インドネシア インドネシアの環境法規制情報

インドネシア 危険有害廃棄物に汚染された土壌回復ガイドラインに関する環境林業大臣規則2018年101号

現在下記のセミナーの参加申し込みを受け付けております。各概要をご参照の上、是非ともご検討ください。

名称 日時 開催地

海外工場における環境規制セミナー


各国での工場操業に関係する環境規制の最新情報の解説! 化学物質、廃棄物、省エネ、水、大気、土壌などの分野を中心に各国の環境法体系を概説します。そのほか、違反事例や取り締り事例についても紹介します。対象国はタイ、インドネシア、フィリピンです。
2019年6月19日(水) 東京

*

インドネシア
危険有害廃棄物に汚染された土壌の回復のガイドラインに関する
環境林業大臣規則2018年101号
和訳販売のお知らせ

インドネシアで、2018年12月20日、「危険有害廃棄物(B3廃棄物)に汚染された土壌の回復のガイドラインに関する環境林業大臣規則2018 年101 号」が制定され、即日施行されました。本規則は、汚染土壌を浄化するための手順の詳細を定めるもので、全43条および5つの付属書から成ります。土壌汚染が発覚した際には、本規則で規定される汚染の識別方法、汚染規模の決定、環境機能回復計画書の作成、浄化作業、浄化後の監視などが必要となりますので、現地で土壌浄化関連業務に従事する場合には必要となる法令です。

なお本規則の施行にともない、従来の「環境大臣規則2009年33号」は無効となります。

現在EnviXでは上記の文書を下記の要領で販売しております。是非ともご検討ください。

製品情報

製品名 インドネシア
危険有害廃棄物に汚染された土壌の回復のガイドラインに関する

環境林業大臣規則2018年101号
日本語版和訳
納品物 PDFファイル(A4判 約17頁)
価格 35,000円(税別)
ご注文・お問い合わせ
03-5928-0180(担当:青木)

関連製品

EnviXはインドネシアの環境法・環境規制動向を日々調査し、企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
インドネシアの環境法・環境規制動向

インドネシアの土壌汚染と浄化責任に関する情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド インドネシア環境法体系ガイド 2018年10月1日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
土壌汚染と浄化責任 法規和訳 インドネシア 危険有害廃棄物に汚染された土壌回復ガイドラインに関する環境林業大臣規則2018年101号
本規則は、汚染土壌を浄化するための手順の詳細を定めるもので、全43条および5つの付属書から成ります。土壌汚染が発覚した際には、本規則で規定される汚染の識別方法、汚染規模の決定、環境機能回復計画書の作成、浄化作業、浄化後の監視などが必要となりますので、現地で土壌浄化関連業務に従事する場合には必要となる法令です。
2019年2月19日

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査