世界環境法規制セミナー2017(第13回)

2017年10月3日(火)東京・御茶ノ水

お申込み受付中 »

毎年好評をいただいております「EnviX世界環境法規制セミナー(第13回)」を今年も開催いたします。今回も、直近一年間の世界の環境法規制の動きをまとめてご報告します。例年同様、セミナー終了後、意見・情報交換会も予定しております。奮って御参加ください。

世界環境法規制セミナーの特徴

今注目すべき
海外環境法規制は?

世界全体の環境法規制の一年間の動きの中から特に重要な変化を、弊社研究員、海外パートナーが日々の分析業務で蓄積した知見に基づき解説します。

規制トレンドを
この一日で把握する

企業の環境規制担当者が世界全体のトレンドを1日で把握できるよう構成。例年多様な業種の規制担当者に受講いただいております。

講師と直接対話
意見・情報交換会

セミナー終了後に、意見・情報交換会を開催。セミナー参加者、EnviXスタッフ・パートナーとのネットワーク作り、講師への質問の場としてご活用ください。

今回のトピックス

TW 台湾の産業組織よりゲスト講師を招聘

外交上の問題から、公的機関を通じての現地情報入手が困難な台湾より、ゲスト講師を招聘します。
危険化学物質や有害廃棄物の管理、製品ライフサイクル評価、RoHS管理システム(IECQ QC080000)導入など多岐に亘る経験より、今回は現行規制の枠組みを紹介した上で、特に「毒性化学物質管理法」と、適用製品が続々と追加される「台湾RoHS」の動向について解説を行います。
本講演は、事前質問も受付いたします(質問方法はお申込み後に案内しております)。
情報交換やネットワーク作りの機会としても是非お役立てください。

EU EU

パリ協定以降のエネルギー関連規制(エネルギー効率指令や排出量取引制度指令など)動向を紹介。また、REACH規則やRoHS指令に関する最新の規制動向も紹介。

US 米国

TSCA既存化学物質評価のための3規則や州レベルでの主な化学物質規制の動きを紹介。

CN 中国

中国RoHSに関連する最新動向をはじめ、現在策定中の危険化学品安全法や最新改正の動きを見せている工場系環境規制(水汚染防止法など)について紹介。

東南アジア

タイ・ベトナム・インドネシア・フィリピン・マレーシアなど主要国における最近1年の環境法規制の動向を紹介。

ラテンアメリカ

メキシコ・ブラジルを中心に化学物質、WEEE、廃棄物管理、製品の省エネなどの規制動向を紹介。また、ラテンアメリカにおける環境コンプライアンス動向も取り上げる。

中東

2017年5月に公布されたUAEのRoHS規則をはじめ、サウジアラビアなどの中東における省エネ規制を紹介。

対象とする受講者層

主に製造業を中心とした海外環境規制担当者、また海外での経営企画立案に携わる方々を対象としております。
電気電子機器メーカー、自動車・自動車部品メーカーをはじめ、産業組織、シンクタンク、近年では重工業、化学工業、印刷、食料品、建設といった多様な産業の受講者より好評をいただいております。

更新情報・特別コラム

開催概要・講演プログラムの発表、特別コラムの更新状況(予定)を随時お知らせします。

更新日 更新情報
2017年8月1日(火) EnviX世界環境法規制セミナー(2017年・第13回)の受付を開始しました。
2017年8月8日(火) 講演プログラムを更新しました。
セミナー概要資料(印刷版)を公開しました。
» ダウンロード(2MB, PDF形式)
特別コラム#1「第13回開催に際しての代表ご挨拶」を公開しました。
2017年8月14日(月) 特別コラム#2「ラテンアメリカにおける環境規制動向(メキシコ、ブラジルを含む主要国での最新の動き)」を公開しました。
2017年8月21日(月) 特別コラム#3「米国の化学物質規制動向」を公開しました。

