海外での工場操業に関する環境規制セミナー(終了)

2018年7月12日、エンヴィックス有限会社(以下、エンヴィックス)では「海外での工場操業に関する環境規制セミナー」を開催しました。

本セミナーでは、日系企業が多数進出している海外4か国(タイ、ベトナム、インド、メキシコ)を対象に、現地での環境監査などを実施した経験のある弊社研究員が化学物質、廃棄物、省エネ、水、大気、土壌などの分野を中心に各国の環境法体系を概説しました。さらに今回のセミナーでは、「一般社団法人 産業環境管理協会(JEMAI)」の宇佐美様より「海外工場でのリスク管理 ~日本の本社はどこまでできるか/するべきか~」というテーマで御講演いただきました。

今回のセミナーは多くの日系企業様にご関心をいただき、会場がほぼ満席になるほどの数の参加者からお申込みがあり、改めて海外工場の環境管理の難しさが顕在化しつつあると実感しました。セミナー自体は17時まででしたが、その後も個別のご質問などがあり、大変盛況のうちに終了することができました。なお、参加された企業様は主には電気電子機器、自動車、化学品、素材・部材分野のメーカー様です。

本セミナーのアンケートでは下記のような感想をいただき、回答していただいた約9割の方から本セミナーについて「満足」できる内容であったと好評もいただきました。

  • 環境規制に関する多くの法規を非常に分かりやすくまとめられていて、参加してよかったと思いました。
  • 各国の法律に対する動きや将来に向けての動向を分かりやすく解説頂いた。
  • 各国の法体系を日本語で理解できる良い機会となった。
  • ポイントが良くしぼられていた。大事な項目を効率よく確認することができました。

今後もエンヴィックスでは、毎年10月の世界セミナーはもちろんのこと、様々なテーマのセミナーを不定期で企画していきますので、次回以降の御案内を希望の方は弊社サービスまたはメルマガをご利用くださいませ。

エンヴィックス 海外環境規制モニタリングサービス
エンヴィックス 海外環境法規制メールマガジン (無料)

また、本セミナーの講演資料につきましては弊社オフィス(東京都・大塚)にて閲覧することも可能ですので、ご希望の際には遠慮なくご連絡ください。

担当:青木
お問い合わせ先:contact@envix.co.jp

 
セミナー当日の様子

環境法体系の説明(ベトナムの例)

インドでのマニフェスト制度

本セミナーで紹介した4か国(メキシコ、ベトナム、インド、タイ)の主な環境法令

海外工場での環境管理向上に関するエンヴィックスの主なサービス