【終了】2012年10月3日: 世界水ビジネス動向セミナー開催

※本セミナーは終了いたしました。ご参加誠にありがとうございました。
—–

EnviX 2012年世界水ビジネス動向セミナー(第6回)

開催日:
2012年10月3 日(水)13:00~17:00 (開場12:30)
場所:
連合会館(都内御茶ノ水)
受講料:
基本料金¥28,000(税別:配布資料持帰り可)

案内書&お申込書はこちらからダウンロードしてください。

お申込みはお申込フォーム、またはメール「contact@envix.co.jp」、お電話「03-5928-0180」までお気軽にどうぞ。(担当者:中里、青木)

<主なテーマ>

  • 世界のインフラ市場における水インフラ市場の成長性と地域的特性
  • 米国における水市場の最新動向と躍進する企業の戦略
  • 中国の第12次5カ年計画期間における水規制政策と実施状況
  • 中国における成長性の高い水市場セクターの展望
  • 日本企業の中国市場参入における問題点と中国企業との効果的な協力・提携方式
  • アジア(ベトナム、インドネシア、インド)における水関連政策と法規制の主要動向

<海外水ビジネスのオピニオンリーダーとしてエンヴィックスは提案します>

 今、世界で水不足と水質悪化が進み水ビジネス拡大への期待は益々高まってきている。
 しかし、海外に進出しては多くの壁に突き当たり競合する外国企業に打ち負かされてしまう日本の水企業には多くの課題が残されていると見られる。
 そうした中、エンヴィックスは絶えず変化する海外の水市場をウォッチし、躍進する企業の市場戦略や経営戦略を追跡し、それらから得た多くの貴重な戦略情報を、その「季刊誌EWBJ」や委託調査を通して日本の水関連企業に提供してきました。

エンヴィックスは、2006年、2007年、2009年、2010年9月には「日中環境ビジネス交流会」との同時開催という形で、そして昨年2011年と「世界水ビジネス動向セミナー」を開催してまいりました。2012年もその第6回として開催し、日本の水企業や中央及び地方政府の国内外での水事業展開に今必要とされている戦略的情報を提供すると共に率直な提言も行ないます。
 
今回のスピーカーは以下の通りです。

  • 中国の水インフラ市場と国家水政策に精通し、日中水ビジネス交流促進事業にも積極的に係わってきている清華大学環境学院の常杪助教授
  • 中国の環境市場、特に水市場における企業の市場戦略や技術開発の動向を独自の「中国環境投資ウェブサイト」で情報提供するとともに市場や企業分析に関する情報誌を主幹する中国環境スペシャリストの王世汶氏。同氏は中国環境投資連盟理事長及び、中国オゾン協会の常務理事長でもある。
  • 18年以上に亘り世界水市場における企業戦略や政府の水関連政策をウォッチするとともに、世界の水市場や企業戦略および技術開発動向に関する調査を多々実施してきたエンヴィックス社の代表。
  • 淡水化市場などの水市場動向や関連技術に関する調査に携わっているエンヴィックスのスタッフ

<第6回セミナーの主なテーマとポイント>

●世界のインフラ市場における水インフラ市場の成長性と地域的特性
 世界の大手水企業は今や水インフラに限らずインフラ市場全体の市場性を睨みながら、インフラ市場への参入あるいは拡大を戦略的に捉えている。世界の動静を政治社会的動きやインフラ企業の戦略などから解説する。米国では具体的に、オバマ大統領が雇用拡大や景気刺激策の一環として国家インフラ基金の設立を支持する意向を示しており、中でも老朽化が進む上下水道や水の再利用に係わるインフラ市場への投資は社会的ニーズが高く増進するであろう。しかし、競合性も高まるインフラ市場ではポートフォリオ戦略の重要性が一層重要だといえる。これらの点を概説する。

●米国における水市場の最新動向と躍進する企業の戦略

 米国の水市場は1990年代前半から毎年4%強の成長を続け、2011年には2倍以上に拡大し、その成長のテンポは今後も従来と同様かそれ以上に高まることが予想される。景気の先行きが懸念される中にあって、上述した国家インフラ基金法による基金の設立などの援護策や民間金融機関による投資により、設備機器や化学品をはじめ水インフラに至る広い範囲で水市場の成長が続くと見られる。そうした中で、水関連企業の勢力図の近況と、さらに活気ずくM&Aの戦略展開を、いくつかの注目すべき企業に焦点を当てて概観する。

●中国における第12次5カ年計画期間中における水規制政策と実施状況
 中国における水分野の包括的な指針となる第12次5ヵ年計画がすでに具体的に実施されており、その実施状況と計画されている各種プロジェクトへの影響について、同計画の策定にも携わっている清華大学環境学院で「環境管理と政策研究所」の所長を務める常杪助教授が解説する。

●中国における成長性の高い水市場セクターの展望
 ここでも清華大学環境学院の常杪助教授が、12次5ヵ年計画の方針に沿って今後どのような水市場が成長性を見込めるかを解説する。同時に、同環境学院は中国や日本の環境ビジネスの交流事業を手がけるとともに相互の市場参入への各種サポートやコンサルティングも行なっており、そうした実践に基づいて将来展望を示す。

●日本企業の中国市場参入における問題点と中国企業との効果的な協力・提携方式

 中国で長年に亘り環境ビジネス、特に水ビジネスに係わる投資事業に携わってきた、中国環境投資連盟理事長、中国環境投資ウェブサイト総編集長であり、中国オゾン協会の常務理事長でもある王世汶氏が、すでに中国進出した日本企業が抱える経営戦略上の問題点や課題を解説する。同時に、今後、日本企業にとって参入すべき潜在性のある水市場セクターを提示するともに、中国企業との協力・提携のあり方についても提言を行なう。

●アジアにおける水

ご注文・お問い合わせ

製品のご注文、お問合せは「製品注文・お問合せフォーム」、またはお電話にて承ります。
電話番号: 03-5928-0180(平日10時~17時受付)

製品注文・お問い合わせ

ご注文から納品までのプロセス:

  1. 注文フォームを入力後、弊社担当者よりメール添付で納品いたします(一部製品を除く)。
  2. 後日、弊社より請求書をご郵送します。