【終了】緊急!7月27日:中国&アジアWEEE/RoHSセミナー

※本セミナーは終了いたしました。ご参加誠にありがとうございました。
—–

緊急!

「中国&アジアWEEE/RoHSセミナー」開催
参加お申込み、受付中
2012年7月27日(金)
連合会館(旧総評会館:東京御茶ノ水)

> お申込み書ダウンロード

 エンヴィックスでは、このところ活発な動きを見せる中国WEEE/RoHSについて解説すると共に、その他アジア新興国(ベトナム、インド、タイ、マレーシアなど)のWEEE/RoHS関連動向をご報告する「緊急2012年中国&アジアWEEE/RoHSセミナー」を開催します。本セミナーでは、中国WEEE/RoHSの現状を明らかにし、日本企業が今年7月以降に取るべきアクションについて明示いたします。
《中国》

 中国では中国版RoHSの自主認証制度に必要な関連法規の整備が今年4月以降活発に進み、中国版WEEEに関してもその運用に係わる重要な法令、「廃棄電気電子製品処理基金徴収使用管理弁法」が5月に公布されています。
 中国WEEE/RoHS関連の状況が目まぐるしく動く一方、その実態は分かりにくく今何をしたら良いのか混沌としている状況にあります。そこでエンヴィックスはこの「緊急セミナー」で、今年7月以降、本格的に取り組む必要がある中国WEEE/自主認証制度が始動する環境が整うと見られる中国RoHSを取り上げ、日本企業が取るべきアクションについて明示いたします。

 中国では、2009年2月に中国版WEEEといわれる「廃棄電気電子製品回収処理管理条例」が公布され、2011年1月に施行されました。
 同条例では廃棄電気電子製品処理基金制度にも言及がなされたものの、詳細な内容は定まっておらず、その動向が注目されていました。その後、条例施行から1年以上を経た2012年5月30日に「廃棄電気電子製品処理基金徴収使用管理弁法」が公布され、基金徴収の対象や徴収額などが定められました。同弁法は、2012年7月1日から施行されています。

 中国版RoHSといわれる「電子情報製品汚染抑制管理弁法」は、2007年3月1日に施行されました。同弁法は2段階に分けて導入するとされ、現在は特定有害物質の含有表示などが義務付けられています。第2段階では国家強制認証制度である3C制度を適用するとされていますが、具体的な部分は未整備のままです。
 中国版RoHSに関しては、ここ数年、強制認証制度導入よりも先に自主認証制度に関する動きが活発に見られます。中国では、2010年5月に自主認証制度に関する意見(「国家が統一推進する電子情報製品汚染抑制自主認証実施意見」公布に関する通知)が公表されており、今年に入ってからは、4月に自主認証に従事する認証機構や実験室に対する要求事項が示された後、5月には第1回目となる認証機構の名簿が公表されています。こうした流れを受け、関係者の間では今年7月には中国RoHSが自主認証方式で始動する環境が整うと考える向きもあります。
 その他、電子情報製品汚染抑制管理弁法そのものを改正する動きもあり、2012年6月4日には、同弁法を改正・改称した、「電子電気製品汚染抑制管理弁法(意見徴集稿)」が公表されています。

 実態が分かりにくく今何をしたら良いのか混沌としている現状の中にあって、エンヴィックスはこの「緊急セミナー」で日本企業に中国WEEE/RoHSの現状を明らかにし、日本企業が7月以降に取るべきアクションについて明示する予定です。

《他のアジア諸国》
 東南アジア諸国にも、欧州に端を発するWEEE・RoHSの潮流が押し寄せています。ベトナム、インドではすでにRoHS関連法令が制定され、ベトナムでは2012年から、インドでは2014年からRoHS不適合製品が輸入禁止されます。また、両国では、WEEEに関しても法整備が進んでおり、インドでは、すでに2012年5月から製造者にリサイクル責任を課す規則が施行されています。

 他にも、タイ、マレーシアではRoHS関連任意規格が策定されたり、またブータンもWEEE・RoHSの要素を取り込んだ廃棄物規則を制定するなど、廃棄物管理を向上させ、また国際取引の場で自国企業が悪影響を受けないためにも、途上国がWEEE・RoHSの取り組みを国内的に実施、推進する流れは、必至のものといえます。
 本セミナーでは、このようなアジア新興国の動向についても報告いたします。
【セミナー概要】

  • 開催日時:
    2012年7月27日(金) 13:00~17:00
  • 開催場所:
    連合会館(旧総評会館) 201会議室
    〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
    TEL:03-3253-1771(代) FAX:03-3253-1765
    > アクセスはこちら
  • 参加料金:
    ¥35,000(税別)
    ※弊社の海外環境法規制モニタリングサービスご契約企業の参加者は¥25,000(税別)
  • 申込書:
    >
    こちらからダウンロードをお願いします
  • 申込方法:
    上記申込書にご記入いただき、メール添付またはFaxにて弊社(Mail:contact@envix.co.jp、Fax:03-5928-0184)までお送りください。
  • お問い合わせ:
    セミナーに関する質問、お問い合わせは、お電話(03-5928-0180)またはメール(contact@envix.co.jp)にてご連絡ください(担当:中里、梅山)。


【セミナープログラム】

時間・講師 テーマ・概要
12:45 受付開始
13:00~14:00

梅山研一:
研究員

アジア諸国でのWEEE&RoHS最新動向:
ベトナム:
ベトナム版RoHS法令(通達30/2011/TT-BCT号および決定4693/QD-BCT号)の解説と廃棄物の収集に関する法令の策定動向、ドラフト版の内容解説
インド:
2012年5月に施行された廃電気電子機器規則(E-waste Rules 2011)の概要および規則順守のためのガイドライン案(2012年4月公表)の解説
タイ、マレーシア、及びブータンなどを含むその他東南アジア諸国:
最新動向を解説
14:15~15:30

常桐:
北京華和研代表取締役(清華大学環境工学部修士)

中国WEEE:

  • 中国電器電子生産企業および廃棄電器電子処理企業の現状紹介
  • 《廃棄電器電子製品回収処理管理条例》(国務院令第551号)の実施に関連する《廃棄電器電子製品処理基金徴収使用管理弁法》の解読、対応手続き(支払方法など)の説明
15:45~16:45

常桐:
北京華和研代表取締役(清華大学環境工学部修士)

中国RoHS:

  • 国家が統一推進する電子情報製品汚染抑制自主認証の実施の現状(認証機構、実験室の情況を含む)
  • 新たに公布された《電子電気製品汚染抑制管理弁法》(意見募集稿)の解説。さらにその中の合格評定制度、達成管理目録の読み方などを解説
16:45~17:00 質疑応答
17:10~18:30 自由情報交換会懇親会(予定、立食形式、参加無料)

※上記講演内容(予定)は、一部内容を変更する可能性があります。

ご注文・お問い合わせ

製品のご注文、お問合せは「製品注文・お問合せフォーム」、またはお電話にて承ります。
電話番号: 03-5928-0180(平日10時~17時受付)

製品注文・お問い合わせ

ご注文から納品までのプロセス:

  1. 注文フォームを入力後、弊社担当者よりメール添付で納品いたします(一部製品を除く)。
  2. 後日、弊社より請求書をご郵送します。