欧州連合(EU) 欧州連合(EU)の主要規制テーマ

EU 大気汚染防止(移動発生源、重量自動車関連規制)

EnviXは「EU 大気汚染防止(移動発生源、重量自動車関連規制)」について、規制動向の調査報告書を作成・提供しております。「軽量自動車関連規制」も合わせてご確認ください。

基本情報・概要

規制分野 法規・政策の名称(現地語名) 公布日・施行日等
CO2排出規制 重量車の二酸化炭素排出と燃費の測定に関連して欧州議会及び理事会規則(EC)No 595/2009を実施し、欧州議会及び理事会指令2007/46/ECならびに欧州委員会規則(EU)No 582/2011を改正する2017年12月12日の欧州委員会規則(EU)2017/2400(通称:Certification Regulation) 2017年12月29日公布
2018年1月18日施行
新車重量車のCO2エミッション及び燃費を対象としたモニタリングと報告に関する2018年6月28日の欧州議会及び理事会規則(EU)2018/956 2018年7月9日公布
2018年7月29日施行
有害物質排出規制 重量車のエミッション(Euro VI)、ならびに自動車の修理、メンテナンスに関する情報へのアクセスに関連する自動車ならびにエンジンの型式認証、規則(EC)715/2007、指令2007/46/ECの修正、指令80/1269/EEC、2005/55/EC、2005/78/ECの廃止に関する2009年6月18日の欧州議会と理事会規則(EC)No.595/2009 2009年7月18日公布
2009年8月7日施行
重量車からのエミッション(EuroVI)に関連して規則(EC) No 595/2009を実施ならびに改正し、指令2007/46/EC附属書I及びIIIを改正する2011年5月25日の欧州委員会規則(EU)No 582/2011 2011年6月25日公布
2011年7月15日施行
RDE関連 車載型排ガス計測システムPEMS(portable emission measurement systems)を使用した試験に関わる条項及び交換用排ガス制御装置(replacement pollution control devices)の耐久性試験手順に関連して、重量車のエミッションを規制する規則(EU) No 582/2011を改正する2016年9月20日の欧州委員会規則(EU)2016/1718 2016年9月27日公布
2016年10月17日施行

CO2排出規制

EUではこれまで、乗用車や小型商用車に遅れ、重量車(heavy-duty vehicles、バス・トラック・コーチ)からの二酸化炭素(CO2)排出は規制されていなかった。その背景には、重量車はそれぞれの顧客の用途や要件に合わせてカスタマイズされることが多く、その構成は実に多種多様であるために、信頼性と費用効果を伴う環境性能パラメータ(燃費やCO2排出量等)の評価が難しい、という事情があった。しかし、重量車からのCO2排出量は年々増加しており、試算では、これを削減するための追加対策を講じない場合、EU交通部門全体のCO2排出量に占める重量車排出量の割合は2016年の27%から2030年には32%へと上昇する。このため、EUは現在、下記に示す段階的アプローチを通して、重量車CO2排出規制の法制化を進めている。

  • 2009年~
    VECTOの開発
  • 2017年12月公布、2018年1月施行
    重量車のCO2排出量と燃費の測定に関する規則(EU)2017/2400
  • 2018年5月欧州委員会発表
    新車トラックを対象としたCO2排出性能基準を定める規則案(COM(2018)284)→審議中
  • 2018年7月公布・施行
    重量車のCO2排出量と燃費のモニタリングおよび報告に関する規則(EU)2018/956
  • EU初の重量車(当面はトラックに限定)CO2排出規制へ

有害物質排出規制

重量車(heavy-duty vehicles、トラック・バス・コーチ、厳密には「M1、M2、N1、N2の各カテゴリーの自動車のうち、その基準質量[1]が2610kgを超える自動車と、M3及びN3カテゴリーのすべての自動車」)を対象に、「欧州排出ガス基準」が定められており、同基準は世代ごとに「Euro x (ローマ数字)」の表記で分類されている。2013年1月から新規型式認証で、また2014年1月からは新車の登録・販売でEuro VIが適用されている。そして自動車、エンジンならびに交換部品の型式認証に関連して、このEuro VIに係る要求事項を定めているのが規則(EC)No.595/2009である。また、使用中(in-service)の自動車やエンジンにおける排出ガス基準への適合 、汚染制御装置の耐久性、車載式故障診断(OBD)システム、OBD関連情報及び自動車の修理保守情報へのアクセス、燃費とCO2排出量の測定に関するルールについても、同規則が定めている。

