タイ タイの環境法規制情報

タイ、化学品法案(第2版)を公表

当社サービス「海外環境法規制モニタリング」の月例報告書(2019年10月号)より、「タイ、化学品法案(第2版)を公表」について紹介します。
本サービスでは世界全体の環境法規制の動向をお届けしております。サンプル資料として最新版の月例レポートをご提供しておりますので、是非ともお問い合わせの上、導入をご検討ください。
海外環境法規制モニタリング

*

タイの化学物質管理制度が大きく変わろうとしています。

タイではこれまで、1992年に制定された「有害物質法」のもとで化学物質管理が実施されてきましたが、30年近くが経過した現在、同法では十分に管理しきれない幾多の諸問題が生じています。そこでタイ政府は今、新たに包括的かつ領域横断的な化学物質管理を行うための枠組みを構築する目的で「化学品法案」の作成を進めております。

化学品法案については、その初版が2019年4月に公開されましたが、その後の最新動向としまして2019年10月に第2版が公開され、10月21日には政府当局による公開セミナーが開催されました。エンヴィックスの子会社@バンコクのスタッフが同セミナーに参加したところ、約100名の参加者がいたようで、その関心の高さがうかがえます。

化学品法案ではタイ国内における既存化学物質インベントリを作成し、健康及び環境に対するリスク評価結果に応じて分類していくことが規定されております。提案されている新たな分類フローは下図の通りです。

 

 

なお、上図のリスト1~リスト3の定義はそれぞれ以下の通りとなっており、「リスト3」が最もリスクが高い化学物質となります。

 

リスト1

場合に応じて化学物質評価委員会、個別部門の化学物質委員会、及び/又は所管大臣が省令又は告示で定める基準、方法、時期及び条件に従い、輸入、製造、輸出、通過、再輸入、再輸出、保有、販売、輸送、使用、処理、廃棄又は再使用する必要のある化学物質のリストで、健康及び環境に対するリスクが低い化学物質が該当する。

リスト2

場合に応じて化学物質評価委員会、個別部門の化学物質委員会、及び/又は所管大臣が省令又は告示で定める基準、方法、時期及び条件に従い許可を得て、輸入、製造、輸出、通過、再輸入、再輸出、保有、販売、輸送、使用、処理、廃棄又は再使用する必要のある化学物質のリストで、健康及び環境に対するリスクが高い化学物質が該当する。

リスト3

輸入、製造、輸出、通過、再輸入、再輸出、保有、販売、輸送、使用及び再使用を禁ずる化学物質のリストで、健康及び環境に対して極めて大きな危険有害性を有する化学物質が該当する。ただし、形態及び量の面から発生し得る危険有害性が軽微なものとして、化学物質評価委員会が告示して定める混合物である化学物質を除く。

 

既存化学物質インベントリの作成や新規化学物質のリスク評価といった、有害物質法にはない新たな制度が規定されているほか、第2版では以下のような「代理人」制度についても追加されております。

 


外国で化学物質を製造する事業者がタイ王国内への化学物質の輸入を望む場合、代理人を任命し、第31条の第1節に基づく登録、第35条の第1節に基づく化学物質評価の申請、及び/又は第3節に基づく省令で代理人の責務として特定された他の手続きを行わせることができる。ただし、代理人はタイの国籍を有し、タイ国内に居所を有する者、又はタイ国内に事務所を構えるタイの法人とし、かつ代理人として承認されていること。


 

タイは、東南アジア諸国のなかで日本企業が最も多く進出している国であり、化学物質管理制度の刷新によって大きな影響があると予想されます。当社エンヴィックスでは、現地にある子会社と協力して継続的な情報収集を今後も実施していきます。

上記のタイ化学品法案についてより詳細を知りたい方は、是非当社までご連絡くださいませ。

またエンヴィックスでは、現行のタイ有害物質法にもとづく各種サポートも提供しております。第2種有害物質の届出、第3種有害物質の許可取得、輸入する有害物質のCBI手続きなど、具体的なサポートが必要な場合には遠慮なくお申し付けください。随時、御見積いたします。

関連製品

EnviXはタイの環境法・環境規制動向を日々調査し、企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
タイの環境法・環境規制動向

タイの化学物質規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド タイ環境法体系ガイド 2016年3月1日
法体系ガイド タイ環境法規制データベース 2016年1月5日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
化学物質 法規和訳 タイ 改正 有害物質法(第4号)
2019年4月30日公布、180日後に施行。化学物質の製造、輸入、使用などに従事する事業者はご注意ください。タイでの有害物質取扱いについて詳細な規定が追加されました。
2019年5月26日
報告書 タイ リスト5.6有害物質届け出マニュアルとFAQ 2016年11月25日
法規和訳 タイ、有害物質リストの改正及び有害物質の届出に関する工業省告示 2015年3月4日
法規和訳 タイ、有害物質の分類および危険有害性情報の伝達システムに関する工業省告示 2012年5月11日
法規和訳 タイ版RoHS:規格MorOorKor. 2368-2008号「危険物質を含有する可能性のある電気電子機器規格」-和訳 2009年6月30日

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。

海外環境規制トレンド・レポート

下表はタイの化学物質規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称) 更新日
化学物質 タイ 有害物質法 2019年6月1日
タイ 化学物質関連法令(労働安全関連) 2017年12月1日

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査