【終了】10月13日:2011年世界環境法規制セミナー(東京・御茶ノ水)

 ※本セミナーは終了いたしました。ご参加誠にありがとうございました。

 2012年も秋(10月)頃開催いたします。

 「2011年世界環境法規制セミナー(第7回)」を、2011年10月13日(木)に御茶ノ水の総評会館にて開催いたします。EU・中国・東南アジア・北米・南米の5地域を中心として、環境規制の動向、環境法規の制定・改正状況について概説します。

【セミナートピック】

  • 米国
    連邦と州レベルでの廃電子機器と有害化学物質に係わる規制および連邦エネルギー効率基準関連の動向:グリーンケミストリー法実施規則案、TSCA改正法案
  • カナダ
    エネルギー効率規則、化学物質管理規制等の最新動向、テイクバック制度
  • 南米
    ブラジル、アルゼンチン等で進む環境法整備:WEEE関連規制、電池規制、メキシコの持続可能エネルギー使用法
  • オーストラリア
    WEEE規制、省エネ政策、炭素税、森林伐採規制の最新動向
  • 中国
    中国版WEEE(基金徴収制度)/中国版RoHS(自主認証制度に関する新法規)、GHSと化学物質規制、省エネ政策、第12次5カ年計画の最新動向
  • アジア
    アジア新興国で整備が進む化学物質関連法規制を中心に、各国環境規制の最新動向を概説:台湾、ベトナム、インド、フィリピン、タイ、マレーシア、シンガポール
  • 欧州
    改正RoHS指令、資源効率利用、REACH規則、ErP指令、WEEE指令、エネルギーラベル指令等の最新動向

【セミナー概要】

  • セミナー名:2011年EnviX世界環境法規制セミナー(第7回)
  • 開催日:(受付開始9:30)、情報交換会17:45~19:00
  • 会場:総評会館201号室 アクセス 、最寄駅:新御茶ノ水駅、住所:東京都千代田区神田駿河台3-2-11
  • 参加費:¥38,000(税別)
    • 「海外環境法規制モニタリングサービス」ご契約企業の方は¥19,000(税別)[連絡事項欄]からご連絡ください。
  • お申し込み方法:本ページ下部の【お申し込みフォーム】より、またはFAX送付をお願いいたします。
  • お問い合せ:Tel:03-5928-0180、contact@envix.co.jp(担当:早坂、古川)
  • 主催:エンヴィックス有限会社、北京市華和研環保技術有限会社

【セミナープログラム】

時間・講師 テーマ・概要
10:00~10:10 ご挨拶
10:10~10:35

中里;
主任研究員

世界の規制トレンド

  • 規制全体の流れ
    -地球温暖化と水問題への対処:各国が独自の水政策と戦略を策定。高まる企業のリスクとそれへの対応。
    -省エネ政策とエネルギー革命(電気自動車の開発・市場導入がもたらすもの等)
    -カーボン&ウォーターフットプリントの動きと課題
10:35~11:05

馬場;
副主任研究員

米州規制トレンド第1部(米国)

  • アメリカ連邦および州レベルでの廃電子機器と有害化学物質に係わる規制の動向
    -廃電子機器関連法案
    -有害化学物質含有規制法案
    -TSCA改正法案の審議状況
    -カリフォルニア州グリーンケミストリー法実施規則案の策定状況
10分休憩
11:15~11:50

増山;
研究員

米州規制トレンド第2部(米国、カナダ、メキシコ)

  • カナダ化学物質規制、リサイクル制度
    -カナダ環境保護法・化学物質管理計画の進捗
    -特定物質含有製品規則案
    -2012年特定有害物質禁止規則案
    -各州のテイクバック制度、ケベック州の状況(電気電子機器)
  • 製品省エネ規制/制度
    -米国:エネルギー消費効率基準(EPCA)
    -カナダ:エネルギー効率規則(第11/12回改定)
    -メキシコ:2008年持続可能エネルギー使用法
    -自主制度:エネルギースター
11:50~12:10

古川;
研究員

米州規制トレンド第3部(南米、オーストラリア)

