欧州連合(EU) 欧州連合(EU)の環境法規制情報

EuP指令:産業用モーター, サーキュレーター, テレビ, 家庭用冷蔵庫の実施措置を公表

 欧州委員会は2009年7月22日、EuP指令に基づき、産業用モーター、サーキュレータ、テレビ、家庭用冷蔵庫の実施措置の規則4件(CR(EC) No 640/2009, 641/2009, 642/2009, 643/2009)を採択し、7月23日付官報で公表しました。これらの主な内容は以下の通りです。

  1. 産業用モーター:CR (EC) No 640/2009
    • エコデザイン要件:
      2011年6月16日からIE2効率レベルより低効率であってはならない(附属書Ⅰの1項にノミナル・ミニマム効率(η)の表。
  2. サーキュレーター:CR (EC) No 641/2009
    • エコデザイン要件:
      2013年1月1日から、グランドレス・スタンドアローン・サーキュレーター(太陽熱設備及びヒートポンプの一次回路用に特別に設計されたものを除く)は、附属書Ⅱの項目2に従って計算されたエネルギー効率指標(EEI)が0.27以下でなければならない。また2015年8月1日からは、製品に組み込まれたものも含め、0.23以下。
  3. テレビ:CR (EC) No 642/2009
    • エコデザイン要件:2010年8月20日から、dm2で示された可視スクリーン面積を有するテレビのオンモード電力消費について、制限値が規定されている。
    • 待機・オフモード電力消費に関する規則(EC) No 1275/2008の改定あり。
  4. 家庭用冷蔵庫:CR (EC) No 643/2009
    • 一般的なエコデザイン要件:2010年7月1日から、家庭用冷蔵庫では、製造者によって提供される説明書に、使用段階でのエネルギー消費を最低にする方法等の情報を含める。
    • 特定のエコデザイン要件:10リットル以上の貯蔵容量の家庭用冷蔵庫は、表に示されたエネルギー効率指標制限値を遵守しなければならない。
    • 冷蔵庫・冷凍庫のエネルギー効率に関する指令96/57/ECは、2010年7月1日より廃止。

海外環境法規制モニタリング・サービス