インドネシア政権交代に伴う、セミナー内容の一部変更のお知らせ – 第10回「世界環境法規制セミナー」

本稿は、2014年10月21日(火)に予定しておりますエンヴィックス「第10回世界環境法規制セミナー」(お申込み受付中)の開催に際してのお知らせ事項です。

特別コラムは9月上旬までに全10回を予定しています。更新状況は「セミナー特設ページ」よりご覧ください。

第10回「世界環境法規制セミナー」は終了いたしました。次回も是非ご期待ください。

*

本セミナーの発表内容の一部がやむなく変更となったためご報告させていただきます。

変更となった部分はインドネシアの発表部分で、招聘した2名の規制官(Yazid Nurhuda氏とAri Sugasri氏)が新政権交代に伴う人事面での緊急措置により日本への渡航が禁止され、代わって新たな高官が来日することになったことにより、発表内容の一部を変更させていただくものです。

7月の大統領選挙で勝利したジョコ・ウィドド次期大統領は、その改革路線に向けて10月20日に政権交代を控えており、それに伴って主要省庁の幹部クラスの高官には「10月20日以降の一定期間、外部での活動を禁止せよ」との通達が発せられました。これにより、幹部職であった上記の2名の高官が来日できなくなったものです。

そこで、インドネシア環境省(MOE)との話し合いで、今回の通達で影響を受けない、MOEのスタッフであるNixson氏が代わって来日できるようしていただきました。
Mr. Nixson Fajar L.P. Silalahi
インドネシア環境省(MOE)高官
Head of Sub Division for MEAs Evaluation on Damages

上記のNixson氏は、長くMOEに在籍し、主に環境法規の執行・規制取締りや有害廃棄物管理の分野を担当してきたことから、今回のセミナーでは改めて下記の内容に絞って発表させていただきますことを、ご了承いただきたくお願い申し上げます。
Nixson氏による発表内容:
インドネシアにおける最新規制動向
1. 環境規制の執行と取締の実態及び留意点
2. B3廃棄物管理に関する新政府規則案の策定・諮問の現状と公布時期の見通し
3. E-Waste管理に関する新規則案の策定・公布時期の見通し(インドネシア版WEEE法)
4. 化学物質規制分野における新政府規則案の策定状況(追加)

従いまして、当初予定していました下記の2テーマは、省かせていただきますこと、ご容赦賜りたく。
・自主企業環境格付けプログラム「PROPER」の運用実施状況と日本企業の参加・パーフォーマンス状況
・グリーン産業賞など自主的な産業向け環境管理促進プログラムの企業参加状況と成果

取り急ぎ、セミナー内容の一部変更をお知らせするとともに、開催が迫ってまいりましたセミナーの会場にて、皆様とお会いできますことを弊社スタッフと招聘講師ともども楽しみにしております。

ご注文・お問い合わせ

製品のご注文、お問合せは「製品注文・お問合せフォーム」、またはお電話にて承ります。
電話番号: 03-5928-0180(平日10時~17時受付)

製品注文・お問い合わせ

ご注文から納品までのプロセス:

  1. 注文フォームを入力後、弊社担当者よりメール添付で納品いたします(一部製品を除く)。
  2. 後日、弊社より請求書をご郵送します。