開催概要

項目 内容
日程 2017年10月3日(火)9:30~18:00
受付開始 9:00~
情報交換会 同日18:15~20:00(同施設1F Room Aにて)
会場 御茶ノ水ソラシティ
カンファレンスセンター 1F Room C
JR総武線「御茶ノ水駅」聖橋口より徒歩1分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」B2出口(直結)
※ 昨年と会場が異なります。ご注意ください。
受講料 受講者一名につき 38,000円(税別)
  • 複数名申込時のご優待
    同一企業より複数名でお申込みの場合に限り、
    お二人目からの受講料を19,000円(税別)といたします。
  • お客様特別価格
    弊社製品「海外環境法規制モニタリング」を購読されている企業のお客様へ、
    お一人目より19,000円(税別)といたします。
お申込方法 2017年10月2日(月)18:00までに、本ページ内の お申込みフォーム にてお申込みください。
ご留意事項
  1. 当日の受付について:
    当日受付時に受講者ご本人の御名刺を頂戴します。受講票はございません。
  2. 参加者の変更、受講のキャンセルについて:
    参加者に変更がある場合は、人数に係わらず事前にお知らせください。キャンセルは前日までにご連絡下さい。当日のキャンセルにつきましては、受講費の全額を申し受けいたします。
  3. ご請求・お支払いについて:
    ご指定の宛先へ、お申込み日の月末(25日以降の場合は翌月)に弊社より請求書を郵送いたします。お支払いは請求書記載の口座へ銀行振込にてお願います。お振込期限は請求書発行日の翌月末といたしておりますが、指示・ご要望につきましてはお申込フォームの「連絡事項」にてご連絡ください。
  4. 昼食について:
    ご希望の方は無料でお弁当をご用意します。お申し込みフォームにてご指定ください。
  5. 情報交換会について:
    受講者に限り無料でご参加いただけます。お申し込みフォームにてご指定ください。是非ともお気軽にご参加ください。
  6. 講演者・講演内容の変更:
    講演者・講演内容について、事前予告無く変更することがあります。変更内容につきましては本ページにて掲示します。
  7. 配布資料について:
    印刷版を受講者一名につき一部提供いたします。
お問合せ エンヴィックス有限会社(担当:山之内、石塚)
contact@envix.co.jp
03-5928-0180

講演プログラム

詳細な内容は随時更新いたします。
なおプログラムは一部変更する場合がございます。予めご了承ください。

時間 講演者 講演内容
9:30~ EnviX代表取締役
中里 純啓
開会挨拶
特別コラム#1
9:35~ EnviX副主任研究員
行徳 保廣
中東における省エネ規制とRoHS規制(AEUAEとSAサウジアラビアなど)
EnviX研究員・中国弁護士
尤婧(You Jing)
CN中国における環境法規制の最新動向
  • 中国RoHS規制(合格管理リスト(意見募集稿)など)
  • 危険化学品安全法の策定動向
  • 工場系規制の最新動向(水汚染防止法など)
休憩(15分)
10:55~ EnviX副主任研究員
青木 健次
東南アジアにおける環境規制動向
THタイ、VNベトナム、IDインドネシア、PHフィリピン、MYマレーシア、SGシンガポールでの最近1年間の環境規制

  • タイ:有害物質法およびその下位法令、工場の労働安全管理
  • ベトナム:製品省エネ、PRTR(案)
  • インドネシア:危険有害物質(B3)の登録
  • フィリピン:製品省エネ(案)、家庭用の有害物質含有規制(案)
  • シンガポール:RoHS規制、包装材規制(案)
  • 各国共通:労働安全衛生
EnviX Asia社
Managing Director
EnviX 副主任研究員

梅山 研一
南アジアにおける環境規制動向
THタイの土壌・地下水汚染対策法令の動向とEnviX Asia(現地法人)の取り組み
  • タイ土壌・地下水汚染規制の概要と最新状況
  • タイ現地法人“EnviX Asia Co., Ltd.”の取り組みの紹介
昼食休憩(60分)
ご希望の方は無料でお弁当をご用意します。お申し込みフォームにてご指定ください。
13:05~ EnviX副主任研究員
馬場 靖代
US米国の化学物質規制動向
  • TSCA既存化学物質評価のための3規則
  • 州レベルでの主な化学物質規制の動き
特別コラム#3
EnviX副主任研究員
野西 正一
ラテンアメリカにおける環境規制動向
MXメキシコ、BRブラジルを含む主要国での最新の動き)
  1. WEEE、廃棄物管理、化学物質、製品省エネなど
  2. 環境コンプライアンス動向
特別コラム#2
EnviX研究員
山之内 健吾
休憩(15分)
14:50~ EnviX上席研究員
取締役

村松 悦三
EUEU、パリ協定以降のエネルギー関連規制動向
  • エネルギー効率指令、再生可能エネルギー指令、排出量取引制度指令などの改正動向
EnviX研究員
石塚 竹生
EUEU、REACH規則およびRoHS指令の関連最新動向
  1. REACH規則関連動向
  2. RoHS指令関連動向
16:10~ 台湾よりゲスト講師
財団法人
プラスチック工業技術発展センター