  • 南米主要国のWEEE関連規制
    -ブラジル:国家廃棄物管理政策、電池規制等
    -アルゼンチン:WEEE関連規制、電池規制等
    -その他南米各国:WEEE関連規制
  • オーストラリアの規制トレンド
    -WEEE関連規制、省エネ政策、炭素税関連、および森林伐採規制
60分休憩 昼食 →[要/不要]をご連絡ください。
13:10~14:30

常 桐;
華和研代表取締役 清華大学環境工学部修士

中国規制トレンド

  • 中国RoHSの展開:
    -自主認証制度
    -重点管理目録(対象製品の行方)

    -3C認証等
  • 中国WEEEの展開:
    -基金徴収制度等
  • 化学物質関連規制動向
    -GHS関連規制と制定動向(関連する標準の整備)
    -REACH関連の規制と制定動向:関連規制の公布と策定状況
  • 省エネ政策:
    -製品のエネルギー効率ラベル関連
15分休憩 コーヒーブレーク
14:45~15:45

早坂;
研究員

梅山;
研究員

アジアの規制トレンド

  • 台湾:化学物質関連規制動向
    -新規化学物質届出制度の導入について
    -化学物質規制に係る法律と関連機関の紹介(毒性化学物質管理法、労工安全衛生法)
    -毒性化学物質管理法の今後の展開について
  • ベトナム:WEEE&RoHS関連規制および化学物質管理法令等
    -ベトナム化学品法(06/2007/QH12)等
  • インド:WEEE&RoHS関連規制、化学物質管理法令、および省エネ政策等
    -廃電気電子機器(管理、取り扱い)規則(E-waste (Management and Handling) Rules, 2011)
  • フィリピン:化学物質管理、省エネ関連法規制等
    -有害物質ならびに有害および核廃棄物管理法(共和国法第6969号)
  • タイ:各種環境政策・法規制
  • シンガポール:化学物質、省エネ等の各種環境規制
  • マレーシア:化学物質管理規制(環境有害性物質(EHS)の届出制度等)
  • その他アジア各国:化学物質管理法令等を中心に、最新の環境規制動向を紹介
10分休憩
15:55~16:35
小山師真氏;
㈱堀場製作所
品質保証センター主任
特別講演:EUにおけるRoHS指令最新動向

  • 2011年7月に発効した新しいRoHS指令の動向
    -対象製品の拡大(カテゴリー8, 9, 11)
    -今後の課題(適用除外製品の再検討・禁止物質の追加検討等)
    -CEマーキング
5分休憩
16:40~17:25

村松;
主任研究員

欧州規制トレンド

  • 現状の環境・エネルギー政策全般(資源効率含む)
  • REACH規則及びガイダンス:SVHC、認可、アーティクル関連、制限、ナノマテリアル
  • ErP指令関連:実施措置の制定状況、第2ワーキングプラン
  • エネルギーラベル関連
  • WEEE改正:議論のポイントと第2読会の見通し
  • その他の環境政策動向
17:25~17:40 質疑応答
17:45~19:00 情報交換会(同館1F、立食形式) →[参加/不参加]をご連絡ください。

※最新動向を反映すべく、プログラムを適宜変更することがあります。その際は、本ページを速やかに更新します。予めご了承ください。

お申し込み締切日:2011年10月12日(水)
お支払い方法:ご請求書を後日郵送いたします。ご請求書到着日の翌月末までに銀行振込でお支払いください。

プライバシーポリシー
※お申し込み内容確認メールを自動的に送信いたします。

【FAXでのお申し込み】:ご案内書の用紙にご記入の上、03-5928-0184までお送りください。

受講票:受講票の代わりに、お名刺を1枚頂戴いたします。当日受付にてお名刺の準備をお願いいたします。

キャンセル:キャンセルのご連絡は前日までにお願いいたします。当日キャンセルは参加費を全額申し受けますこと、何卒ご了承ください。

ご注文・お問い合わせ

製品のご注文、お問合せは「製品注文・お問合せフォーム」、またはお電話にて承ります。
電話番号: 03-5928-0180(平日10時~17時受付)

製品注文・お問い合わせ

ご注文から納品までのプロセス:

  1. 注文フォームを入力後、弊社担当者よりメール添付で納品いたします(一部製品を除く)。
  2. 後日、弊社より請求書をご郵送します。