タイ タイの環境法規制情報

タイにおける土壌・地下水汚染対策規制の導入に関する最新動向

本ページ下部でタイ工業省告示:工場敷地内の土壌及び地下水の汚染の基準及び検査の規定(草案)」和訳を配布しておりますので、ご希望の方はお申込みください。

弊社では、タイで導入される新たな土壌・地下水汚染対策規制に対応するための各種サービス(当局に提出する報告書・提案書の作成支援、タイ現地工場での土壌・地下水のサンプリングおよび分析など)を提供しております。日本およびタイ現地で対応いたしますので、ご相談・お問合せに際してはWEBフォームにてお問い合わせください。またタイを含む世界各国の環境規制対応、市場戦略等についてもお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

次に記載する情報は、弊社サービス「海外環境法規制モニタリング」で配信した情報を一部加工して提供しております。

タイ、工場敷地内における土壌及び地下水の汚染管理に関する省令の下位法令案を公表

――工場に土壌・地下水のサンプリングおよび結果報告義務を課す方針

タイ工業省は、2016年4月、“工業省告示:工場敷地内の土壌及び地下水の汚染の基準及び検査の規定”の草案をウェブサイトにて公表し、意見募集を開始しました。タイでは、2009年頃から土壌・地下水汚染を管理するための法令策定作業が進められてきており、新規制の導入により、タイで工場を操業する特定事業者は、定期的に土壌・地下水のサンプリングを行い、当局に報告を行うことが義務付けられる見込みです。

最新の草案の内容によると、対象業種の工場を操業する事業者は、工場内で使用される化学物質リスト、当該化学物質の危険有害性の分類項目、サンプル採取ポイント及び観測井戸の設置ポイントを示す図等を記入し、当局に提出しなければなりません。続いて、土壌および地下水のサンプリングを実施、その結果を報告するとともに、汚染が判明した場合には、汚染管理・削減対策を提案する報告書を提出しなければなりません。

なお、本告示案の上位法にあたる“工場敷地内の土壌及び地下水の汚染管理に関する省令”は2016年4月29日に公布されました。

エンヴィックスでは、タイで導入される新たな土壌・地下水汚染対策規制に対応するための各種サービス(当局に提出する報告書・提案書の作成支援、タイ現地工場での土壌・地下水のサンプリングおよび分析など)を提供しております。日本およびタイ現地で対応いたしますので、ご相談・お問合せに際してお気軽にお問い合わせください。

 

【無料提供】タイ工業省告示(草案)和訳のお申込み

上記の“工業省告示:工場敷地内の土壌及び地下水の汚染の基準及び検査の規定」”の草案の日本語版(本文部分のみ)を希望者に無料で提供いたします。ご希望の方は、こちらよりお申込みください。