陈 健强(Chen Chieh-Chiang)

TW台湾における環境法規制の最新動向(逐次通訳)
  1. 「毒性化学物質管理法」の改正要点および動向
  2. 「台湾RoHS」の要求事項と施行スケジュール

本講演では事前質問を受付します。質問方法は、セミナーお申込み後の受付メールにてご案内します。なお、質問に際しては予め以下についてご了承ください。
  • お寄せいただいた質問を集計し、関心度の高いものを優先して、当日の講演内で回答いたします。
  • 講演内容に関連しないもの、追加の調査を必要とするものは対象外といたします。
  • 個別の質問や情報交換をされたい方は、セミナー後の意見交換会にご参加ください。通訳の同席を予定しております。
閉会
情報交換会会場準備
18:15~20:00 意見・情報交換会(参加無料)
同会場にて立食形式で軽食と飲み物を御用意いたします。
講演者への質問、参加者同士のネットワーク作りにお役立てください。

お申し込みフォーム

赤線箇所は必須入力項目です。

項目 入力エリア
受講人数

お二人目からの受講料は19,000円(税別)
弊社製品「海外環境法規制モニタリング」購読企業様はお一人目より19,000円(税別)といたします。
複数名でお申込の場合は、必ず受講者全員の氏名を下部「連絡事項」欄にご記入ください。

昼食のご用意

希望者にお弁当をご用意します(無料)

情報交換会参加人数

参加費無料です。お気軽にご参加ください。

お申込代表者

ご氏名:

ご氏名(カナ):

会社・組織名:

所属部署・役職:

電話番号:

 -  -

メールアドレス:

請求書郵送先
-

都道府県:

市区町村番地:

建物名称:

部署名:

お宛名:

連絡事項

お二人目以降の受講者のご氏名はこちらへ。
昼食のご用意、情報交換会の出欠席、ご請求・お振込み等の指示・ご要望がございましたら、合わせてご記入ください。

送信ボタン 弊社個人情報保護方針・利用規約に同意する

EnviXについて

企業の環境コンプライアンスをサポートする価値ある情報の提供

Yoshihiro Nakazato

エンヴィックス代表取締役
中里 純啓

エンヴィックスは、1994年の設立以来、「環境とエネルギー分野を中心に、経営戦略策定に際し、信頼される情報を提供できるグローバルネットワーク企業」を目指して奮闘してまいりました。現在では、アフリカなど一部の国や地域を除き、ほぼ世界全地域にパートナーを擁し、現地の情報を入手し日本語でお客様にご提供できる態勢を整えております。

弊社は、環境・エネルギー分野の専門家だけでなく、外国政府の規制策定に携わる高官からもサポートをいただいており、そうしたパートナーの数は年々増えております。また、海外の企業で働く傍ら、現地の貴重な情報を収集・選別し、送ってくださるパートナーもいらっしゃいます。

今後も弊社は、「お客様の経営戦略策定に真に役立つ環境・エネルギー規則関連情報」を提供する情報サービス会社として進化して参ります。 2017年には東南アジアにジョイントベンチャー企業を設立し、現地の情報収集・発信拠点として、また環境規制コンサルティングサービスを現地でも提供する拠点として展開します。

最後に、弊社は、「信頼される環境法規制情報」とは、現在だけでなく将来的に重要性を帯びると思われる規制動向や先進企業の環境戦略情報を継続的、かつ体系的に提供することであると理解し、情報の収集と作成に当たっております。そのために、常に次のことが肝要であると認識し、それらをさらに強化してゆく所存です。

  • 海外の様々な言語に対応でき、文化・政治にも深い理解と知見を有する国内スタッフを育成すること
  • 海外パートナーの拡充、特に政府の規制官やスタッフとの連携体制を強化すること
  • 既に提供しているトレンドレポートや各国別の環境法体系ガイドなど、膨大な情報を体系的に整備した情報製品の開発を強化すること
  • お客様の海外工場などの環境監査支援やセミナーなどを通じて、お客様のニーズを広くかつ適確に把握すること
エンヴィックス有限会社

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目32-9 西島ビル4階
03-5928-0180    contact@envix.co.jp

WEBサイト    会社案内書(PDF版 21MB)