[1] 基準質量(reference mass)は、走行整備重量(MRO:mass of the vehicle in running order)から運転者の重量として一律75kg を差し引いた上で一律100kgを加算したもの。

EU重量自動車排出ガス関連法規制全般

重量車のCO2と有害物質の排出規制を概観するために、関連法規を表1 「EUの重量自動車排出ガス関連法規制」にまとめる。

表 1 EUの重量自動車排出ガス関連法規制(2018年11月末現在)

分類 関連法規(法案を含む) 内容 最新動向と備考
CO2排出規制 Certification Regulation(EU)2017/2400 EUで販売、登録される、あるいはサービスに供される7.5t以上の重量車(新車)を対象に、シミュレーションツールVECTOを使ってCO2排出量ならびに燃費を測定するための各種要求事項を定める。
新車重量車のCO2エミッション及び燃費のモニタリングと報告に関する規則(EU)2018/956 自動車製造業者に対しては、2019年1月1日以降、シミュレーションツール「VECTO」(「バックグラウンド情報」に詳細説明あり)を使用して、新車重量車のCO2排出量及び燃費などを評価、報告することを義務付ける。加盟国に対しては、新車重量車に関する登録データについて毎年のモニタリングと報告を義務付ける。
EU初のトラック向けCO2排出規制法案(COM(2018) 284)
CO2排出量削減幅(19年比)
欧州委員会 欧州議会
2025年 15% 20%
2030年 30% 35%
2018年5月17日、欧州委員会が規則案提出。
2018年11月14日、欧州議会が議会案を可決。
有害物質排出規制 規則(EC)No.595/2009 2610kg超の重量自動車を対象に、2013年1月からEuro VIの適用を義務付けている。
欧州委員会規則(EU)No 582/2011
RDE 欧州委員会規則(EU)2016/1718 重量車向け有害物質排出規制の枠組みにPEMSを採り入れ、また交換用排ガス制御装置(replacement pollution control devices)の耐久性試験手順を定める規則。
自動車型式認証
および
市場監視制度
規則(EU)2018/858 域内市場を正しく機能させることを目指して、自動車及びその被牽引車、さらにそれらの車両向けのシステム、コンポーネント、そして独立した技術ユニットを対象とする型式認証及びそれぞれの自動車認証のための共通ルールと原則を定める規則。 詳細は、「EU 大気汚染防止(移動発生源、軽量自動車関連規制)」参照。

*

無料情報は以上となります(2018年12月1日最終更新)。本規制テーマに関する最新情報、中長期動向報告書のご要望、また個別調査等のご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

調査報告書について

EnviXでは「海外環境規制トレンド・レポート」にて本規制の動向調査報告書を提供しております。

製品名 海外環境規制トレンド・レポート
EU 大気汚染防止(移動発生源、重量自動車関連規制)
動向調査報告書
発売・更新日 2018年12月
販売価格・納品物 MS Wordファイル(A4版 4~10頁程度)

報告書は下記の構成をとります。

  • バックグラウンド情報:規制の基礎情報や経緯を要約
  • 最近の動向:直近 6ヶ月~1年間の動向を時系列で記載
  • 今後の展開とスケジュール:改正動向など、信頼性の高い情報を客観的に報告・解説
  • エンヴィックスの見解と展望:弊社研究員の見解・総括

なお、本報告書は単品販売に対応しておりません。弊社情報サービス「海外環境規制トレンド・レポート」にて、

  • 年間契約(年間2回発行)
  • 単号販売
  • 地域別セット販売
  • 選択式販売(規制テーマ別報告書10点より)

の販売形態で提供しております。詳しくは下記より製品案内を御覧ください。
海外環境規制トレンド・レポート

お問い合わせ ご注文・お問い合わせはWEBフォームより承ります。

ご急ぎの際はお電話(03-5928-0180)もご利用ください。平日10~17時受付。
担当:行徳

*

無料情報は以上となります(2018年12月1日最終更新)。本規制テーマに関する最新情報、中長期動向報告書のご要望、また個別調査等のご相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

調査報告書について

EnviXでは「海外環境規制トレンド・レポート」にて本規制の動向調査報告書を提供しております。

製品名 海外環境規制トレンド・レポート
EU 大気汚染防止(移動発生源、重量自動車関連規制)
動向調査報告書
発売・更新日 2018年12月
販売価格・納品物 MS Wordファイル(A4版 4~10頁程度)

