EU on industrial emissions (IED)
2010年12月17日公布
2011年1月5日施行
特定大気汚染物質の国別排出上限に関する2001年10月23日の欧州議会と理事会の指令(2001/81/EC;国別排出上限指令)
Directive 2001/81/EC of the European Parliament and of the Council of 23 October 2001 on national emission ceilings for certain atmospheric pollutants
2001年11月27日公布
即日施行
特定大気汚染物質の国別排出物の制限に関する2016年12月14日の欧州議会と理事会の指令(2016/2284/EU;国別排出制限指令)
Directive 2016/2284/EU on the reduction of national emissions of certain atmospheric pollutants
2016年12月17日公布
同年12月31日施行
危険有害物質を含む大規模事故災害の制圧に関する2012年7月4日の欧州議会と理事会の指令(2012/18/EU;セベソⅢ指令)
Directive 2012/18/EU of the European Parliament and of the Council of 4 July 2012 on the control of major-accident hazards involving dangerous substances
2012年7月24日公布
同年8月13日施行

大気質指令

大気質改善のためのEU基本法である。超微粒子(PM2.5)、二酸化硫黄、二酸化窒素(NO2)、PM10、鉛、一酸化炭素、ベンゼン、オゾン、ヒ素、カドミウム、ニッケル、多環芳香族炭化水素など、12種の大気汚染物質の大気中限界値や年間許容超過日数などの基準や規制目標を定めている。

産業排出物指令(IED;新IPPC指令)

産業活動や畜産業による大気、水、土壌への汚染物質排出を規制し、環境汚染を防止することを目的とする。産業活動を行う新規、既存の事業場による大気、水質、土壌への排出を総合的に規制している。

国別排出制限指令

酸性化、豊栄養化、地上オゾン汚染の原因となる5種(二酸化硫黄、窒素酸化物、揮発性有機化合物、アンモニア、超微粒子)を対象に、EU各国の削減公約を定めている。また、大気汚染物質の低減に関するヨーテボリ議定書改正に基づきEUと加盟国が行った2020年時点での削減公約も盛り込んでいる。2018年6月30日付で、国別排出上限指令に取って代わる。

セベソⅢ指令

特定産業活動による「危険有害物質を含む大規模事故災害の制圧に関する指令(セベソ指令)」が大元の法令である。危険有害物質の事業場外の放出を伴う大規模産業災害を防止するとともに、災害が発生した場合、人間や環境への危害を最小限に留めることを目的とする。

*

無料情報は以上となります(2018年12月1日最終更新)。本規制テーマに関する最新情報、中長期動向報告書のご要望、また個別調査等のご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

調査報告書について

EnviXでは「海外環境規制トレンド・レポート」にて本規制の動向調査報告書を提供しております。

製品名 海外環境規制トレンド・レポート
EU 大気汚染防止(固定排出源、IPPC)
動向調査報告書
発売・更新日 2018年12月
販売価格・納品物 MS Wordファイル(A4版 4~10頁程度)

報告書は下記の構成をとります。

  • バックグラウンド情報:規制の基礎情報や経緯を要約
  • 最近の動向:直近 6ヶ月~1年間の動向を時系列で記載
  • 今後の展開とスケジュール:改正動向など、信頼性の高い情報を客観的に報告・解説
  • エンヴィックスの見解と展望:弊社研究員の見解・総括

なお、本報告書は単品販売に対応しておりません。弊社情報サービス「海外環境規制トレンド・レポート」にて、

  • 年間契約(年間2回発行)
  • 単号販売
  • 地域別セット販売
  • 選択式販売(規制テーマ別報告書10点より)

の販売形態で提供しております。詳しくは下記より製品案内を御覧ください。
海外環境規制トレンド・レポート

お問い合わせ ご注文・お問い合わせはWEBフォームより承ります。

ご急ぎの際はお電話(03-5928-0180)もご利用ください。平日10~17時受付。
担当:行徳

最新動向

欧州連合(EU)の環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。

海外環境法規制モニタリング

なお、下表は同サービスで配信した「EU 大気汚染防止(固定排出源、IPPC)」に関する情報の内、件数を大幅に削減した不定期更新のサンプルです。本サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(サンプルにつき本文は非掲載)
2017年9月 大気汚染 欧州連合(EU) EUで大規模燃焼施設に関するBAT結論が公布され発効、排出基準を強化・拡充
2016年9月 大気汚染 欧州連合(EU) 欧州議会環境委員会が2017年EU予算案の修正を要求、家庭での廃棄物焼却による大気汚染の調査の追加など
2016年7月 大気汚染 欧州連合(EU) 欧州議会とEU理事会がNEC指令改正で妥協案、大気汚染を改善へ
2016年6月 大気汚染 欧州連合(EU) 欧州の各都市で大気の質に関する野心的かつ拘束力のある目標を期待する動き
2016年4月 大気汚染 欧州連合(EU) 欧州議会と閣僚理事会、道路以外で動く機械の排ガス規制強化法案で妥協案
2015年9月 大気汚染 欧州連合(EU) 道路以外で動く機械の排ガス規制を強化する規則案、欧州議会の環境委員会を通過
2014年9月 大気汚染 欧州連合(EU) 欧州委員会、道路以外で作動する機械類のエンジン排ガス基準を強化する法案を提出
2012年12月 大気汚染 欧州連合(EU) NEC指令の対象にメタンを追加することを欧州委員会が検討中
2010年11月 大気汚染 欧州連合(EU) 欧州委員会が欧州、日本、韓国の自動車工業会との排出量削減目標の達成度を総括

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
欧州連合(EU)の環境法・環境規制動向

欧州連合(EU)の大気汚染規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド EU環境法体系ガイド2018(製品編)
英語情報とはいえ、その情報量の多さ、複雑さ、活発な動向から、体系的な把握が難しいEUの環境法体系を把握する一助となるよう作成されたガイドとなります
2018年10月17日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。

海外環境規制トレンド・レポート

下表は欧州連合(EU)の大気汚染規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称) 更新日
大気汚染 EU 大気汚染防止(固定排出源、IPPC) 2018年12月1日

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査