【終了】2012年10月16日: 世界環境法規制セミナー開催

※本セミナーは終了いたしました。ご参加誠にありがとうございました。
—–

2012年度(第8回)
世界環境法規制セミナー

エンヴィックス・北京華和研共催

開催日:
2012年10月16日(火) 9:40~17:00 (情報交換会17:10~18:30)
場所:
連合会館(都内御茶ノ水)
受講料:
¥38,000(税込価格¥39,900)
エンヴィックス「海外環境法規制モニタリングサービス」を購読されている企業の方は¥19,000(税込価格¥19,950)

案内書&お申込書はこちらからダウンロードしてください。

お申込みはお申込フォーム、またはメール「contact@envix.co.jp」、お電話「03-5928-0180」までお気軽にどうぞ。(担当者:早坂、青木)


<開催趣旨>

  • 世界全域で直近の1年間に重要な変化が見られた環境法規制の動向を概説する
  • 企業の環境規制担当者が世界全体のトレンドを1日で把握できるよう構成
  • 普段は見落とされがちな新興国の環境法規制動向も解説
  • EnviXスタッフに加え、海外からは中国の華和研社代表とタイの政府高官を招き、国内からはパートナーの環境法規の専門家を招いて特別講演を行ないます
  • セミナー終了後に、企業・組織の方々、EnviXスタッフやパートナー・講演者を交えた意見・情報交換会も予定されています


<対象地域と主なテーマ>

  • 米国
    米国の有害化学物質に係わる主要規制動向:州グリーンケミストリー法および連邦TSCA改正
  • 中南米
    中南米諸国における化学物質規制枠組み概要、および廃棄物政策などの最新動向
  • 中国
    中国版WEEE(基金徴収制度)/ RoHS(自主認証方式に関する新法規)、GHSと化学物質規制
  • アジア
    アジア新興国で整備が進む化学物質関連法規制を中心に、各国環境規制の最新動向を概説:タイ、台湾、ベトナム、インド、インドネシアなど。タイについてはタイ政府汚染抑制局の高官が来日し、同国の環境政策と規制実施状況について解説します。
  • 欧州
    改正RoHS指令、資源効率利用、欧州環境行動計画、REACH等の最新動向。改正RoHSに関しては専門の外部コンサルタントが解説。

<2012年世界環境法規制セミナー概要>

時間 概要&講師
9:40~9:45  

◎エンヴィックス代表取締役(中里純啓)
◎華和研代表取締役(常桐)

9:45~10:20  世界の規制トレンド

■規制全体の流れ(概観):
 -エネルギー問題と新たな政策:欧州の再生可能エネ政策、省エネ政策、資源効率政策
-サプライチェーン関連
-欧州環境行動計画(案)

村松悦三:エンヴィックス主任研究員

10:20~10:50  米州規制トレンド:Part 1(米国)

■米国の有害化学物質に係わる主要規制動向
(1) カリフォルニア州を中心とした州グリーンケミストリー法をめぐる最近の動き
(2) 連邦TSCA改正の最新動向

馬場靖代:エンヴィックス副主任研究員

11:00~11:20 米州規制トレンド:Part 2(南米)

■中南米の規制トレンド
中南米における化学物質規制の枠組みを中心に、その他の最新動向について解説
(1)化学物質規制の法的枠組み
  ブラジル、アルゼンチン、メキシコなど
(2)その他最新動向
 -ブラジル政府調達要件
 -ペルーWEEE管理法など

古川和人:エンヴィックス研究員

11:20~12:30  中国規制トレンド(通訳付)

■中国環境政策と環境法規制動向
(1)中国RoHSの展開:
-自主認証制度
-自主符合性宣言
-達成管理目録
(2)中国WEEEの展開状況:
 -基金徴収制度の運用
 -納付方法と徴収方法
(3)化学物質関連規制動向
 -GHS関連規制と制定動向(関連標準整備)
-危険化学品登記管理弁法などREACH関連の規制と制定動向:関連規制の公布と策定状況

常桐:
華和研代表取締役
(清華大学環境工学部修士)

昼食休憩
13:30~14:40  特別講演:
規制当局の視点から見るタイにおける規制トレンド
(通訳付)

■タイの環境規制政策と規制取締の実際
(1)工場系環境管理法規の枠組(電子電気機器、自動車、化学品の各産業)
(2)企業の工場操業に係わる環境管理順守対応の実際と傾向
(3)タイ政府の環境規制の立入検査と取締の実態、
(4)違反事例と規制取締の重点産業
(5)タイの今後の環境法規制の方向性と日本企業へのアドバイス

Dr.Chayawee Wangcharoenrung
タイ天然資源環境省汚染抑制局(PCD)専門官

14:50~15:35  アジア全般の規制トレンド

■アジアの規制トレンド:
アジア新興国で整備が進む化学物質関連法規制を中心に、各国環境規制の最新動向を概説

(1) 台湾:化学物質関連規制動向
 -新規化学物質届出制度の導入について
-化学物質規制に係る法律と関連機関の紹介(毒性化学物質管理法、労工安全衛生法)
 -化学物質管理体制の今後の展開について
 
(2)東南アジア(ベトナム、インドネシア):化学物質関連規制
 -注目市場であるインドネシア、ベトナムの化学物質関連規制の体系的な説明および最新動向について

(3)インド:WEEE&RoHS関連規制、化学物質管理法令、および省エネ政策など
-廃電気電子機器(管理、取り扱い)規則(E-waste (Management and Handling) Rules, 2011)とガイドライン(2012年5月)

早坂麗子:エンヴィックス研究員
青木健次:エンヴィックス研究員
中里純啓:エンヴィックス主任研究員

15:45~16:45  特別講演:
EUにおけるRoHS指令最新動向

■EUの改正RoHS指令(RoHS2)の最新動向
-改正RoHSによって変わった重要ポイント
-対象製品の拡大(カテゴリー8,9,11)
-今後の課題(適用除外製品の再検討・禁止  物質の追加検討など)
-CEマーキング

村越茂富氏:
京都技術法規サービス合同会社代表、グローバル技術法規コンサルタント

16:45~17:00  講演全体に対する質疑応答

17:10~18:30  情報交換会

同会館1Fレストラン内(立食形式):
すべての参加者が出席できます。講演者への質疑も可能。

*上記の内容につきましては、最新情報等を反映すべく適宜変更されることがあります。

案内書&お申込書はこちらからダウンロードしてください。

お申込みはお申込フォーム、またはメール「contact@envix.co.jp」、お電話「03-5928-0180」までお気軽にどうぞ。(担当者:早坂、青木)

ご注文・お問い合わせ

製品のご注文、お問合せは「製品注文・お問合せフォーム」、またはお電話にて承ります。
電話番号: 03-5928-0180(平日10時~17時受付)

製品注文・お問い合わせ

ご注文から納品までのプロセス:

  1. 注文フォームを入力後、弊社担当者よりメール添付で納品いたします(一部製品を除く)。
  2. 後日、弊社より請求書をご郵送します。