コンプライアンス違反回避ツール

EnviXでは「環境監査(自主監査)チェックシート」の導入サービスを行っております。
海外拠点において、現地担当者の環境規制に関する知識不足、安易な判断によって、コンプライアンス違反を引き起こし、罰金や操業停止となるケースが多発しております。こうしたリスクを回避するためのツールとしてご検討ください。

企業のコンプライアンス違反事例(一部抜粋)

国・地域 発生時期 業種 違反・課題内容
罰則・対応措置
米州 米国 2017年2月 化学品販売 TSCAに基づく輸入認可未取得、警告ラベル未貼付、有害物質輸送法に基づくラベル表示なし
起訴中なるも有罪の場合、企業オーナーに対し最高20年の拘禁刑と25万ドル(約2800万円)の罰金、企業に対し最高5年の監督処分と罰金20万ドル(約2200万円)から50万ドル(約5600万円)
メキシコ 2017年6月 自動車輸入・販売 排気ガス、騒音につきメキシコ公式規格(NOM)の事前認可未取得
罰金1700万ペソ(約1億円)
ブラジル 2017年6月 製造・流通・販売 国家環境審議会(CONAMA)による使用済み潤滑油の回収目標未達
回収目標未達企業44社に対し罰金710万レアル(約2億4000万円)
欧州・
ロシア
ドイツ 2017年6月 電気電子機器の小売 小売店によるWEEE(外形寸法25cm以下)の無償引取り拒否(1回当たりの引き取り上限:機種別ごとに5台まで)
罰金10万ユーロ(約1280万円)以下
アジア・
オセアニア
タイ 2017年6月 食品工場 廃水処理タンク安全対策不備による死亡事故(5人)
廃水処理システムの改善命令(30日以内)
ベトナム 2017年5月 電子部品製造 未処理の工場廃水を雨水管に流出
2億ドン(約98万円)の罰金、技術基準に適合した排水処理システムの導入(2ヶ月以内)
中国 2017年3月 印刷 VOC(揮発性有機化合物)排出濃度の基準値超過
罰金235万元(約3800万円)

» 環境監査(自主監査)チェックシートについて

海外環境法規制分野のコンサルティング企業「エンヴィックス」

エンヴィックスは1994年の設立時より、主に海外における環境法規制・政策、エネルギー・先端技術に関する政策及び企業戦略などの情報収集・調査研究・コンサルティング事業を行なっております。
世界中で事業を展開するグローバル企業が適切に環境リスクを管理できるよう、真に価値のある正確な情報をリアルタイムで発信します。

» エンヴィックスの事業案内
» 会社概要
» 採用情報(新卒・第二新卒・中途)
» お問い合わせはこちら