工場セミナー特別コラム(Vol.2) インド「オンライン排水モニタリングシステムの導入」について

本稿は2015年9月2日に開催したエンヴィックス「新興国での工場操業に関する環境規制セミナー」に関してのコラムです。

*

インドでは現在、オンラインでの排水モニタリングシステムの導入が進められています。2014年11月にインド中央公害管理局(CPCB)が発行しましたガイドラインでは、17の高汚染産業種に対して、2015年3月31日までに排水および排ガスモニタリングシステムを導入し、オンラインデータを州レベルの公害管理局(SPCB/PCC)およびCPCBに送付することを要求しております。この17の高汚染産業には、製紙・パルプ、酒造、製糖、皮革、発電、セメント、石油精製、肥料、クロル・アルカリ、染料・染料中間体、農薬・医薬品、排水・下水処理場、衣料廃棄物および有害廃棄物焼却処分場が含まれております。

また、同様の指示はCPCBから州レベルのガンジス川流域公害管理委員会にも出されており、ガンジス川流域で事業を行い、同河川やその支流に直接あるいは間接的に排水を行っている企業(17の高汚染産業以外の企業も含む)も、モニタリングシステムを導入することが求められています。このたび公表されたガイドラインは、モニタリングシステムの導入が求められている企業が参照できるよう策定、発行されたものであり、排水モニタリングで測定すべきパラメータやそれらを測定するための方法、機器に関する技術情報が盛り込まれている文書となっています。

このオンラインシステムの導入によって、環境汚染の低減はもちろんのこと、多くの業界で検査員との癒着が問題となってきた従来の検査制度に終止符が打たれることが期待されております。

ご注文・お問い合わせ

製品のご注文、お問合せは「製品注文・お問合せフォーム」、またはお電話にて承ります。
電話番号: 03-5928-0180(平日10時~17時受付)

製品注文・お問い合わせ

ご注文から納品までのプロセス:

  1. 注文フォームを入力後、弊社担当者よりメール添付で納品いたします(一部製品を除く)。
  2. 後日、弊社より請求書をご郵送します。