ウォータービジネス・ジャーナル13号/2004年7月

 ウォータービジネスジャーナル第13号(2004年7月)のご報告事項の一覧です。

 詳細や資料請求は、水ビジネス情報誌ウォータービジネスジャーナルについてをご覧ください。

【企業動向】

  • ジェネラル・エレクトリック社(GE)、Osmonics社買収で水ビジネス参入を加速
    • 10億ドルのビジネスを向こうにまわして
    • 世界へ向かって
  • Masons法律事務所、Owen博士と共同で「水年鑑」最新号を刊行
    • 民間部門の参入が増加へ
    • 《表》上下水道サービスへの民間部門参入の現在と未来
    • アウトソーシング市場――60兆円を超えるとの予測
    • 民営化契約の主な形態
    • 水への投資の必要性を消費者に訴える
  • アメリカの水ビジネス、水不足と規制が後押しするも、資金調達が最大の課題
    • 戦略の重要性
    • 《図》2002年アメリカ水ビジネスの業種別内訳(総売上:925億ドル)
    • 規制と資金ギャップ
  • 総合最大負荷日量(TMDL: Total Maximum Daily Load)プログラム:
  • フェーズIIストームウォーター・プログラム:
  • 下水道の処理能力・管理・運営・保守(CMOM: Capacity, Management, Operation and Maintenance)規制:
    • 上下水道の運営請負市場は高成長
    • マーケティング・ギャップ ― 自治体における問題
    • 水の卸売市場は苦戦
    • 水の再生利用が進む
    • 装置分野で塩素殺菌離れ ―― 紫外線殺菌などに注目へ
    • 上下水道向けの装置とサービスの市場――注目は中国
  • Emerson Power & Water、海外への展開と統合化プラント・オートメーションを目指す
    • 中国や中東に狙い
    • エネルギーおよび水処理・廃水処理業界へのシステムやサービスの提供
    • 建築関係やエンジニアリング部門を持つ効果
    • 分散型制御システム市場で大きなシェア
    • 国内では施設改善需要が堅調――システム老朽化で
  • Thames Water、AWW買収の件でアメリカ諸州で追求の矢面に
    • WTO絡みの問題も
    • 割高の買い物
  • Anglian Water Group、国際舞台から撤退
    • 「肥大化しすぎた」国際部門を売却へ
    • 「常連」からも引合い
    • 2002年上半期の業績、下降へ
    • 国際部門の売上はやや上昇
    • 予定より早い資金回収
  • Vivendi Environment、Vivendi Universalの足枷から逃れるか
    • 2002年上半期の好業績で一層独立性を求める
    • 2002年上半期の業績は好調
  • Vivendi Environment、South Staffordshire Groupの株を処分
    • 一方でプラハの上下水道会社PVKの全株を購入
    • Vivendi Universal、Vivendi Environmentの20.4%の保有株をフランスの機関投資家グループに売却
  • Vivendi Environment社――ますます自立性を増す
  • Vivendi EnvironmentのSouthern Water買収に疑問符
    • イギリス政府が買収計画を再度延期
  • Vivendi Universal、VE株の売却を決断
    • VEをフランスの手に
    • 第1〜第3四半期、VE水部門の売上は4.3%アップ
  • Electricite de France、Vivendi Environmentの株を引受へ
    • 相乗効果
    • アメリカでの捜査
  • マニラ西部の上水道会社、経営権を返上へ
  • MWSSがマニラ住民に「水の供給とサービスの継続」を保証
    • Ondeoは残留を表明
    • 自由貿易港の抵抗
  • UNESCOとSuez、ヴォルガ川の水質改善など3分野の協力協定に調印
    • ヴォルガ川を含むカスピ海沿岸低地の環境回復
    • オランダの水教育研究所への支援
    • 北アフリカへの支援

《地域別動向》―― 政策および市場情報

  • 中国地域
    • 中国、天津で膜技術で汚水を浄化する新技術の実用開始
    • 中国における水価格改革の現状
    • 中国における水関連企業の資本運用による合併・再編と国内外企業の市場戦略の最近の動き
      資本運用基準の構築
      横断的な買収・合併による規模拡大を目指した再編
      縦の組み合わせでより強力な産業チェーンを再編
      資本運用の多元化
      無形資産経営の道を探る
      国際融資方式――BOTモデル
      外資の導入を基礎に大型水関連サービス企業集団の創設
    • 中国の最近の都市水事業動向と外資進出状況
      ―――水事業対外開放の分析開放の浸透
      ―――浄水場および汚水処理場建設におけるBOTモデル
      ―――給排水網に対する外資の合併・買収
      ―――業界の発展と外資の合併買収の展望
  • 欧州地域
    • フランス環境大臣、EUの水枠組み指令の国内法化へ年内に水政策討論会も
    • デンマークの残留農薬による飲料水汚染は考えていた以上に深刻新聞報道
    • ドイツで新飲料水令が2003年1月1日付けで発効―水道水の鉛汚染を段階的に低減へ
  • 米国地域
    • 米下院、下水道プロジェクトに5年間で250億ドルを支出する法案を提出
    • EPA、安全確保、新規汚染物質の規制、インフラ整備などが最優先事項
    • 上水道の脆弱性評価(vulnerability assessment)の収集、保管および分析
    • 規制すべき汚染物質を特定するためのプロセスの開発
    • 規則作成などの決定が有効なデータに基づいて行なわれるようにする
    • 「第2段階殺菌剤/消毒副生物規則(Stage 2 Disinfectants/Disinfection Byproducts Rule)および「第2長期地表水処理規則(Long-Term 2 Surface Water Treatment Rule)」の提案
      インフラ資金の不足を改善するための革新的な方法の検討
      水源の保護
    • その他の規制関係活動
      EPA、15種の物質に関する水質クライテリアを改定

ご注文・お問い合わせ

製品のご注文、お問合せは「製品注文・お問合せフォーム」、またはお電話にて承ります。
電話番号: 03-5928-0180(平日10時~17時受付)

製品注文・お問い合わせ

ご注文から納品までのプロセス:

  1. 注文フォームを入力後、弊社担当者よりメール添付で納品いたします(一部製品を除く)。
  2. 後日、弊社より請求書をご郵送します。