報告書は下記の構成をとります。

  • バックグラウンド情報:規制の基礎情報や経緯を要約
  • 最近の動向:直近 6ヶ月~1年間の動向を時系列で記載
  • 今後の展開とスケジュール:改正動向など、信頼性の高い情報を客観的に報告・解説
  • エンヴィックスの見解と展望:弊社研究員の見解・総括

なお、本報告書は単品販売に対応しておりません。弊社情報サービス「海外環境規制トレンド・レポート」にて、

  • 年間契約(年間2回発行)
  • 単号販売
  • 地域別セット販売
  • 選択式販売(規制テーマ別報告書10点より)

の販売形態で提供しております。詳しくは下記より製品案内を御覧ください。
海外環境規制トレンド・レポート

お問い合わせ ご注文・お問い合わせはWEBフォームより承ります。

ご急ぎの際はお電話(03-5928-0180)もご利用ください。平日10~17時受付。
担当:行徳

最新動向

欧州連合(EU)の環境規制・市場動向を調査・分析し、その動向と法規・法令の公布・改正情報を「海外環境法規制モニタリング」で配信しております。企業様にとっては、日々ニュースソースを監視・選別する労力を大幅に軽減できるだけでなく、個別の質問にお応えするパートナーとして機能します。

海外環境法規制モニタリング

なお、下表は同サービスで配信した「EU 大気汚染防止(移動発生源、重量自動車関連規制)」に関する情報の内、件数を大幅に削減した不定期更新のサンプルです。本サービスでは速報、月例レポート、公布・改正法規リスト、WEB検索アーカイブをご利用いただけます。是非とも導入をご検討ください。

更新日 規制分野 記事タイトル(サンプルにつき本文は非掲載)
2019年3月 自動車全般 欧州連合(EU) EUの自動車一般安全及び交通弱者保護に関する規則案、欧州議会が修正案を可決
2019年2月 グリーン調達 欧州連合(EU) EU理事会と欧州議会の代表、クリーンな車の公共調達促進法案で暫定妥協案まとめる
2018年11月 自動車全般 欧州連合(EU) EU公共調達クリーン自動車比率の導入に関する審議、欧州議会がより高い比率を支持
2018年9月 自動車全般 欧州連合(EU) EUのトラック向けCO2排出規制法案、欧州自動車工業会が目標値の下方修正等を提案
2018年8月 自動車全般 欧州連合(EU) EUの自動車型式認証及び市場監視制度に関する規則(EU)2018/858が公布される
2018年6月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、タイヤのラベリングに関する改正法案を発表
2018年5月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、EU初のトラック向けCO2排出規制法案を発表
2018年4月 自動車全般 欧州連合(EU) ACEA、欧州委員会の新車CO2排出規制法案についてのポジションペーパーを発行
2018年3月 自動車全般 欧州連合(EU) ACEA、欧州委員会の「代替燃料インフラ展開アクションプラン」についてのポジションペーパーを発行
2018年2月 自動車全般 欧州連合(EU) EUの重量車向けCO2排出規制の法制化が進展、18年上半期には排出規制値の提案も
2018年1月 自動車全般 欧州連合(EU) EU自動車型式認証及び市場監視制度改革のための規則案、三者交渉で合意が成立
2017年5月 自動車全般 欧州連合(EU) EU理事会、自動車型式認証及び市場監視制度の改革に関する妥協案で合意
2017年4月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州環境庁速報値、2016年EU新車平均CO2排出量は118.1 g/km
2017年1月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、排出ガス制御の評価のためのガイダンスを発行――ディフィートデバイス使用禁止の徹底へ
2016年10月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州環境庁、乗用車の電動化状況と将来の影響等の評価に関する報告書を公表
2016年10月 自動車全般 欧州連合(EU) IIGCC等が欧州自動車業界に低炭素化への世界的潮流を受け入れるよう促す報告書を公表
2016年5月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州物流大手やNGOが2020年以降の厳格なトラック燃費基準の導入をEUに要求
2016年4月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州の貨物トラックは外部費用の30%のみ負担、環境団体T&Eの研究報告
2016年1月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会が自動車バッテリーへの鉛の使用禁止を検討、技術的進歩を法に反映
2016年1月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、EU自動車認証ルールの全面的見直しに向けた規則案を提出
2015年10月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州自工会、ガソリンへのメタノール混合禁止を訴えるポジションペーパーを発行
2015年7月 自動車全般 欧州連合(EU) 乗用車とバンの炭素排出削減規則は有効ながら改善の余地も、欧州委員会の委託研究
2015年4月 自動車全般 欧州連合(EU) 道路走行車両の排ガス規制改定案からメタン規制を外すべき、欧州議会の担当議員
2013年11月 自動車全般 欧州連合(EU) 自動車用バイオ燃料に関するEUの2030年までのロードマップを提示、自動車・燃料大手6社の委託研究
2013年9月 自動車全般 欧州連合(EU) ELV指令の適用除外リストの鉛関連を改定するための公開協議を開始
2013年6月 自動車全般 欧州連合(EU) 乗用車の2020年CO2排出規制値のEU票決は今秋まで延期――独政府の発議
2013年1月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、運輸部門の代替燃料戦略を開始――加盟国毎に充電ステーション最低設置数に関する2020年向け目標値を提案
2012年11月 自動車全般 欧州連合(EU) 環境に優しい車に向け2020年までの展望示す、欧州委員会の行動計画CARS2020
2012年9月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州委員会、輸送部門における研究・イノベーションを促進するためのイニシアチブを発表
2012年2月 自動車全般 欧州連合(EU) 乗り物の製造・廃棄時の温室効果ガス排出に注目を――欧州委員会の最新の委託研究
2011年3月 自動車全般 欧州連合(EU) 欧州自動車業界、都市部における内燃機関型自動車廃止を目指すEU交通計画に反対
2011年3月 自動車全般 欧州連合(EU) 使用済み自動車指令の附属書Ⅱの免除内容を改定する欧州委員会指令が公表
2010年2月 自動車全般 欧州連合(EU) EUのELV指令、附属書IIの鉛などの免除事項を改定する決定が官報にて公表

