新着情報・ニュースリリース

製品発売(環境法規制文書の日本語訳・個別報告書)、セミナー開催情報:

2018.10.18 タイ化学物質&環境労働安全規制セミナー 2019年1月22日(火)
2018.9.25 海外での工場操業に関する環境規制セミナー 開催報告
2018.9.25 インドネシア 廃水の連続モニタリングに関する環境林業大臣規則 P.93/MENLHK/SETJEN/KUM.1/8/2018
2018.9.11 中国土壌汚染防止法(2019年1月1日施行)、土壌汚染者が負うべき責任を強調
2018.8.30 コロンビア 2018年政令1496号、化学品の分類及び表示に関する世界調和システムを適用し、化学品の安全に関する規則を定める政令
2018.8.29 GSO 技術規則案 電気・電子機器への特定有害物質の使用の制限
2018.8.7 世界環境法規制セミナーを2018年10月17日(水)に開催します
2018.6.25 海外環境法規制トレンドレポート(20号・2018年6月)
2018.6.11 工場セミナー(2018年7月12日)特別コラム(インド、タイ)を公開しました。講演プログラムよりご覧ください
2018.5.18 工場セミナー(2018年7月12日)特別コラム(メキシコ、ベトナム)を公開しました。講演プログラムよりご覧ください
» 「製品発売」のお知らせを全て見る
» 製品リスト:環境法規制文書の日本語訳(和訳)
» 製品リスト:個別報告書

コンプライアンス違反回避ツール

EnviXでは「環境監査(自主監査)チェックシート」の導入サービスを行っております。
海外拠点において、現地担当者の環境規制に関する知識不足、安易な判断によって、コンプライアンス違反を引き起こし、罰金や操業停止となるケースが多発しております。こうしたリスクを回避するためのツールとしてご検討ください。

企業のコンプライアンス違反事例(一部抜粋)

国・地域 発生時期 業種 違反・課題内容
罰則・対応措置
米州 米国 2017年2月 チェーンソー、芝刈り機などの製造 大気汚染物質排出検査並びに報告の不備
米国環境保護庁(EPA)と罰金285万ドル(約3億2000万円)を支払うことで合意
メキシコ 2017年8月 電気モーターの製造 ・危険廃棄物一時保管場所なし
・危険廃棄物排出事業者として未登録
・年次事業報告書未提出
・是正措置が完了するまで操業停止
・汚水、汚泥による汚染の修復度合いによって罰金賦課
2017年10月 自動車輸入・販売 メキシコ公式規格(NOM)の認証(排ガス、騒音)を取得せずに、車両を販売
罰金150万ペソ(約880万円)
欧州・ロシア 英国 2017年6月 製造業全般 温室効果ガス排出許可未取得
罰金最大8万5000ポンド(約1200万円)
ドイツ 2017年9月 家具・備品の販売 WEEEの引き取り拒否に対し、裁判所が引き取りを命令
WEEE引取りに応じない場合、罰金25万ユーロ(約3350万円)以下または社長に対する6カ月以下の拘束
アジア・オセアニア 中国 2017年6月
(水汚染防止法の改正)
製造業全般 水汚染防止法の改正
2018年1月から施行
汚染物質排出許可証の未取得、汚染物質排出基準の超過に対し:
・罰金10万元~100万元(170万円~1700万円)
・操業停止、閉鎖
インド 2017年11月 製造業全般 EPR(拡大生産者責任)認可の未取得
EPR認可の未取得企業15社に対し、同認可の取得命令を通告:
・期限までに認可を取得していない場合、1986年環境(保護)法違反として、最長5年の禁固刑または最大10万ルピー(約17万2000円)の罰金の可能性あり

» 環境監査(自主監査)チェックシートについて

海外環境法規制分野のコンサルティング企業「エンヴィックス」

エンヴィックスは1994年の設立時より、主に海外における環境法規制・政策、エネルギー・先端技術に関する政策及び企業戦略などの情報収集・調査研究・コンサルティング事業を行なっております。
世界中で事業を展開するグローバル企業が適切に環境リスクを管理できるよう、真に価値のある正確な情報をリアルタイムで発信します。

» エンヴィックスの事業案内
» 会社概要
» 採用情報(新卒・第二新卒・中途)
» お問い合わせはこちら