国際、その他の国々の環境法規制情報

ISO 14046:2014(ウォーター・フットプリント)について

本稿は、2014年10月21日(火)に予定しておりますエンヴィックス「第10回世界環境法規制セミナー」(お申込み受付中)の開催に際して、当日の講演プログラムの一部を紹介するコラムです。

第10回「世界環境法規制セミナー」は終了いたしました。次回も是非ご期待ください。

*

ウォーター・フットプリントを評価する新たな国際規格
ISO 14046:2014が発行される

2014年7月31日、水の使用および水質汚染による環境影響を算定するための、新たな国際規格「ISO 14046:2014 Environmental management — Water footprint — Principles, requirements and guidelines(環境マネジメント――ウォーター・フットプリント――原理、要求事項および指針)」が発行された。本規格は、水に関連した潜在的な 環境影響の算定、および、その環境影響を低減するための方策を示すものである。また、ライフサイクル・アセスメントの原理に基づいて作成された点も本規格 の特徴である。原料の調達から製造の最終工程、さらに、製品の物流、使用および廃棄までを考慮したものとなっている。

この規格によって水の使用効率の改善、ならびに、製品、製造工程および組織での水資源管理の最適化が可能となる。加えて、ウォーター・ フットプリントを評価することで、産業界、政府、非政府組織などの様々な組織の意思決定者は、水資源に関する彼ら自身の潜在的影響を把握することができる ようになる。

製品や製造工程に対するウォーター・フットプリントの評価および報告といった作業の透明性、一貫性、そして信頼性が、このISO 14046によって得られることで、世界中の各種組織および各当局はその恩恵を受けるものと見込まれる。

なお、ISO 14046:2014の購入については以下URLより可能である。
http://www.iso.org/iso/catalogue_detail?csnumber=43263

世界の大都市における水ストレス

昨今、水の利用および水資源管理が、世界のサステナビリティに関する議論の中心となってきた。世界的NPOであるNature Conservancyの最近の研究成果では、ロンドンは水ストレスの最も大きな都市のひとつであることが分かった。この他には東京、デリー、メキシコシ ティ、上海、北京も水ストレスを受けているという。このNature Conservancyの研究は都市化による水供給の影響を調査したもので、世界中の500の大都市が対象となっている。それによると、米国内ではロサン ゼルスが最大の水ストレスを被っているという。また、水ストレスが大きい都市を多く抱える国としてはインドおよび中国が挙げられているが、いずれも急速に 都市化が進行している新興国である。

 

関連製品

EnviXは国際、その他の国々の環境法・環境規制動向を日々調査し、企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
国際、その他の国々の環境法・環境規制動向

国際、その他の国々の水質汚染規制・水資源管理に関する情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 - 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査