関連製品

EnviXは企業の環境コンプライアンスや経営・市場戦略立案に役立つ情報を提供を提供しております。
欧州連合(EU)の環境法・環境規制動向

欧州連合(EU)の自動車規制情報に関連する製品を下記に紹介します。

規制分野 製品区分 製品・サービス名 発売・更新日
全般 法体系ガイド EU環境法体系ガイド2018(製品編)
英語情報とはいえ、その情報量の多さ、複雑さ、活発な動向から、体系的な把握が難しいEUの環境法体系を把握する一助となるよう作成されたガイドとなります
2018年10月17日
- 海外環境法規制モニタリング
世界全体の環境法規制の動向をお届けする基幹サービス。同分野の豊富な知識と経験、高度な翻訳能力を兼ね備えた当社研究員が厳選した価値ある情報を速報、月例報告書、検索可能なWEBアーカイブでご提供します。
常時更新
- 海外環境規制トレンド・レポート
世界主要国における環境法規制の直近6ヶ月から1年間の動向を中心に調査し、ご報告する調査報告書です。
年2回更新
- 海外環境法規制メルマガ(無料)
海外の環境規制情報を要約して月1回、毎月上旬に配信します。累計1千人以上が購読する、環境規制担当・経営担当必読のメールマガジンです。
毎月配信
自動車全般 法規和訳 新しい乗用車・小型商用車のCO2排出性能基準を定める規則(EU)No 2019/631
対象車両の質量等を考慮して製造者ごとに排出目標値を設定する。平均CO2排出量がこれを超過した場合、年単位で欧州委員会が罰金を科す。
2019年6月19日
法規和訳 EU ELV指令(2000/53/EC)の附属書Ⅱを改定する委員会決定(2008/689/EC)
欧州委員会2008年8月1日決定。重金属使用禁止の適用免除となるケースを削減する。
2008年8月30日

EnviXは各国の環境規制テーマについて、その中長期動向の調査報告書を作成・提供しております。

海外環境規制トレンド・レポート

下表は欧州連合(EU)の自動車規制情報に関する報告書の一覧です。

規制分野 規制テーマ(報告書の名称) 更新日
自動車全般 EU 電気自動車等のクリーン自動車推進政策 2018年12月1日
EU 大気汚染防止(移動発生源、軽量自動車関連規制) 2018年12月1日
EU 大気汚染防止(移動発生源、重量自動車関連規制) 2018年12月1日
EU 使用済み自動車(ELV)指令 2018年12月1日

EnivXでは日々の海外の環境規制動向の情報提供業務に裏付けられた、様々なノウハウやネットワークを活用し、お客様の様々な個別のご要望にお応えする調査のご相談も承っております。委託調査ページでは実績例等のご紹介もしておりますので、参考にされた上で、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
個別調査・海外現地調査