ミャンマー環境法体系ガイド 2015・初版

EnviX 海外環境法体系ガイドシリーズ
ミャンマー環境法体系ガイド《2015・初版》販売開始のご案内

長きにわたって軍が政権を掌握してきたミャンマーは、2010 年11 月に行われた総選挙を経て誕生したテイン・セイン大統領の下、民主化に向けたさまざまな政策を打ち出しています。国際社会も民主化および経済開放を進めるミャンマーに対する支援を拡大しつつあり、また、元来豊かな資源と6000万人の人口を有する同国は、有望な投資対象あるいはマーケットとしても注目を集めています。

こういった背景のもと、エンヴィックスは、本ガイドをまとめるに至りました。本ガイドは、ミャンマーの各省庁のウェブサイトや産官学の様々な研究報告書をもとに、ミャンマーの法体系の概要について整理すると同時に、環境法体系の枠組みを、環境影響評価化学物質および廃棄物管理大気といった分野を中心に概説したものです。第1章総論では、基本的な情報をまとめるとともに、ミャンマーにおける環境法規制の発展の経緯と環境法体系の概要、関連省庁の所管事項などについて解説しています。また第2~4章では、分野別の法体系の枠組みを整理しています。さらに、巻末に添付した付録では、主要な環境法令の概要をまとめるとともに、2013年8月に制定された“化学品および関連物質による危害の予防に関する法律”についてはその全文和訳を収載しております。

ミャンマーの環境法は、現在発展途上にあり、今後、国際的な流れを取り込んでより包括的で効果的な枠組みが構築されていくものと予想されます。ただし、現在でも50を越える環境関連規定を含む法令があるといわれ、これらを軽視することにはリスクが伴います。本ガイドは、そういった従来の法律についても解説しており、ミャンマーに既に進出している、あるいは今後の進出を検討している企業の担当者に、現地の環境法令を把握してリスクを管理するツールとして本ガイドを活用いただければ幸いです。構成につきましては次のページの目次をご参照ください。

製品概要

品名 ミャンマー環境法体系ガイド2015
2014年12月25日発行
製品コード:LGMM2015
納品物 A4-75頁(内、本文66頁)、PDFファイル
※ご注文いただき次第、即納品いたします
ライセンス コーポレートライセンス(貴社内の閲覧・共有に限らせていただきます)
価格 ¥200,000(税別)
申込先 contact@envix.co.jp
TEL: 03-5928-0180
担当:梅山

ミャンマー環境法体系ガイド2015《2015・初版》 目次

  • 第1章 総論(p.1)
    • 1-1 ミャンマーの基本情報
    • 1-2 ミャンマー環境法体系の概要
    • 1-3 関連機関・組織
    • 1-4 主な関連法規制・ガイドラインのリスト
  • 第2章 環境影響評価(p.17)
    • 2-1 環境影響評価制度の現状
    • 2-2 環境影響評価制度の概要
  • 第3章 化学物質および廃棄物管理(p.22)
    • 3-1 化学物質をめぐる現状
    • 3-2 化学物質関連法規制の概要
    • 3-3 固体廃棄物をめぐる現状
    • 3-4 固体廃棄物関連法規制の概要
  • 第4章 水・大気(p.30)
    • 4-1 水質汚染問題の現状
    • 4-2 水に関する法規制の概要
    • 4-3 大気汚染問題の現状
    • 4-4 大気に関する法規制の概要
  • 付録 主要規制の概要(p.37)
    • 主要規制の概要① ミャンマー連邦共和国憲法
    • 主要規制の概要② 環境保全法
    • 主要規制の概要③ 外国投資法
    • 主要規制の概要④ 外国投資規則
    • 主要規制の概要⑤ 環境影響評価が要求される経済活動に関する通知
    • 主要規制の概要⑥ 化学品および関連物質による危害の予防に関する法律(全文和訳)