中国 中国の環境法規制情報

中国 エネルギー効率ラベル管理弁法

中国 新エネルギー効率ラベル管理弁法
能源效率标识管理办法
2016年6月1日施行
日本語版和訳の発売

新エネルギー効率標識管理弁法は公布されました。同弁法は、2016年6月1日より施行されます。同時、現行の「エネルギー効率標識管理弁法」は廃止されます。

新弁法では、ネット商品はエネルギー効率標識の管理対象になり、エネルギー効率ラベルの基本内容が増加しました。「エネルギー効率情報コード」の内容を従来の生産者名称あるいは略称、製品の型番号、エネルギー効率等級、エネルギー消費量および関連GBの番号に「エネルギー二次元コード」を追加した。そして、国家エネルギー効率「トップランナー」リストに納入した商品は、エネルギー効率標識(ラベル)本体に、「トップランナー」の印を付けることができることが明記されていますため、省エネ製品への政策支持を明確にしました。

なお、2015年に公布された意見募集稿では、エネルギー効率標識対象範囲は「すべてのエネルギーを使用する製品」に拡大されましたが、今回公布された新弁法では、その対象範囲は「大きな省エネルギーの潜在的効果を有し、また国内で大量に使用されている製品」に縮小され、現行の弁法と一致しています。

同法は5章、31条で構成されており、その目次は次の通りです。

  1. 総則
  2. エネルギー効率ラベルの実施
  3. 監督管理
  4. 罰則
  5. 附則

本製品について

EnviXは本文書の日本語版(和訳)を販売しております。

製品名 中国 エネルギー効率ラベル管理弁法
日本語版和訳
発売・更新日 2016年4月6日
納品物 PDFファイル(A4判 約5頁)
販売価格 5,000円(税別)
ご注文・お問い合わせ ご注文はWEBフォームより承ります(最短同日、メールにて納品)。
ご請求について。請求書を後日郵送、支払期限は納品日(毎月25日締め)翌月末を基本とします。
納品・請求方法はお客様の規定により変更・対応いたします。注文時に合わせてご指定ください。

ご質問・お問い合わせはお電話(03-5928-0180)もご利用ください。平日10~17時受付。
担当:ヨウチェン

 

関連製品

EnviXは中国の環境法・環境規制動向を日々調査し、企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
中国の環境法・環境規制動向

中国の省エネ全般情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド 中国環境法体系ガイド 製品編(初版)
製品に係る中国の法規制を広範囲に網羅しました。新たな動きのある中国RoHS2、また自動車、電池などの規制についても取り上げております。
2019年10月31日
法体系ガイド 中国環境法体系ガイド 中国概観(第2版)
複雑かつ膨大な中国環境法の把握に役立つ、事業者必携のガイドです。今回の更新では、特に取り締まり厳格化に関する情報を充実しています。
2019年7月12日
法体系ガイド 中国環境法体系ガイド 工場編(初版)
膨大な化学物質規制や大気・水質・廃棄物・土壌などの工場系法規を網羅。
2016年5月1日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
省エネ全般 法規和訳 中国 エネルギー効率ラベル管理弁法
2016年6月1日より施行。エネルギー効率標識管理弁法は廃止。
2016年4月6日
法規和訳 中国「低炭素製品認証管理暫定施行弁法」公布 2013年4月26日

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。

海外環境規制トレンド・レポート

下表は中国の省エネ全般情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称) 更新日
省エネ全般 中国 省エネ政策全般 2018年6月1日

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査