ウォータービジネス・ジャーナル20号/2006年4月

 ウォータービジネスジャーナル第20号(2006年4月)のご報告事項の一覧です。

 詳細や資料請求は、水ビジネス情報誌ウォータービジネスジャーナルについてをご覧ください。

【トピックス】

  • 世界の水ビジネス市場、今後も着実に成長 ──ナノテクなど、技術革新も
  • 世界の浄水、廃水処理の製品とサービスの市場規模、2010年には1830億ドルに
  • GEとSiemensがアウトソーシング受託を拡大へ
  • 世界の水処理用膜市場、2008年には90億ドルに
  • 世界銀行の中国向け融資、半分が都市上下水道プロジェクトに 【重点地域は沿岸部から西部・北東部へ】

【Big 3戦略動向】

  • Veolia
    • Veolia Water、中国の経済成長を見込んでさらなる投資
  • Suez
    • Suez、Northumbrian Waterの残る25%の株式をカナダの教員年金ファンドに売却
  • RWE
    • (関連記事なし)

【その他主要プレーヤーの戦略動向】

  • GE
    • GE、水ビジネスでさらなる飛躍へ ── 総合環境戦略”Ecomagination(エコマジネーション)”のもとに
    • GE戦略の狙い
    • GE戦略を歓迎するNPO
    • 主要ターゲットは淡水化と産業用アウトソーシング
    • GE、クウェート政府、およびKharafiグループによる世界最大の膜利用下水処理プラントが完成 ── リサイクル水を農業および工業用途に
  • Aqua America
    • Aqua America、2005年第1四半期に8件の企業買収を完了【2005年第1四半期における企業買収:8件】
  • Skanska
    • スウェーデンのSkanska、ニューヨーク市の大規模下水処理プラントの改修・改良プロジェクトを受注──総額50億円
  • ZENON
    • ZENON、ドイツの2社を買収へ ── 膜技術と中空ファイバーなど
    • ZENON、限外濾過技術で中国に進出 ── 生活下水をリサイクルして工業用途に利用
  • ITT Industries
    • ITT Industries傘下のWEDECO、世界最大のUV殺菌システムを受注

【水市場動向及び政策・規制動向】

  • 北米
    • アメリカの上水道インフラ、今後20年間に2770億ドルが必要 ── EPAが査定
    • 水道システムのセキュリティ改善に向け業界が3つの自主的ガイドラインを発行
    • オンライン汚染モニタリング・システム設計のためのガイドライン
    • 水道事業者のための暫定的な自主的セキュリティ・ガイダンス
    • 廃水/ストームウォーター事業者のための暫定的な自主的セキュリティ・ガイダンス
    • EPA、新しい飲料水の安全保障関係プログラムのために2006会計年度に4,400万ドルの予算を要求
      (1)「水見張り番(Water Sentinel)」
      (2)「脅威低減のための水連合(Water Alliance for Threat Reduction)」
    • 全米アカデミー、飲み水に含まれる過塩素酸塩のリスク評価の結果を発表へ
    • 下院、過塩素酸塩基準を要求する法案を提出、上院でも提出予定
    • オンタリオ州、より厳しい工業用水利用規則が発効
  • 欧州
    • 環境グループ、EU水枠組み指令を国内法化した加盟国の関連法規の質の低さを批判
  • 中国
    • 中国、水価格引き上げで汚水処理への膜分離技術の利用がより活発に
    • 深せん市、汚水処理費を大幅に上昇させる予定
    • 深せん市、中水リサイクルプロジェクトを本格的に開始へ
    • 深せん市、節水条例を制定し水を大量使用する業界に水リサイクル使用を義務付け
    • 北京市、2億立方メートルのリサイクル水を利用する、史上空前の利用量に
    • 国家発展改革委員会、江蘇、安徽、山東、河南の4省に汚水処理費引き上げと汚水処理場建設を指示
    • 江蘇省、安徽省、山東省、河南省の4省に汚水処理費引き上げと
    • 汚水処理場建設を指示する国家発展改革委員会からの通知
    • 浙江省、汚染程度により汚水処理費を分級する制度を設立する
  • マレーシア
    • マレーシアのSalcon、中国山東省の大規模下水処理プラントを買収 ― 今後30年にわたり運営

ご注文・お問い合わせ

製品のご注文、お問合せは「製品注文・お問合せフォーム」、またはお電話にて承ります。
電話番号: 03-5928-0180(平日10時~17時受付)

製品注文・お問い合わせ

ご注文から納品までのプロセス:

  1. 注文フォームを入力後、弊社担当者よりメール添付で納品いたします(一部製品を除く)。
  2. 後日、弊社より請求書をご郵送します。