インドネシア インドネシアの環境法規制情報

インドネシア、LCGCへの奢侈品販売税の減免を規定

奢侈品に分類される自動車の奢侈品販売税に関する
インドネシア政府規則2013年第41号
(LCGCへの奢侈品販売税の減免を規定)

-日本語版発売!

インドネシアのユドヨノ大統領は、2013年5月23日、低価格かつ低環境負荷の自動車(LCGC)に対する優遇税制を定めた政府規則2013年第41号に署名しました。本政府規則は、LCGCに対応する自動車への奢侈品販売税の減免を規定するもので、政府が進めるLCGCプログラムの法的根拠となるものです。

国内の中間層の増加にともないインドネシアの自動車市場は成長を続けており、同国における2009年以降の新車販売台数は右肩上がりであります。インドネシア自動車工業会の調べでは、2012年の新車販売台数は前年比24.8%増の111万6230台でした。今後も、GDP成長にともなう国民所得の上昇が期待され、有望な自動車市場になると見られております。

このような社会的背景もあり、この度公布されました本政府規則はインドネシア国内でのエコカー市場を加速させるものとなるでしょう。これまでにも数多くの自動車メーカーがインドネシアでのLCGC生産に関心を寄せており、いくつかの日系自動車メーカーはすでに現地でのLCGC生産の準備を進めています。

インドネシア工業省のMohamad Suleman Hidayat大臣によると、今回発表された政府規則に続いて、関連する規定(部品の現地調達率など)についても工業省が現在策定を進めているとのことです。

現在EnviXでは上記の文書を下記の要領で販売しております。

  • 製品名:
    奢侈品に分類される自動車の奢侈品販売税に関するインドネシア政府規則2013年第41号
  • 納品物:
    pdfファイル1点(全8ページ)
  • 価格:
    12,000円(税別)
  • 申込先:
    contact@envix.co.jp(担当:青木)