ロシア ロシアの環境法規制情報

ロシア、化学物質インベントリー情報提出期限を延長

当社サービス「海外環境法規制モニタリング」の月例報告書(2020年3月号)より、「ロシア、化学物質インベントリー情報提出期限を延長」について紹介します。
本サービスでは世界全体の環境法規制の動向をお届けしております。サンプル資料として最新版の月例レポートをご提供しておりますので、是非ともお問い合わせの上、導入をご検討ください。
海外環境法規制モニタリング

*

ロシアを含むユーラシア経済連合では2017年に、「化学品の安全性に関する技術規則(TR EEU 041/2017)」が公布されたことで、今後は化学物質管理制度が大きく変わります。そのような状況のなかで、現在、ロシア政府は既存化学物質インベントリの作成を進めております。

インベントリ手続きは、企業各社に対してて自社の物質をロシア連邦域内に「存在するもの」として申請する権利が与えられており、テンプレートに必要事項を記入のうえ、これを登録するため国家産業情報システムのマイページから送付する必要があります。情報が登録簿に記載されていない場合、その物質は新規化学物質と見なされるため、ロシアですでに事業活動を行っている企業にとっては非常に重要な動向と言えます。

そのようななかで、ロシア連邦産業貿易省は、2020年2月17日、化学物質インベントリへの情報提出期限を2020年5月1日まで延長するという公式書簡を公開しました。まだインベントリ登録への情報提出を行っていない企業にとって、今回の延長措置は大きなチャンスとなりますので、是非この機会にご検討ください。

*

EnviXでは、ロシアに限らず、世界中の化学物質規制の調査を随時承っております。また、各種の環境規制についても調査可能です。お困りの際には遠慮なくご相談ください
ロシアの環境法・環境規制動向

関連製品

EnviXはロシアの環境法・環境規制動向を日々調査し、企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
ロシアの環境法・環境規制動向

ロシアの化学物質規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド ロシア環境法体系ガイド2018(製品編)
ロシアの複雑な環境法体系を解き明かし重要なポイントを解説。主要法令、解放令の解説に加え、ユーラシア経済連合や独立国家共同体(CIS)にも存在する技術規則や標準規格がどのようにロシアに関係してくるのかを解説。
2018年11月9日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
化学物質 法規和訳 ロシア 化学品の安全性に関する技術規則 2016年10月7日付第1019号(失効)
本規則は失効。ユーラシア経済連合技術規則「化学品の安全性について」(TR EAEU 041/2017)が2021年6月2日より施行へ。
2017年2月8日

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査